エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

受講者の9割以上がPMPを取得、あるSIerの「PM塾」がすごい

タグ : PM, PMI, PMP, 日本コンピュータシステム 公開

 

よく知られているように、PMI認定資格であるPMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)を取得していることはすなわち、プロジェクトマネジャーに必要とされる資質を持つことの証である。

PMPに関する参考書は多く市販されているが、独学で取得するにはハードルが高い

From ElBosco
PMPに関する参考書は多く市販されているが、独学で取得するにはハードルが高い

人気があり、評価も高い資格だが、受験に際し、35時間におよぶ研修を受けることやPMとしての実務経験が求められ、受験料も5万円以上と決して安くないことなどから、個人の努力で取得するのは難しい存在でもある。

そこで、金融や介護など幅広い業界に顧客を持ち、各種システムの開発やERP導入支援などを行う日本コンピュータシステムでは、社を挙げて社員のPMP取得を後押ししている。

社員数約380人のうち、PMP取得者は26人というから、およそ14人に1人がPMP習得者ということになる。合格率も、トータルで9割超。直近の試験では100%を誇っている。

一般に「合格率は6割」とも噂される試験なのに、なぜ驚異的数字をたたき出せるのか。

その秘けつは「PM塾」にある。これは、外部の研修会社との共同企画で同社のためにカスタマイズされたPM理論研修とPMP取得プログラムだ。

「PM塾」には次のような特徴がある。

・研修初日にはキックオフパーティが開催される
・土日を使い、月に2回~3回の講義が半年間、開講される
・傾向と対策がまとめられた独自のテキストが配布される
・オンラインで受講生全員の習熟度・模試の点数などがわかる
・e-learningによる学習が可能
・教室にはキャンディーバー、ドリンクバー、ランチはイタリアン
・受講者の研修費用・受験費は会社負担(2回目以降の受験は実費)

特筆すべきは、受講者の費用負担は受験料を含めてゼロなこと。ただし、受講できるのは、各部門から受講の推薦を受け、講師による1時間近い面接を突破した中堅クラスの10人前後だけという仕組みになっている。

では、どんな人が受講し、試験を突破したのか。本人たちに話を聞いてみた。

あとに引けない環境づくりで合格への覚悟が生まれる

(写真左から)日本コンピュータシステム株式会社の遠藤岳史氏、栗島雅佳氏、小林祐一郎氏

(写真左から)日本コンピュータシステム株式会社のE.K氏、K.M氏、K.Y氏

「声を掛けられた時はラッキーだと思いました」と話すのは、同社で製薬会社向けのシステム開発を率いるK.Y氏だ。PM塾の2期生で、2013年にPMPを取得した。

K.Y氏は、1期生として合格した先輩から、PM塾の存在を聞かされていたし、テキストも見せてもらっていた。「お前もやってみたらどうだ」と発破を掛けられていたのだ。

「いつかは取得しなければと思っていた資格でしたが、個人で挑戦するとなると、大半の人が途中で諦めるという印象も持っていました。その点、会社が研修を用意し、費用も負担してくれるのは本当にありがたいです」

医療・介護業界向けのプロジェクトを牽引するE.K氏は、月に2日間、休日を返上することについて「最初は休みがなくなるのかとも思いましたが、個人で取得するにはハードルが高いことは知っていたので、前向きに捉えました」と、研修参加が決まった当時を振り返る。

最初はテキストの厚みに圧倒された栗島氏だが、講義が進むにつれその不安はやる気に変わったと話す

最初はテキストの厚みに圧倒されたK.M氏だが、講義が進むにつれその不安はやる気に変わったと話す

現在は管理業務を任されているPM塾3期生のK.M氏は、「声を掛けられた時期が、ちょうど業務が落ち着いた時期と重なったこともあり、やるしかないと思いました」と話す。

ただ、PM塾で使う厚さ3センチほどのテキストを見たときは、K.M氏は「マジか」と思い、E.K氏は「できるかな」と不安にもなった。

しかし、K.Y氏が言うように「人間、やればできるものです」。受講生が気を抜けないカリキュラム構成や、普段はなかなか会話の機会がない同世代と助け合い、競い合う環境のおかげで、「みっちり勉強するのは久しぶり」という3人は、緊張感を持ちながら、楽しんで勉強できたという。

「雰囲気は、学校というより予備校です。当初から合格率は100%が目標と言われていたので、気が抜けませんでした」(E.K氏)

「オンラインで、メンバーの学習進捗がわかる仕組みなので、自分だけ置いて行かれるわけにはいかないと思いました。2回目以降の受験の際は、自腹だとも聞いていましたし(笑)」(K.Y氏)

PMの基礎を学べたことで生まれる協力会社との共通言語

試験勉強に集中し、受講生同士で切磋琢磨した半年間の研修、そして試験合格で得た最大のものは何だったのだろうか。

「それまでの私のプロジェクト管理の方法は、上司の見様見真似で覚えたやり方でした。しかし今回、体系的にプロジェクトマネジメントを学ぶ中で、自分がしてきたことにはこういう意味があったのかなど、ハッとさせられることが多々ありました」(K.M氏)

「プロジェクト全体を見通せるようになったのが大きいです。知識のベースが固まったことで、プロジェクトを回していくために必要な視点を持てたと感じています」(E.K氏)

「迷った時に戻れる原点となる知識を得られたことが大きいです。いつも、主要項目がコンパクトにまとめられたガイドブックを持ち歩いていますし、細かいことはテキストに戻って確認するようにしています」(K.Y氏)

遠藤氏のプロジェクトメンバーには他社のPMP取得者も多く、PMP取得後は特に意思疎通がスムーズになったと言う

E.K氏のプロジェクトには他社のPMPが多く、取得後は特に意思疎通がスムーズになったという

プロジェクト全体を俯瞰できる力を手に入れ、マネジメントの軸を改めて実感できたことが、最大の果実なのかもしれない。その結果として、3人の名刺には「米国PMI認定PMP」の文字が刷られている。クライアントやパートナー企業にも、同じ資格を持っている人も多いという。

「PMPを取得してからは、打ち合わせの内容も以前より深く理解できるようになり、意思の疎通がしやすくなりました」(E.K氏)

ただ、どんなに立派な資格や多くの知識を持っていても、実際のプロジェクトをうまくマネジメントできるとは限らない。

マネジメントには、同じプロジェクトはふたつとない現場ごとにカスタマイズし、実践していく力も必要だ。具体的には、そのプロジェクトに共に取り組むパートナー企業のメンバーなど、人と人とのコミュニケーションの能力が問われることになる。

その部分はどのようにしてクリアにしたのだろうか。




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る