Vol.16

チャットミーティングや英文メールで使える、ネイティブっぽい省略表現まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャットミーティングや英文メールで使える、ネイティブっぽい省略表現まとめ

例えば、ネイティブとのメールやチャットの中で「Feel like eating Japanese cuisine.」という英文が送られて来たら、皆さんはどう解釈するだろうか。

日本人の場合、中学校で「動詞から始まる文章は命令文」と習うので、この文章は「日本食が食べたいと思え」という意味だと思う人もいるかもしれない。しかし、この場合は「I」が省略されており、「(メールを送った人が)日本食が食べたい」という意味になる。

こういったいわゆる「ネイティブがよく使う表現」と呼ばれるものを知っておけば、いっそう円滑なコミュニケーションができるようになるだろう。

そこで今回は、アメリカ、シンガポール、日本でそれぞれ活躍するエンジニアの皆さんに、「ビジネスメールやチャットでネイティブがよく使う表現」を紹介してもらった。また、3人がそれぞれメールやチャットの際に心掛けていることも合わせて聞いたので、ぜひ参考にしてほしい。

メールでよく使うネイティブの省略表現

先に紹介した「Feel like~.」のように主語を省略する文章は多い。エンジニア3人がよく使うという省略のパターンを紹介する。

・Would appreciate it if you download this modulefile ASAP.
(=I would appreciate it if you download this modulefile ASAP.)
(訳)できるだけ早くモジュールファイルをダウンロードしてもらえるとうれしいです。

・Be right back.
(=I’ll be right back.)
(訳)すぐ戻ります。※略語で「BRB」と使うことも多いそう。

・Hope you are well.
(=I hope you are well.)
(訳)お元気のことと思います。

・Just a reminder email about the next meeting for the new project.
(=This is just a reminder email about the next meeting for the new project)
(訳)新しいプロジェクトのための次のミーティングの(単なる)確認メールです。

・Looks like you are very busy with work.
(=It looks like you are very busy with work.)
(訳)仕事でとても忙しそうですね。

チャットでよく使うネイティブの略語表現

LINEやWhatsAppなどのチャットアプリで会話する場合は、略語や熟語のみの表現も多くなる。

「On my way.」
(訳)(ミーティングや職場などに)向かっている途中です。

「c u then」
(=See you then.)
(訳)(その時に)また会いましょう。

「TTYL」
(=Talk To You Later=I will talk to you later.)
(訳)後で話しますね。

「IC」
(= I See)
(訳)分かりました。

「OTR」
(=Off the record)
(訳)非公式で(オフレコで)

「NP」
(=No problem.)
(訳)問題ありません。

略語に関しては過去の連載記事「英文メールでよく見る「略語」の意味は?海外エンジニアに聞いた」も参考にしていただきたい。

海外で働くエンジニアに聞く、英文メール&チャットの注意点

【1】スペルチェックは基本中の基本

今回、話を聞いた3人全員が気を使うと答えたのがスペルチェックだった。当たり前だと思うかもしれないが、実は、筆者も「register(登録)」と書かなければならないところを「resister(抵抗者)」と書いて送ってしまい、相手に不快な想いをさせてしまった苦い経験がある。送信ボタンを押す前に文章を見直すのは基本中の基本だ。

【2】短い文章で簡潔に

日本語のメールであっても、一文がやたらと長かったり、長文メールだったりすると、結局何を言いたいのかが分からないことも多い。これは英文でも同じだ。関係代名詞や接続詞などを多用して長々とした文章だと、かえって意味が伝わりにくいので「5文型さえきちんと使えればコミュニケーションは問題ない」という英語上達者も少なくない。

【3】表現は相手によって使い分ける

例えば、まったく面識のない人に初めてメールを送る際や、目上の人をCCに入れた状態で一斉送信する際などには、丁寧な文章で送るべきなのは言うまでもない。上記に挙げたような表現を「くだけ過ぎている」と考える人もいるので、送る相手によっては避けた方が無難なこともある。

特に、英語でのメールやチャットのやり取りに慣れていないという方は、下記も気をつけると良いだろう。

【4】省略表現や略語を多用し過ぎない

日本で海外の人と頻繁にやりとりをしているというエンジニアのAさんは、ある程度関係性ができている相手に対しても「できるだけ丁寧な文章を心掛ける」という。直接顔を見て話しているわけではないので、誤解を与えないようにしたいのと、内容が正確に伝わらなくなる可能性もあるというのがその理由だ。TPOをわきまえ、多用や乱用は避けるべきだろう。

【5】ネイティブとのチャットには事前準備を

チャットはリアルタイムの会話と同じなので、会話として成立させるためにリズムやスピードを大切しなければならない。しかし、慣れていないとミスタイピングが増えるし、単語だけのチャットになりがちになる。これがかえってミスコミュニケーションやトラブルを招く原因になる恐れがあるのだとAさんは言う。

そのためAさんは、英文のタイピングスピードに慣れるまでは、「言いたいことは事前にメモを書いておく」、「よく使う単語や言い回しはリストを作っておく」ことを習慣にしていたそう。英文メール・チャットが初心者という方はぜひ参考にしていただきたい。

おまけ:英文チェッカー『GINGER』の新機能について

『GINGER』の「リフレーズ機能」画面
『GINGER』の「リフレーズ機能」画面

以前の記事でも少し触れた英文チェッカー『GINGER』に、「リフレーズ機能」が搭載された。

この機能は、前後の文脈にあった表現に修正するだけでなく、途中まで書かれた文章を予測し、ネイティブが使うような自然な文章を提示してくれる。

上記で紹介したネイティブがよく使う表現に加えて、自分の英語の表現の幅を広げるために、GINGERのリフレーズ機能を活用してみてはいかがだろう。

取材・文/大井 あゆみ
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED POSTS関連記事

JOB BOARD編集部おすすめ求人

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
エンジニア転職フェア開催 IT&モノづくりエンジニアを求める優良企業が大集結! typeメンバーズパーク

株式会社ベネッセコーポレーション 東京本部 オープンポジション

日本マイクロソフト株式会社 【マイクロソフトサポートエンジニア】トッ…

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 クラウドサポートエンジ…

株式会社SHIFT(東証マザーズ上場企業) Quality Accelerator…

ソニー株式会社 【ソフトウェア系エンジニア】

株式会社ガリレオ モノづくりエンジニア■月給70万円可■自動車関連…

クエスト・グローバル・サービス 【品質管理(産業機械)】英語が活か…

株式会社マルチウェーブ 【品質保証】年俸400万円~800万円◆1…

サッポロビール株式会社 【生産技術担当】サッポロブランドを生産技術…

株式会社テクノプロ テクノプロ・デザイン社 【機械・電子設計/CADオ…

データアナリストになる方法~コンサル型かエンジニア型か?ビッ...

東京藝術大院卒→オリエント工業の造形師が、究極の機能美を追究...

なぜ、いまだ7割のITプロジェクトが失敗するのか? 「再生人...

採用は売り手市場も、5年後の安泰はなし~若手SEが知っておく...

「2025 年、いままでのSIerは滅びる!」迫り来るIT革...

>>過去のエンジニアtypeのページはこちら

AWS Summit AWS Dev Day