エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

DirectorやSEじゃ伝わらない!? 外国人に仕事内容を正しく伝える方法【連載:コピペで使えるIT英語tips】

タグ : SE, グローバル, ディレクター, 役職, 英語 公開

 

4月は、多くの日本企業にとって節目の季節。異動や中途採用で入社した外国人に同僚や上司の紹介をしたり、業務内容を伝えたりする場面が増える時期だ。また、海外企業との合同プロジェクトのキックオフミーティングなどで、お互いの担当者を紹介し合う場面もあるだろう。

今回はシンガポールで働くDさんに、「担当業務を説明する際に使える表現」を教えもらった。引き継ぎ用のメモやメールを作成する際にも使えるので、ぜひ参考にしてほしい。

自分やチームメンバーを外国人に紹介する場合

◆「この人は◯◯を担当しています」という場合

in charge of 「~を担当する」

(例)He is the person in charge of sales.
(訳)彼は営業担当です。

(例)The person in charge of this matter is me.
(訳)この件についてはわたしが担当です。

「この人は◯◯の責任者です」と、少し厳格な意味合いを含ませて伝えたい場合は、in charge ofの代わりに「be responsible for~」を使うことが多いです。

(例)She is responsible for this project.
(訳)彼女はこのプロジェクトの責任者です。

【担当する業務内容を表す単語がある場合】
業務内容を示す単語がある場合は、以下の単語を使って紹介することもできます。

(例)
保守担当:maintainer
開発者:developer
プログラマー:programmer
エンジニア:engineer

(例)He is one of the developers of this application.
(訳)彼はこのアプリケーションの開発者の一人です。

既出記事(//type.jp/et/log/article/english-tips12)にも書いた通り、「SE」だと海外では伝わらない可能性が高いので、「system administrator」、「programmer」、「application developer」、「software engineer」など、実際の業務内容に合わせた表現を使った方がよいでしょう。

【役職の場合】
役職者を紹介する場合も、役職を示す単語がある場合はそれを使います(会社によって呼び名が異なることがあります)。

(例)
社長:president(of the company) / managing director(主にイギリス英語の場合)
最高経営責任者:CEO
最高執行役員:COO
最高技術責任者:CTO
副社長:vice president
取締役・役員:director
事業部長:general manager
課長:manager
主任:chief officer/assistant manager など

(例)She is the president of our company.
(訳)彼女はわが社の社長です。

既出記事(//type.jp/et/log/article/english-tips12)で執筆しましたが、日本のWeb業界の役職でよくある「ディレクター」は、上記の通り「役員・取締役」の意味になるので、注意しましょう。

◆相手に担当してほしい業務を伝える場合

(例)You are in charge of this job.
(訳)あなたはこの業務の担当です。

※ 参考:JobとWorkの違いについて

Jobには「職務上の義務、責務」という意味があり、つまりポジションや業務内容について示しています。workは「労働」、「働くということ」という意味合いが強いです。伝えたいニュアンスに応じて使い分けるとよいでしょう。

◆「誰がこの業務を担当しているのか」を聞きたい場合

(例)Who is charge of this task? / Who is responsible for this task?
(訳)誰がこのタスクの担当ですか?

◆「この業務は別の人が担当しています」と伝えたい場合

(例)This job is under the charge of another person.
(訳)この業務は別の人が担当しています。

上記を参考に、ぜひ自分の担当や役職、相手にお願いしたい業務内容を伝えてみてほしい。

日本でよく使う「名前+役職」の表記はあまり使わない

ちなみに、日本の場合は「◯◯課長」、「◯◯マネジャー」と役職を下につけて呼ぶことが多いが(Web業界だとこの風習が少なくなっている印象もあるが)、海外では役職名をつけて呼ぶことはほとんどない。

外国人同士は役職が上の人に対しては「Mr.」や「Ms.」をつけ、同僚の場合は呼び捨てのことが多いようだ(ちなみに、外国人の方は日本人に対しては男女問わず「~さん(san)」をつけて呼んでくれる人が多い)。

日本人としては違和感があるかもしれないが、これは習慣の違いなので仕方のないこと。英語スキルの向上だけでなく、そういう習慣の違いも体感することが、グローバルで活躍するための一歩なのかもしれない。

取材・文/大井 あゆみ(『シンガポール経済新聞』運営Diversolutions.Ptd.Ltd代表取締役)
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア Web プログラマー スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー プログラミング 起業 キャリア スマートフォン Android SIer 技術者 えふしん クラウド UI アプリ開発 btrax Webサービス スペシャリスト Twitter Apple ギーク CTO Facebook 英語 デザイン IoT ツイキャス Brandon K. Hill Google SNS 世良耕太 モイめし IT 30代 赤松洋介 採用 コーディング 20代 村上福之 勉強会 プロジェクトマネジメント UX Ruby 中島聡 法林浩之 ITイベント Webエンジニア 五十嵐悠紀 モノづくり ひがやすを LINE 受託開発 ビッグデータ ウエアラブル IT業界 ドワンゴ コミュニケーション MAKERS ハードウエア ロボット インフラ Webアプリ SI 女性 tips ゲーム ソーシャルゲーム iPhone 高須正和 女性技術者 UI/UX トヨタ マイクロソフト イノベーション 研究者 ノウハウ 自動車 息抜き iOS システム プラットフォーム 和田卓人 チームラボ グローバル メイカームーブメント 教育 イベント エンジン 開発者 ソニー オープンソース Java サイバーエージェント 女子会 コミュニティ 家入一真 メーカー ソフトウェア スーパーギーク GitHub 増井雄一郎 IPA ニュース テスト駆動開発 日産 40代 TDD グーグル 音楽 モバイル PHP ソフトウエア TechLION

タグ一覧を見る