エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

スマデバ活用、Swift、開発体制の見直しetc…2014年のPVランキングで今年のトレンドを振り返る

公開

 

残りわずかとなった2014年。今年もさまざまなテーマを追いながら記事を作成してきたが、1年の振り返りということで2014年最もアクセスの多かった記事をランキング形式で紹介する(※2014年に作成・掲載した記事のみを対象としたランキング)。

見えてきたのは、今年は「大きな進化への過渡期」ともいえる1年だったということ。TOP20の記事を紹介しながら、その理由を解説しよう。

2014年、最もアクセスの多かった記事TOP10

【1位】
「世界が変わらないのはエンジニアのせいでもある」堀江貴文氏がフリーエンジニアに向けて放つ5つの提言

1位となったのは、今年6月に行われた首都圏コンピュータ技術者(MCEA)の創設25周年イベントで堀江氏が語った講演のレポートだ。

現在、スマートデバイスのほかさまざまなテクノロジーが世間に普及しているが、既存産業の古くからある商習慣やレイトマジョリティーの生活がまだまだ変わっていないことを示唆したこの記事は、技術を駆使するエンジニアたち自身が進化しなければならないと提言している。

【2位】
「みんなジョブズに騙されている」増井俊之教授が進歩の止まったコンピュータのUIを問い直す【TechLIONレポ】

2位は、弊誌も協賛している『TechLION vol.18』に出演した増井教授の提言だ。

自身が研究分野の一つとするユーザーインターフェースの視点から、「コンピュータは30年来進化していない」と指摘。こちらも堀江氏同様、エンジニアたちがさらなる努力で「より使いやすいインターフェース」を生み出さなければならないとエールを送った。

【3位】
「残された時間はあと6年」夏野剛氏が語る、世界と戦うためのBtoBイノベーション【特集:2B Hack】

3位は、2014年、議論されることの多かったエンタープライズシステムの進化について、夏野氏が現状のIT業界が抱えている矛盾を指摘した記事だ。

大型案件増で活況を呈した業務システム開発の世界にも、スマートデバイスとの融合などやるべき課題はたくさん残されている。その担い手となるSEや情報システム部門こそ意識変革が求められるという提言に、多くの読者が反応した。

【4位】
パソコン遠隔操作事件のオチの気持ち悪さ【連載:村上福之】

弊誌連載陣の村上氏による寄稿が4位に。2014年はハッキング被害への対応など、セキュリティについての議論がさかんに行われた1年となったが、この事件ではハイテクになっていく世界とローテクな現実社会とのひずみが垣間見えた。

この「狭間」を埋めていくのも、開発にかかわる人たちの課題となるだろう。

【5位】
Apple Store店員→米Appleでジョブズと仕事→Evernoteへ。ある日本人デザイナーの立志伝【特集:New Order】

いわゆる「すごい人ストーリー」として読まれたこの記事。物語の主人公である中島大度ランツ氏は現在、Evernoteで人工知能の活用を主導する「AIデザイナー」としても活躍している。

>> 「人工知能を悪魔にしてはいけない」Evernoteが始めた“AIデザイン”という仕事が面白い

人工知能をテーマとした話題は、2014年のテクノロジートピックスの一つだったと言っていいだろう。2015年以降、どんなソリューションが生まれるのか楽しみだ。

【6位】
「これは間違いなく普及する」小飼弾、Swift愛を語る【2014年前半のインプットlog】

オープンソースプログラマー小飼氏によるSwift解説記事が6位に。以下に紹介するTOP20の中には、Swiftのプログラミングノウハウを紹介する記事がほかにもいくつか入っている。

Objective-CによるiOS開発は「過去の負の遺産に縛られてしまう」(小飼氏)側面があったが、Swiftの登場でそれも払拭されることになり、今後のiOS開発は新しい局面を迎える――。そんな期待を抱かせる話だった。

【7位】
「大事なのは健全な怒りと欲求駆動」DeNA南場智子さんに聞く、スキルが陳腐化しない人の生き方

こちらの南場さんの記事も、テクノロジーの進化との付き合い方を示唆した内容になっている。

「テクノロジーによってできることの幅は劇的に広がっても、それは問題解決の手段でしかありません。自分たちの手で大きなうねりを起こしていくには、技術動向を追うよりも欲求ドリブンで物事を考えること」という本質論は、いつの世も必要とされる考え方だ。

【8位】
2061年から来たというサザエbotの中の人いわく、「地球の未来を救う“ネオ”になるのはエンジニア」

2014年5月に開催された『TEDxTokyo2014』に登壇したことで注目を浴びた、サザエbot(@sazae_f)の“中の人”ことナカノヒトヨさんの独占インタビュー。これも、5位に入ったEvernote中島氏のところでも触れた「人工知能」をテーマとした話が中心に。

進化するテクノロジーと人間がどう付き合っていくべきか?という議論は、来年以降も繰り広げられるだろう。

【9位】
KAIZEN platformが伊藤直也氏とやってきた、開発現場の暗黙知をなくすチーム運営術【連載:エンジニアの幸せな職場】

スタートアップの開発環境を紐解いていく連載対談が9位に。この記事にもあるように、今年はさまざまな開発ツールを駆使して「効率化」と「チームコミュニケーション」をうながすような取り組みが話題になることが多かった。

エンジニアの能力を最大限に引き出すような手法は、引き続き注目を集めるはずだ。

【10位】
伊藤直也氏が「Web開発は高度化している」と語る理由と、押さえておきたい3つの技術領域【2014年前半のインプットlog】

最後の10位は、これまた伊藤直也氏による開発手法の最新事例解説。記事内にもある継続的デリバリーを支える環境づくりは、今後もマイクロサービスなどの普及でさらに発展していくはず。

2015年も、エンジニアtypeはエンジニアの「仕事」と「キャリアメイク」に役立つナレッジを数多く取り上げていきたい。

11位~20位はこのラインアップ

【11位】「人工知能にできないことを知るために研究所を作った」川上量生氏が明かす、一人勝ちするサービスの作り方

【12位】「みんなは起業にビビリすぎ」堀江貴文氏×村口和孝氏が語る学生起業の心得

【13位】事業拡大に突き進むクックパッドで、井原正博氏が抱く「危機感」とは?【連載:エンジニアの幸せな職場】

【14位】iPhone6はもう「フェーズ5」に入った?Appleで繰り返されるイノベーションと衰退の歴史【連載:村上福之】

【15位】「愛」を感じないと外れないブラ『TRUE LOVE TESTER』開発のライゾマらに聞く、ウエアラブル普及のカギ

【16位】開発トレンドは「スマホの外」へ。それでもプログラマーのやることは1つ【連載:中島聡】

【17位】いよいよver1.0がリリース!SwiftからはじめるiOSアプリ開発:その1【初心者向けアプリ開発3分tips】

【18位】元『ぐるなび』のエンジニア起業家が語る、若手が「フルスタック」を目指すべきじゃない理由

【19位】Xcodeの使い方を基礎から学ぼう~SwiftからはじめるiOSアプリ開発:その2【初心者向けアプリ開発3分tips】

【20位】CA藤田晋氏が「今後は英語よりプログラミング教育が大事」と語る理由~キッズプログラマーアプリ発表会レポ




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る