エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

何かを発信し続けていれば、人生はいい方向に変わるもの【連載:村上福之】

タグ : キャリア, 村上福之 公開

 
村上福之のキャラ立ちエンジニアへの道

株式会社クレイジーワークス 代表取締役 総裁
村上福之(@fukuyuki

ケータイを中心としたソリューションとシステム開発会社を運営。歯に衣着せぬ物言いで、インターネットというバーチャル空間で注目を集める。時々、マジなのかネタなのかが紙一重な発言でネットの住民たちを驚かせてくれるプログラマーだ

エンジニアtypeがリニューアルするということで、僕の連載も今回で最終回ということが決定し、非常に寂しい思いをしています。今までの長い4年間の連載を振り返って何かを書こうと思いましたが、非常に思い入れがあるので、正直、書きにくいです。

「キャラ立ちエンジニアへの道」というテーマで連載を依頼されてから、正直キャラ立ちが何なのかよく分からないまま41回も原稿を寄せてきました。そんな僕が最終回の寄稿で伝えたいことは、結論から言いますと、「何かを発信していれば、人生はいい方向に変わるもの」だということです。言いたいことはそれだけです。

初回の連載記事で出版が決まる

4年前のある日突然、エンジニアtype編集部から連絡があり連載を開始することになりました。実はぼくにとって初めて寄稿料をもらって連載を持つ仕事でした。非常にうれしかったです。

編集部に宣材写真がほしいと言われたので、六本木の写真スタジオに9800円で宣材写真を撮りに行ったら、プロフィールのところにあるようなテラテラ光ったホスト風のプロフィール写真になりました。どうも、その六本木の写真スタジオは普段はキャバ嬢の写真を撮っているスタジオでしたので、ぼくの写真もキャバクラの写真のように本人と似ても似つかないものになりました。

で、最初に書いた記事は以下の記事です。

>> 非コミュプログラマーが独立するのに必要なたった2つの勇気

この記事は、技術しか分からないサラリーマンだったぼくが独立してさまざまなトラブルに遭遇しながら会社を登記して仕事をもらうまでの話です。ひどい記事です。

何がひどいかと言いますと、エンジニアtypeは転職サービスの会社が運営するサイトなのに、いきなり独立について書いているわけです。よくもこんな記事を掲載してくれたと思います。しかし、脂の乗ったエンジニアが読みたいと思う記事を考えたら、転職か起業だろうと思い、僕の経験だったら起業の話だということになりました。おかげさまで、けっこうなエンジニアの方々に読んでいただける結果となりました。

そんな中、フリーの出版の編集の方がこの記事を読んで、ぼくに初めての著書の執筆依頼をくれたのです。

「コンパイルとかNULLとか単語が分からないですが感動しました」と言われました。そこまで意味が分かってないのに、どうして自分の文章が評価されたのか全く分かりませんが、おかげで本当に、この連載とブログのまとめ本『ソーシャルもうええねん』が出版され、下記の表紙に帯で煽っているようにAmazonで総合1位を獲得しました。

>> 非コミュプログラマーが『ソーシャルもうええねん』を出版するまで(前編)

>> 超アナログな出版業界に戸惑う僕を救った、ソフトウエア業界の太古の神話

ソーシャルもうええねん

一般書を出版するということは、その人にとって運命を変えることが非常に多いです。なぜかというと、「本を出版する人=比較的ちゃんとした人」と思われるからです。いかに素晴らしいことをしていても、ブログやWebメディアの記事だと、ネット業界の外ではちゃんとしていない人だと思われがちです。一方で、本にして全国の書店に並ぶと、ちゃんとした人と思ってもらえますし、メディアへの露出回数も増えます。

僕の場合も同様に、本を出版する中で、いろんな人にあったり、助けられたり、講演会に何度も呼ばれたり、誰かを好きになったり恋をしてきたわけです。時には、不思議な出会いで自宅に新興宗教のご本尊を設置されたりしました。本当に本を出版するといろんな体験ができます。エンジニアtypeのおかげです。

伝統的な日本のメーカーに対する思い

他のベンチャー出身の執筆陣よりも、ぼくは伝統的な日本企業でサラリーマンをやっていたり、伝統的大企業の受託案件をこなしていた時期が長かったので、日本の伝統的大企業の仕組みについて、よく記事にしていました。

これらの記事はけっこうPVを稼ぎ、書けばだいたい、その週のエンジニアtypeのアクセスランキングで1位になっていたと思います。

>> なぜ日本の伝統的メーカーは「エラい人のキーワードでモノつくる構造」を早くやめられないのか

>> さようならHTML5…。アメリカ人と日本人の標準化に差を感じる

>> 日本の大手メーカーが負けているのは、コストではなく時間

これらの記事は日本の伝統的メーカをけなしています。ぼくは日本の伝統的メーカーの“思想”を非常に尊敬しています。でも今は実態が“思想”から大きく離れているように思います。

日本のメーカーがユーザーの多種多様なニーズを聞いていたら、いつしか得意だった単一商品大量生産方式=水道哲学が崩壊しました。一方で、単一商品大量生産する手法でAppleなどが世界を制してしまいました。

闇研や社員稼業主義やアメーバ経営など、ボトムアップでフットワークの軽い思想だったのが、官僚主義と社内政治とコンプライアンス遵守の名の下に動きの遅い組織になってしまいました。一方で、GoogleやAmazonのようなフットワークの軽いネットワーク型組織が世界を席巻しています。

現在、あまり日本のメーカーに明るい未来を感じません。CESなどを見ていても日本の伝統的メーカーの存在感はかなり薄いです。

こうして日本メーカーの将来を憂うことを書いていると、いろんなメディアから日本の会社について、コメントやラジオ出演やインタビューや執筆を依頼されるようになりました。無駄に仕事の幅が広がったように思います。ブログにソースコードを貼るより、伝統企業を批判する記事の方が一般的なメディアには興味を持ってもらえるようです。

禅寺での修行~4日間の禁スマ生活で得たもの

お気に入りの思い出は、編集担当のころくさんと京都の禅寺へ修行に行ったことです。

>> 禅寺修行に想う~プライドを叩き潰されないと、人もコードも成長しない

ご存知のようにスティーブ・ジョブズも禅に傾倒していました。ころくさんの誘いでぼくも三泊四日の禅修行をしました。足るを知る、人間起きて半畳寝て一畳天下取っても二合半と言う世界です。圧倒的に無駄なものを削ぎ落とす思想に触れ、自分の思考に大きな影響を与えたと思ってます。

また、4日もスマホを触らないでいると異常に精神が軽くなりました。修行の中で今まで会うことのない人にたくさん出会い、多くを学びました。これもまたエンジニアtypeの連載がなければ絶対やらない体験だったと思います。一つ残念なことは、この禅修行の記事のPVが著しく低く、あまり読まれなかったことです。ただ、数字にならないものを多く得たように思います。

岐阜取材と地方格差

また、連載の番外編として編集長と岐阜に行ったことも1つの思い出です。

>> ある高校生プログラマーのリアル~Macとボクと、時々、ふくゆきさん

ここでプログラミング学習中の高校生との対話を書いています。記事の中には書いていませんが、地方格差とは何かっていうのを思い知らされるわけです。インターネットがこんなに広まっていても地方との情報格差は想像以上に大きかったのです。

ゲームやSNSやLINEやスタンプなどを消費するカルチャーは地方にも十分に普及していますが、生産するカルチャーは届いてないように見えました。ぼく自身もともと田舎者なので、地方に情報や熱量が思ったより伝わってないことを改めて知らされました。それよりも、編集長と名古屋のあつた蓬莱軒でひつまぶしを食べたことの方が思い出深いですが。

「何かを発信していれば、人生はいい方向に変わるもの」

そんなわけで、何かを発信していると、いろんなことが起こるわけです。これを読んでいる皆さんも、人生で悩んだら、何でもいいから発信してみてください。何かを発信し続けていれば、どこかで誰かが見てくれて、何かを得られるのではないかと思います。

ただ、4年間もエンジニアというテーマだけで書くのはつらく、原稿が遅れに遅れ、編集担当のころくさんに迷惑ばかり掛けていたのは否めません。

今までありがとうございました。

エンジニアtype編集部の皆さまにも心から感謝します。

>> 村上福之氏の連載一覧


編集部からのお知らせ

エンジニアtype姉妹サイト



人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 受託開発 iOS 五十嵐悠紀 ウエアラブル ドワンゴ LINE ロボット モノづくり ひがやすを IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る