エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

[特集:76世代の今 2/4] 技術力とは「企画を実現できる力」。企画がなければ高い技術を持っていても意味がない

タグ : 76世代, GREE, Web, Web2.0, グリー, サバイバル, スタートアップ, データマイニング, ドリコム, ユーザー視点, 内藤裕紀, 家入一真 公開

 

<<[特集:76世代の今 1/4] 家入一真×内藤裕紀が対談!76世代企業の逆転成功パターンに見る、10年後も生き残る企業の条件

―― なるほど。企業が方向転換するのに合わせて、求められるエンジニア像も変わっているんですね。

内藤 そう思う。これから求められるエンジニアは、3つのタイプに分かれるというのが僕の持論。1つ目が、さっき言ったような「①ビッグデータを扱ってデータマイニングできるスペシャリスト」

2つ目が、「②大学院とかでもの凄く高度な基礎研究をやってるスペシャリスト」。自動学習や人工知能を活用したりできる人は、どんな時代でも希少価値があるよね。で、最後が「③自分で企画を立て、自分で手を動かしてサービスを作れる人」かな。

純粋に「技術だけ」でやっていけるのは、この中で①と②だけだけど、これに当てはまる人はほとんどいない。たいていのエンジニアなら、③のタイプを目指すべきだと思うんだ。

「技術力の定義が、以前とは変わってきているかもしれない」(家入氏)

「技術力の定義が、以前とは変わってきているかもしれない」(家入氏)

家入 分かるなぁ。そういう意味では、昔と今とで、「技術力」の定義が変わったかもしれないね。

つまり、以前は「技術力」といえば、「高度な技術」のことだった。でも、今では「企画を実現できる力」が「技術力」だと思うんだ。だとすれば、必ずしも「高度な技術」を持っている必要はない。

むしろ、「企画」がなければ、どれだけ高い技術を持っていても、「技術力がある人」として評価されにくいんじゃないかなあ。

なんにせよ、一番マズいのは「仕様書がないと何もできません」って人。こういう人が入社すると、周りのモチベーションを下げちゃうしね。

内藤 あと、ユーザー視点の有無やセンスの良しあしも、エンジニアにとって重要になってきてるよね。

家入 そうだね。最近立ち上がったIT系企業では、デザイナー出身者が経営者を務め、エンジニアがサポートするパターンが多いみたいだよ。それだけ、UIが大事になっているということかもしれない。

エンジニアの人材価値は「UI・UX」を学ぶことで担保される

内藤 なるほどね。「技術だけ」のエンジニアでは、もう通用しなくなってるのかもね。優れたサービスを作るには、今やUIやUXは欠かせない要素だもんな。パッと見て使い方が分からないサービスやサイトを作るエンジニアは、厳しいと思う。

逆に言えば、UIやUXを勉強して、変なところに「気付ける」ようになれば、エンジニアとしての人材価値は上がるだろうね。サービスをつくれるエンジニアになる上で、「気付く」ことはすごく大事だと思う。

家入 そうそう、「魂は細部に宿る」んだよ。でも、そもそも「気付く」ことができなかったら、細部にこだわることもできないもんね。

若い世代をみてると、10年前に比べてセンスの良い子が多いよね。僕らの若いころは、エンジニアが作ったダサいままのサービスを、そのままリリースしちゃいましたってことがけっこうあったじゃない。

内藤 あったあった(笑)。

家入 でも、今はそんなに見かけないよね。

内藤 当時はPCがメインだったしね。画面が大きいから、センスよく見せるのは難易度が高かったんじゃない? 今はスマートフォンで画面が小さいから、見せやすいというはあるかも。

家入 なるほど、それはあるかもね。あと、お手本になるようなサービスも昔に比べればたくさんあるから、センスが磨きやすいというのもあると思う。

もし、「オレってセンスがないなぁ」と感じてるなら、優れたものをパクるのも一つの手だと思うんだ。例えばCSSとかちょっといじるだけでも、UI・UXはだいぶ変わってくると思うんだ。ただ、良いものをパクるのって、意外と難しいんだけどね。

「」(内藤氏)

「良いものをパクるのにも、案外技術が必要だよね」(内藤氏)

内藤 そうだね。表面だけパクってみても、センスよく仕上げることはできないからね。

「なぜこのUIにしたのか?」、「こういうUIにすることで、どんなUXを生み出したかったのか?」っていう本質を分かってなければ、ただ表面だけマネしたダサいサービスになっちゃう

家入 たぶん、ただ条件反射的にパクるだけじゃダメで、内藤くんが言ったように、それを作った人が何を考えながら作ったのか、想像して、制作者の思考をトレースしながらパクる必要がある。

そうすることで、サービスの奥にある「哲学」が見えてくるんだ。そうやって良いものの「哲学」を学んでいくうちに、優れたセンスを吸収できるんだと思うよ。

『LINE』が成功したのは、開発者の「哲学」が消費者に受けたから

『LINE』のスタンプ機能を使えば、イラストを選択するだけで相手に送信できる

LINE』のスタンプ機能を使えば、イラストを選択するだけで相手に送信できる

内藤 最近はやってるコミュニケーションアプリの『LINE』。あれの「スタンプ(大きなイラスト)」とか、良い例だよね。

このサービスがすごいのは、「スタンプ」の送信機能を搭載したことだと思うんだけど、表層だけでこの機能をパクれば、「スタンプ送信機能を作ればヒットするコミュニケーションアプリを作ることができる!」ってなる。

でも、LINEの本質はそこじゃない。

家入 あのスタンプの本質って、「キモかわいい」ことだよね。そこがイイ。ああいうところに、センスって出ると思うね。普通の会社なら、多分あのままリリースしない(笑)。

あのスタンプのおかげで、別に会話したくない時でも「元気?」って送っちゃうもんね。今オレ、知ってる女の子あてに、無差別にメッセージ送ったりしてるよ(笑)。

多分、LINEの開発者には、ちょっとした感情の機微をスタンプに託して、コミュニケーションを図ってほしいっていう思いがあったんじゃないかな。それこそがサービスの裏にある「哲学」だと思う。

内藤 なるほどね。LINEのスタンプ機能の場合、ボタン一つで送信できちゃうっていうのも、すごいよね。普通の企業なら、「送信間違いが増える!」とか言って絶対に採用しないよ(笑)。

これなんかも、家さんが言った「ちょっとした感情の機微をスタンプに託して、コミュニケーションを図ってほしい」っていう開発者の意図と照らし合わせて考えれば、すごく納得がいく。

家入 センスがある人っていうのは、要するに「思想」や「思い」を持ってる人だと思うんだ。逆に、裏に思想がないサービスなんてクソだよ。

内藤 今後は、「自分の思想や哲学をUI・UXとして実現するために技術を使う」という考え方が、主流になるのかもしれないね。
(3/4に続く)

<< [特集:76世代の今 1/4] 家入一真×内藤裕紀が対談!76世代企業の逆転成功パターンに見る、10年後も生き残る企業の条件
>> [特集:76世代の今 3/4] グリー、はてな、ドリコム…現場を束ねるエンジニア三人が教える、変化適応の技術
>> [特集:76世代の今 4/4] 「エンジニアはサービス業」を実践するドリコム開発部長が明かす、雇いたくなるエンジニアの見分け方




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る