エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

2015年は「人を慮る創り手たち」に注目したい【編集部より新年のご挨拶】

タグ : 2015年, IoT, エンジニア, スマホシフト, テクノロジー 公開

 

新年あけましておめでとうございます。日ごろエンジニアtypeをご視読いただいている皆さまに感謝をしつつ、2015年が幸多き1年になりますよう、祈念申し上げます。

さて、今日から仕事始めという方々も多いと思われる1月5日に、改めて2014年の振り返りと、2015年への期待を込めて、新年最初の記事を掲載したい。

2014年のアクセスランキングでも少し触れたように、昨年は「大きな進化」への過渡期だったように思う。

>> スマデバ活用、Swift、開発体制の見直しetc…2014年のPVランキングで今年のトレンドを振り返る

まずWeb開発・アプリ開発の世界では、近年のトピックスだった「スマホシフト」が新たな局面を迎えたと言える。

KDDIの『Syn.(シンドット)』で新しいスマホポータルの構想を始動させた森岡康一氏の言葉を借りれば、これまでのスマホシフトが「PC時代のインターネットをスマホ化する」動きだったとするなら、2014年後半くらいから「アプリとWebの違いを気にすることなく全部インターネットとしてとらえ直す」動きが顕在化し出した。

>> どうなる「スマホポータル」~Syn.の未来を読み解くカギは、開発を担うビットセラーにあった

弊誌ではSyn.のほか、ニュースキュレーションアプリ『グノシー』 による『Gunosy Platform』構想や、LINEによるライフライン構想を取り上げたが、これらの動きに共通するのはアプリ単体の進化から「スマホアプリを軸にしたエコシステムの創造」に軸が移っていること。

>> アプリ単機能化の流れに一石を投じる、『グノシープラットフォーム』のUX構想
>> LINEの“ライフライン化”を支えるのは「サッカー型組織」~COO出澤剛氏に聞く

特に、日本におけるスマホシフトの急先鋒といえるLINEが個人間決済サービスの『LINE Pay』やフードデリバリーサービス『LINE WOW』、商業施設内の屋内ナビゲーション『LINE Maps for Indoor』などを発表したのは、それまでスマホ内での最適化を志向してきたアプリサービスが「スマホの外」ともつながっていく潮流を示唆していたように思う。

どんなに技術が進化しても、「受け入れられるモノ」の特徴は一つ

こうしたスマホtoリアルの流れは、Webなど他のジャンルでも顕著になっているように感じる。インターネットをベースにユーザーのリアルな生活を変えていくことへの期待は、創業からわずか3年でマザーズ上場を果たしたクラウドソーシングサービス『クラウドワークス』の例などからも読み取れる。

2014年のバズワードとしてたびたび出てきたIoT(モノのインターネット)しかり、ビッグデータと関連するトレンドとして見逃せない“街ごとセンサー化”による未来像しかり、これまでネットに閉じていたサービスが、どんどん人々のリアルな日常生活に入り込もうとする動きは今後もっと加速化していくだろう。

2015年、これらの流れから業界標準を作るようなサービスが登場したら、2007年にAppleがiPhoneとApp Storeをリリースした時以来のインパクトがテクノロジー産業にもたらされるかもしれない。

そんな世界がやって来ることを期待しつつ、創り手たちに求められるのは、今まで以上に使う人のことを慮る姿勢ではないだろうか。

一世を風靡したソーシャルゲームが市場の急拡大に合わせて、過度な課金の是正や出会い系犯罪の温床にならないように業界団体を作ったように、新しい産業が勃興する時は常に影の部分とも真摯に付き合っていかなければならない。

こういう悪しき側面への対応のみならず、業務系システムの進化としてエンドユーザーフレンドリーなモノが陽の目を浴びるようになるなど、「使い勝手」へのニーズは日増しに高まっている。以下の2つの記事では、その機運に対して優先順位を上げて取り組む動きが垣間見える。

>> ワークスアプリケーションズの新ERP『HUE』が示す、業務系開発×クラウドの未来
>> クラウドは社会を変え、SEを“IT士業”に変える~サイボウズ青野慶久氏

また、2013年~2014年に業界筋で注目され続けたメイカームーブメントの文脈を見ても、広く一般社会に普及するプロダクトが生み出る前に電動車いすの『WHILL』筋電義手『handiii』のように医療・介護分野で使われるバーティカルなモノづくりが脚光を浴びている。これはつまり、使う人のニーズが明確な分野でこそ、先端テクノロジーが求められやすいことを示しているとも換言される。

人工知能に対する議論や各種セキュリティに関する議論もそうだが、新しいテクノロジーが台頭する時期は、常にそれがもたらすかもしれない負の側面に懸念が広まる。この事実を受け止めつつも、使う人の利便性やプラスの感情を引き出すようなサービス・プロダクトを考え、作るのが、いつの時代もエンジニアほか創り手たちの役割だ。

近年叫ばれ続けてきたUXという言葉が示す「使う相手を慮る思想」は、テクノロジーが一般人の身の回りに浸透し続ける今、より重要度を増すだろう。

2015年も各種テクノロジーが生み出す新しい生活を楽しみにしながら、ユーザーを、人を、特定の誰かを「慮る創り手」を応援するメディアとして、彼らの挑戦を紹介していきたいと思っている。

取材・文/伊藤健吾(編集部)




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る