エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

グローバルなエンタープライズ開発に見る、業務系エンジニア進化論【アクセンチュア×SAP座談会】

タグ : HANA, SAP, アクセンチュア, エンタープライズ, グローバル, 業務系 公開

 

エンタープライズ向け業務システムの開発を巡る状況は、この5年ほどで劇的に変わっている。ネットワークのスピードと安全性が向上し、さらにクラウドサービスやインメモリテクノロジーが進化している。また、グローバルな大規模システムでも一元的に構築・運用する必要性がより高まっている。

一方、開発期間は日々短縮傾向にある。平たく言えば、「より速い」開発が求められているのだ。その上、俗に言うビッグデータの取り扱いも求められている。

こうした中、業務系エンジニアに求められる役割・スキルは変わりつつある。

そこで今回は、ERPをはじめとするエンタープライズ向け製品で圧倒的なシェアを誇るSAPと、SAP製品などを活用しながら総合的なビジネス・システムコンサルティングを展開するアクセンチュアから、エンジニアとマネジング・ディレクターが集合。開発を取り巻く環境の変遷について話を聞いていくうちに、今の時代に求められる3タイプのエンジニア/コンサルタント像が見えてきた。

そのエンジニア像とは、いったいどのようなものなのか。また、そのようなエンジニアになるためにはどうしたらいいのか、座談会の様子を通じて紹介する。

ERPを支える技術の進化と、ビッグデータ活用時代の到来

(写真左から)話を聞いたSAPジャパンの古濱淑子氏、大本修嗣氏、アクセンチュアの渡辺哲弥氏、小石耕司氏、米澤創一氏

―― 大規模なエンタープライズシステムの開発において、国内企業へのERP導入が本格的になったのは、2000年代のことでした。当時と今とで、開発の進め方はどう変わったのでしょうか?

渡辺 わたしの記憶だと、2005年くらいがERP導入案件の数が最も多かった時期ですが、そのころに比べると劇的に変わっています。基幹システム構築のやり方を例にとっても、当時は「インスタンス統合なんてとんでもない」という雰囲気でした。海外に複数の拠点を持つようなグローバル企業の場合、業務システムの基盤を一つに統合するなんて夢物語だったのです。

小石 当時は技術的な限界があって、統合基盤にしてしまうと、システムのどこかが止まったら全世界の業務がストップしてしまう状態でした。また、データボリュームが大きくなると、処理に時間がかかり過ぎるのも難点でした。ですから、口では「業務統合」と言いつつも、拠点ごと別々にシステムを組んで、それをどのようにして繋ぐか模索するという時代でしたね。

米澤 そのころに比べると、現在はネットワークのスピードと安定性が、ケタ違いに向上しています。SAP社の統合プラットフォーム『SAP HANA』に代表されるようなインメモリテクノロジーなど、巨大なデータを扱う技術も進化しました。さらに、ミラーリングなどでデータを守る手法も確立され、システム基盤を一つにまとめることが可能になったのです。

小石 2006年以降、SAPのERPが文字コードをShift-JISからUnicodeに変えて技術的な共通化を進めたことも、システム統合の発展に大きく貢献したと思います。

渡辺 お客さまとしては、リスクを減らし、全世界の支店・工場などからデータを集め、分析してリアルタイムに経営に役立てたい。だから、データが一元化に向かうのは至極当然だったのです。

大本 クラウドの普及も、お客さまの「理想」を実現するのに役立っています。ハードウエアの更新費用が不要になり、常に最新のリソースを使うことができます。クラウド化によって浮いたコストや手間を、システムの使い勝手をよくする方に回せます。

―― なるほど、技術の進化によってシステムの統合が可能になってきたと。同時に、企業の活用法も変わってきたわけですね。

『SAP HANA』の登場で、業務システム構築は明らかに変わった

―― こうしたテクノロジーの発展の中で、SAPもSAP HANAを事業の中軸に据えていますね。

大本 ええ。SAP HANAは、SAP R/3が完全には実現できなかった「リアルタイム性」を実現してくれるからです。R/3は、外部データベースに対しては夜間バッチで処理するなどの対応策が必要で、今考えれば「妥協の産物」とも言える存在でした。

しかし、今やネットワークもコンピュータも進化し、アプリケーションも進化しようとしています。ここで、アプリケーションプラットフォームを斬新なものに更新できれば、ERPは大きく進化するはず。そうした思いを込めて作られたのがSAP HANAなのです。

膨大なデータの処理と分析を同時に行えるようになったのは、理論上メモリを無制限に拡張できるようになった64ビットのインメモリ技術が登場したからだと渡辺氏は語る

HANAは64ビットまで拡張できるからこそ、膨大なデータを扱うことができると渡辺氏は語る

渡辺 企業によっては、受注・購買・生産・出荷などの全過程で、1日に数百万件もの伝票を扱います。それらの膨大なトランザクションをきちんと処理しながら、他方で経営判断に必要なデータを即座に抽出・分析するという複雑な作業は、従来の32ビットのERPでは難しかったのです。

一方、SAP HANAが採用しているインメモリ技術は、64ビットまで拡張できるため、理論上ではメモリを無制限に使えるようになったという訳です。

大本 実はSAP HANAの技術の一つ一つは、それほど新しくないものも多いです。テキストマイニングやDBのリアルタイム同期などは、SAP HANA以前からあった技術です。しかし、これらをすべて一つのプラットフォームとして製品化したのは、SAP HANAが最初でした。

―― 冒頭で出ていたデータベースに関して言うと、SAP HANAはSQLにも対応しています。これも、「すべて一つのプラットフォーム」で動かすための施策ですか?

大本 そうです。例えば、ビッグデータ処理のソフトウエアではHadoopやNoSQLなどがありますよね。でも、それらは大規模なエンタープライズ開発では技術的に飛躍し過ぎていて使いづらい。その点SAP HANAは、技術継承性を担保した上で次世代型のプラットフォームを提供しています。これは、エンタープライズ向けの製品には大事なことです。

米澤 SAPさんは、オンプレミスもクラウドも、すべてのソリューションをSAP HANAに移行する方針ですよね?

大本 そうです。プラットフォームを全面的にインメモリにして、その上であらゆるアプリケーションを並列で走らせるというのが基本方針です。

渡辺 5年前に比べると、SAPさんが提供するサービスは、領域も深みも格段に広がりましたね。

古濱 そういう意味でも、コンサルタントやエンジニアは、どんなアプリケーションがあって何を実現できるのか、きちんと理解していることが大事になります。




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る