エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

試作時は100円ショップで素材集めも。スマートトイ『Moff』CTO米坂元宏氏の試行錯誤【30分対談Liveモイめし】

タグ : IoT, Moff, ウエアラブル, ツイキャス, モイめし, 米坂元宏, 赤松洋介 公開

 
ツイキャス』を運営するモイの代表取締役で、経験豊富なエンジニア赤松洋介氏が、週替わりで旬なスタートアップのエンジニアや起業家を招いて放談する「モイめし」。『ツイキャス』連動企画として、お昼に30分の生放送&その後のフリートークも含めて記事化したコンテンツをお届けします!


ツイキャス』を運営するモイの代表取締役で、経験豊富なエンジニア赤松洋介氏が、週替わりで旬なスタートアップのエンジニアや起業家を招いて放談する「モイめし」。今回のゲストは、スマートトイ『Moff』を開発する株式会社Moffの取締役CTO米坂元宏氏だ。

IoTやハードウエア起業の機運が高まる中、日米で順調に売り上げを伸ばしている『Moff』は、その急先鋒ともいえる。ハードゆえの難しさとどう向き合い、克服しているのか。試行錯誤の軌跡を聞いた。

プロフィール
yusuke-yamamoto2

株式会社Moff 取締役兼CTO
米坂元宏氏(@yonesaka

2010年まで日本IBMでインフラ構築やテクニカルサポートなどに従事。退社後、フリーランスエンジニアとしてWeb/モバイルアプリ開発を軸に複数企業の外部技術責任者を兼任し、AWSやFabLabなどのコミュニティーで活動。2013年1月に大阪市で開催された『ものアプリハッカソン』への参加をきっかけに、ウエアラブルデバイスの開発を目指してMoffを共同創業した

起業のきっかけはモノとアプリをつなぐハッカソン

赤松 『Moff』はハッカソンがきっかけとなって生まれたそうですね?

米坂 はい。2013年1月に大阪市が開催した『第1回ものアプリハッカソン』に参加したことがきっかけです。

「家族の中にある課題を解決する」ことをテーマに、最初は別のものを作っていたのですが、実際に家族の悩みを聞いていると、子供がスマホばかりで遊んでしまって体を動かさないという声が多かった。だったらスマホとモノをつなげることで、もっと体をアクティブに動かせるおもちゃを作れないかと考えました。

赤松 フリーランスで活動される中で、以前からモノづくりをやっていたんですか?

米坂 いえ、生業としてやっていたわけではなく、先ほどお話したハッカソンがきっかけで本格的にやり始めました。ちょうどモノとアプリがつながるという動きが起き始めていた時期で、久々に感じるワクワク感でしたね。そこからFabLabのコミュニティで3Dプリンタやレーザーカッターの使い方を一つ一つ覚えていきました。

赤松 『Moff』が実際に形になり始めたのはいつごろから?

米坂 2013年の5月ごろです。それからプロトタイプを作り続けて、昨年3月に今の形になったところでKickstarterに出しました。

赤松 反応はどうでした?

米坂 2日で目標金額を達成し、1カ月のファンディング期間で最終的に目標の4倍にあたる日本円で800万円が集まりました。ご支援いただいた方が1200人くらいです。

赤松 それはすごい。最初からそれくらいのロットを確保できたわけですね。その後、工場を見つけて量産化するまでというのはスムーズに?

米坂 比較的スムーズではあったと思いますが、つまずくこともありました。ハードウエアなのでいろいろと認証を取らないといけないんですが、それをどう解決するかというのは探り探りでしたね。

3Dプリンタに頼らない試作機製作

駄菓子屋のおもちゃがヒントとなって現在の形状になったという『Moff』

駄菓子屋のおもちゃがヒントとなって現在の形状になったという『Moff』

赤松 私もIoTという言葉もない時代に、『ジョーカーレーサー』というインターネットを通じてラジコンを動かすサービスをやっていたことがあるんです。モノを形にするのは何かと大変なことが多いですよね。

米坂 今の形に近づくまでに3回くらいは大きく作り直しています。一番大変だったのは、子供にも難しくなく腕に巻きつけられるものにするというところ。腕時計型をはじめ、いろいろな形状を試しました。最終的に、子供のころに駄菓子屋にあったおもちゃがヒントになって、今の形にたどり着いたんです。

赤松 プロトタイプの製作は外の会社にお願いして?

米坂 いえ、創業メンバー数人で、ユーザーテストができるくらいのものを作りました。製品化に向けての量産は、EMS企業と提携してやってもらっています。

赤松 どこまで内製するかの判断も難しいポイントですよね。

米坂 そうですね。実際、Kickstarterでリリースが遅れるケースの多くは、細かいところまで自分たちでやってしまっていることが多いような気がします。私たちもそこのバランスは判断を迷ったところです。

赤松 今は3Dプリンタなどもありますが、プロトタイプ製作の時間を短縮する上で工夫していることはありますか?

米坂 最初は3Dプリンタを使ってみたんですが、設計に時間が掛かるし、単純に時間短縮につながるとは限らないと感じました。替わりに、100円ショップで買ってきたゴムチューブを切って中に基板を入れ、マジックテープで巻いたものを作ったりしてました。それでも十分動くんですよ。

モノづくりが好きな人は3Dプリンタを使いたがるし、私もできることなら、そうやってかっこよくやりたいところですが、それに頼らない解決法を頭をやわらかくしてやっています。

ヨーロッパでの展示会出展で海外展開に手ごたえ

欧州の展示会に出展した際に手ごたえを感じ、当初から海外展開を視野に入れていた

欧州の展示会に出展した際に手ごたえを感じ、当初から海外展開を視野に入れていた

赤松 素材についても試行錯誤を?

米坂 当初、プロトタイプはゴムで作っていたんですが、プロモーションビデオを撮るだけでもビリビリになってしまって。最終的にシリコン素材に替えることになったんですが、今度は型代を捻出するのが大変でした。

赤松 Kickstarterで集めるまでは資金はどうしていたんですか?

米坂 Kickstarterの直前にエンジェル投資をいただきましたが、それまでは持ち出しで。当時はお金がなかったので中国に基板を発注していたんですが、届くのに数週間掛かるなど、なかなか開発スピードが出ませんでしたね。

赤松 ソフトと違って、モノを作るのは先にお金が必要になるのも大変なところですよね。ロットを作るのにも勇気がいる。不安はありませんでしたか?

米坂 不安はもちろん尽きません。その点では、Kickstarterが先を占うバロメーターとなり、どういうプロモーションをすれば売れそうか肌感覚を得ることができたのが大きかったと思います。

赤松 『Moff』は日本とアメリカのAmazonで買えるようですが、最初からアメリカでの展開を計画していたんですか?

米坂 Kickstarterに出すというのは、完全にアメリカを意識しての行動でした。その前にヨーロッパの展示会に出した時の反応が非常に良くて、これは海外でウケそうだという感触を得ていたんです。

コンテンツについては、ウケるものが日本とアメリカとで違いますし、テキサスでは「銃」の音が鳴るのが大好評だったのに、東海岸に行くと「子供のおもちゃになぜ銃のコンテンツがあるの?」という反応だったり、分かるようで分からないことがたくさんありました。

でも、ハード自体にはカルチャー特性のようなものがあまりないので、1個作ったら売りやすいのは、ソフトよりモノの方かもしれません。

赤松 そうですね。アプリやソフトは似たようなものが多いので大変です。展示会に出展したところで、見た目はただの画面ですから、使うシーンを想像させるのがまず難しいし、どうやってアピールするかは悩みどころ。その点はハードの人が本当にうらやましい。

利用の可能性はおもちゃに留まらない

赤松 モノづくりをしていて、一番楽しいのはどんなところですか?

米坂 今一番楽しいのは、手の動きを認識する技術を深堀りするところです。3D数学などを使って姿勢の遷移や条件一致で判別しているんですが、個人差を吸収するように機械学習を使ったりして技術を深堀りしていくのが、楽しいところであり、苦しいところでもあります。

赤松 応用の可能性についてはどう考えていますか?

米坂 今は子供用ということであえて機能を絞っていますが、ポテンシャルはたくさんあると思っています。

インターネットにつながるプラットフォームとして、認識できる動きの種類を増やしていこうとしていて、大学の研究室と連携して研究を進めていこうとしています。その技術にもっと磨きがかかれば、将来的には健康方面での利用なども考えられますね。

赤松 KinectみたいにAPIを公開すれば、例えばラジコンヘリに載せたりしても面白そうですね。

米坂 なるべく公開する方向で考えています。昨年は製品をリリースできたので、今年は可能性を広げる年にしたいですね。だからクラウド側でデータを解析できる人や、面白いコンテンツを考えられる人など、エンジニアの採用にも力を入れていきたいと思っています。

取材・文/鈴木陸夫(編集部)

「モイめし」は毎週水曜日の12時半から
配信アカウント:https://twitter.com/moi_staff
配信チャンネル:http://twitcasting.tv/moi_staff

>> 過去の[連載:30分対談Live「モイめし」]一覧はコチラ




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る