エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

3年後の転職を見据えた新入社員の生き方、3つのコツ【連載:えふしん】

タグ : C++, Java, えふしん, 新入社員, 転職 公開

 
えふしんのWebサービスサバイバル術

藤川真一(えふしん)

FA装置メーカー、Web制作のベンチャーを経て、2006年にpaperboy&co.へ。ショッピングモールサービスにプロデューサーとして携わるかたわら、2007年からモバイル端末向けのTwitterウェブサービス型クライアント『モバツイ』の開発・運営を個人で開始。2010年、想創社(現・マインドスコープ)を設立し、2012年4月30日まで代表取締役社長を務める。その後しばらくフリーランスエンジニアとして活躍し、2012年11月6日に想創社(version2)設立

新入社員として入社された方も、そろそろ1ヵ月が経とうとしています。Web上では、この時期になると、すでに会社を辞めてしまった話や、新入社員に辞められてしまったという話が風物詩のように聞こえてきます。

辞める理由はさまざまでしょうが、就職にせよ、結婚にせよ、人生の転機と言われるイベントにおいては、期待通りではないことの1つや2つは見えてくるものです。

問題は、自分はそれに適応可能か否か。よく「3年は我慢するべき」、「下積みを頑張れ」という話が出てきますが、人材を使い捨てすることで回っているブラックな構造に陥っている会社がある以上、こればかりは間違っても一般論で括ることはできません。

とはいえ、名を上げた起業家が若い時に、あえてブラックな会社で修行し、確固たる自信をつけたという伝説が語られるなど、考え方1つで、その環境を自分のキャリアに活かすことも可能なのだと思います。

もう我慢できない! 今すぐ会社をやめてしまいたいという人は残念ですが、もし2~3年は頑張ってみようかと思う人には、今の職場での経験を、いかに未来のキャリアに活かすかについての作戦を考えてみませんか!?

その考え方のヒントになるものを、主にWebまたは、ソフトウエアのエンジニアに向けて書いてみたいと思います。

転職時に今の働き方を武器にする3つのコツ

【1】 視点は必ず会社の外に置く

努力しただけでもらえる「努力賞」は学生まで

by tedmurphy
努力の過程を評価される「努力賞」は学生まで

学生が社会人になって、最初に乗り越えなければならないことは、「頑張っても評価されるわけではない」ということです。

学生時代は、何だかんだと「努力賞」というのが存在していて、学位取得においてでさえ、努力賞で乗り切ってきた人も多数いるはずです。しかし、会社では結果がすべてです。どんなに頑張っても結果がついてこなければ、上司からは優しい言葉はかけてもらえるかもしれませんが、最終的には認められません。

結果を出している人は高い評価を得られます。評価されれば自信にもつながり、転職の面接でも高評価を得ることができるでしょう。良い転職をしたいのであれば、今ある環境でいかに成果を出すかを頑張りましょう。

大切なことは、社内の基準で上司にだけ評価されることではなく、世の中にアピール可能な基準であるかが大切です。つまり、仕事の機会を活用し、「面接官に自慢できることをしろ」ということです。

【2】技術に踊らされない技術を身に付ける

ソフトウエア開発では特にあることですが、その会社で使われている技術が10年先に、そのまま使えるかはかなり怪しいです。同じ名前の言語が残っていても、主流となっているフレームワークが違っていたり、言語そのものがアップグレードされていたりします。

特定のプログラミング言語が書けることを固有のスキルとしてとらえてしまうと、転職する際に、それまでの経験が足かせになってしまうことがあります。やはり、3年後の転職を考えると、仕事で使うプログラミング言語を超えて評価される軸を作れると、転職の選択肢が広がります。

もう少し具体的に言いますと、これは会社の新入社員研修でどういう技術を学ばせるかという話にもつながる話なのですが、C言語とJavaは学ぶべきだと思っています。

理由としては、まずC言語は、今のOSやプログラミング言語がCで書かれているから。JavaはHadoopやSolrなど重要なプラットフォームに活用されている言語なので、何だかんだと必要になるシーンがあるからです。

RubyやPHPなどは、現場に配属されてから十分キャッチアップできますし、会社側も、その時間は設けてほしいです。

(余談ですが、最近、大規模なWebサービスを提供する企業でJavaを採用しているところの話もちらほら聞き、結局そこか! と思う部分は否めません)

最初にC言語を学ぶことで、他の言語が頭に入りやすくなる

by Dennis from Atlanta
最初にC言語を学ぶことで、他の言語が頭に入りやすくなる

C言語に関しては、Cがバリバリ書けることが必ずしも重要なのではなく、C言語の面倒くさいところと、ポインタとアドレスを肌感覚で理解することが大切です。

大抵のプログラミング言語は、ポインタとアドレスが変数に反映されていることを意識できれば、実はC言語を使いやすくした応用例だと見ることもできます。

そして、Cで書かれた高級言語を使っていても、C言語のキモチが理解できるプログラミングができれば、それは必ず高いパフォーマンスを実現できるでしょう。

そういったところをしっかり理解できていれば、「すべてはC言語の手の平にある」と考えることもでき、技術のトレンドに踊らされにくくなります。転職の面接の際に、これまでの経験が、次の職場でも応用可能だということを判断してもらえるでしょう(まぁ、相手の会社の人材採用の切迫度にもよりますが)。

参考書籍として、すでに絶版になってしまった本ですが、『Java 謎+落とし穴 徹底解明』という本を紹介します。

Javaにはポインタはありませんが、ポインタも意識すべきということについて詳しく書かれた名著です。本書のアマゾンのレビューは賛否含めてすごく勉強になります。

【3】どの職場でも今すぐ学べる社会人の必須スキル

最後に、将来独立するような人にも必要な、一番大切なスキルを紹介します。

どんなに高い技術を持っていても、この力が弱いがために、宝の持ち腐れになっている人は、世の中、割と多いようです。

それは、

「他人が期待していることを正しく理解するスキル」

です。そしてもう一つが、

「自分がやってほしいと思うことを正しく伝えるスキル」

です。

巷でちらほら聞く話で、仕様書を正しく読まない、または読めない人が、けっこう多いと聞きます。それこそ経験を積んでくると、イチ読んだだけで10理解した気分になって、あとは感覚でやってしまい、実は求められていたことと全然違っていたということもあります。それに、単純に人の言うことを聞けないというケースもあります。これは実務能力の話なので要注意です。

相手の期待に応えられないというのは、手戻りの原因になります。手戻りは、積もり積もってデスマにつながります。どんなに開発技術が進歩しても、この根本的な問題をカバーするのは、人間の力に委ねられます。

また、逆の立場として、相手が理解できる仕様書を書けなかったり、口頭でうまく伝えられなかったりするケースがあります。実はわたしもあまり自信がありません。相手が頭の良い人であれば、その人の空気読みの力に助けられていると思っているし、そうでもない場合は、多くの言葉と抽象的な表現を使いすぎて混乱に陥れている可能性があるのでは!? と自己分析しています。

なお、これが一番うまい人というのは、自分のやりたいことを伝えて、相手をワクワクさせるスキルを持っている人です。こういう人は、仕事でもプライベートでもモテます。

技術知識は職場によって身に付く・身に付かないがありますが、この力を養うのは、どんな現場でも可能です。

自分がダメだと思う職場であればあるほど、この力を鍛えることができます。3年後に転職しようと思えばこそ、積極的に今いる環境を活用したいところです。

転職という切り札を活かす

僕は新卒の会社で何年か経った後に、早いうちに一度は転職しておきたいと思いました。当時は、1つの会社しか知らないというのは、何かあった時に変化への適応力が弱くなるのではないか!? という漠然とした不安を持ったからです。

大事なことはたいてい失ってからわかるものだ

by CarbonNYC
大事なことは、大抵失ってから分かる

4年半在籍していた会社を辞める時に、会社の人に「後から、この会社の良いところも、悪いところも気が付くようになるよ」と言われました。そして、後から気がついたのは、その会社の良いところばかりでした。

やっぱり歴史のある会社はしっかりしていたし、給料も安くない、ということに後から気が付きました。

今は主観的にしか見えてない価値が、後から経験を積んだり、客観的になってみると実は良いものに見えてきたりします。今、会社の何かが違うと思っても、少し待てと言いたい人たちは、そういうことを経験してきたからでしょう。

転職が特別なことではなくなっている今だからこそ、転職をいつでも選択可能なカードとして意識し、少しでも自分の市場価値を意識しておくのは大切なことではないでしょうか。その上で、今の仕事を、会社のためだけではなく、自分のために前向きに楽しめたら理想だと思います。

それができた先の転職であれば、次のキャリアにおいても充実した仕事が待っていることでしょう。

>> えふしん氏の連載一覧




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る