エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

Slack日米一斉導入の裏側にある、SmartNewsのグローバルなチームビルディング術とは?

タグ : Slack, SmartNews, コミュニケーション, スタートアップ, ニュースキュレーション, 機械学習, 開発チーム 公開

 

今年2月には日米通算1000万DLを達成、インターナショナル版も世界30カ国以上でニュース分野トップ10にランクインするなど、日本発のニュースキュレーションアプリの雄、『SmartNews』が世界で支持を広げている。

『SmartNews』のダウンロード推移(出典:スマートニュース株式会社)

サービスがスケールする裏側には当然、それを支えるチームのスケールがある。

開発に携わるエンジニアはもちろん、SmartNewsがアットマーク・アイティ創業者の藤村厚夫氏や、元ハフィントンポスト日本版編集長の松浦茂樹氏ら、既存のメディア業界の“大物”を次々と集めていることは、よく知られていることだろう。

一般的に、開発チームが大きくなるにつれて顕在化してくるのが、コミュニケーションをどう最適化するかという問題だ。それも、非エンジニアを巻き込む必要があったり、国をまたいでやり取りをしなければならなかったりすれば、難しさが一層増すことは想像に難くない。

SmartNewsでは、この問題を解決するための一つの施策として昨年11月、日米全社員のチャットツールを従来のHipChatからSlackへと一斉に移行したという。

もちろん、ツールはあくまでツールでしかない。しかし今回、Slack導入を中心になって進めたというエンジニア・坂本卓巳氏に話を聞いていくと、その裏側に、グローバルにサービスを育てていくためのSmartNews流のチームビルティング術が見えてきた。

外部協力者とのコラボに最適なアクセス制限機能

坂本氏は、Slack導入のメリットやコストをQiita Teamの記事にまとめて事前に情報共有することで、提案から約1週間というスピード感で一斉導入までこぎ着けた

坂本氏は、Slack導入のメリットやコストをQiita:Teamの記事にまとめて事前に情報共有することで、提案から約1週間というスピード感で一斉導入までこぎ着けた

SmartNewsの社員は現在、日本とサンフランシスコ、ニューヨークのオフィスに約40人。エンジニアはこの半数以上を占めており、現時点では全員、日本オフィスで開発にあたっている。

ただし、SmartNewsを開発しているエンジニアは社員だけではない。外部のエンジニアやマシンラーニングの専門家なども特定機能の開発に携わっており、メディア関係者などの非エンジニアも含めれば、相当な数の外部メンバーがSmartNewsに関わっていることになる。

Slack導入の最大の理由は、まさにここにあった。

「Slackにはチャンネルと呼ばれるトピック単位の部屋があり、ユーザーごとにどの部屋を見られるかという制限を細かく設定することができます。こうした権限周りの機能が充実していることが、外部の方とコラボレーションする上で非常に便利なんです。特定業務をお願いしている方には、必要な情報だけを共有することができます」

さらに、通知のオン・オフもチャンネルごとに設定できるため、例えばサーバ異常を知らせるアラートのような重要な情報を、比較的重要度の低い情報に埋もれさせることなく受け取れるというメリットもある。

Slack導入を提案するにあたり、坂本氏はこうした機能や移行のメリット・デメリット、導入に掛かるコストなどの情報をまとめ、社内情報共有ツールであるQiita:Teamに記事として投稿。

経営陣から現場エンジニアまでフラットに意見を募ることで、記事公開から約1週間というスピード感で、一斉導入までこぎ着けた。

海外からのフィードバックをスムーズに開発に反映

前述の通り、SmartNewsには多くのメディア出身者が籍を置いている。彼らの役割は、優良なニュースを提供してくれる既存メディアとの関係を築くとともに、日々、実際にSmartNews上に表示されるニュースを見て、アルゴリズムによる記事選択・評価が正しく機能しているかチェックし、エンジニアにフィードバックすることにある。

開発エンジニアは、彼らがもたらすフィードバックを基に学習データを整備し、さらなるアルゴリズムの改善に取り組むというわけだ。

こうしたやり取りは、国内では対面のコミュニケ—ションによって行われているが、より重要度が増すのは海外からのフィードバック。なぜなら、「例えば日本とアメリカでは文化が違うし、アメリカ人にとって今どのニュースが重要かは、今日本に住んでいる人の感覚ではなかなか分からない」からだ。

日本において藤村氏や松浦氏が務める役割をアメリカで担っているのは、ウォールストリートジャーナルオンラインを立ち上げた人物として知られるリッチ・ジャロスロフスキー氏。Slackを通じて日々、現地の感覚に基づいたフィードバックを開発陣にもたらしている。

このように、Slackはエンジニア同士の情報共有や、周辺・関連サービスと連携しての通知といった使い方だけでなく、エンジニアと非エンジニアをつなぐ橋渡しとしても、SmartNewsの開発において重要な役割を果たしている。

日本人同士も英語でやり取り。「チラ見効果」を最大化

SmartNewsでは、チャットに限らず、部署の違いを超えたオープンなコミュニケーションを重視している

チャットに限らず、部署の違いを超えたオープンなコミュニケーションが自然と生まれる環境づくりにこだわりが見える

情報共有をする上でSmartNewsが最も大切にしているのは、「基本はオープン、どうしても公開できないものだけを制限する」という考え方だと坂本氏は言う。

「たまたま聞こえてきた他人の会話が学びになることは多くあります。Slackにしてもそれは同じ。1対1で話す機能もありますが、むしろ誰もがフラッと気軽に会話に入れるのがSlackの良いところです。例えば10人くらいがいるチャンネルで自分が知らない話題が展開されれば、それだけで新たな学びを得ることができます」

こうした「チラ見」の効用を最大化すべく突き詰めていった結果、最近では自然と、日本人同士であっても英語を使う機会が増えたと坂本氏は言う。

「海外でもエンジニアを採用していきますので、過去の履歴をさかのぼって情報を参照する時のことを考えても、今から英語で残しておいた方がいいという発想になっています。これも、グローバルなサービスを作る上では、必要な考え方なのではないでしょうか」

「遠隔でも顔の見える関係構築」のため渡航を奨励

オフィス内には裸足で上がって仕事ができるスペースも

オフィス内には裸足で上がって仕事ができるスペースも

SmartNewsは現状、リモートワークを奨励しておらず、各チームが朝会を実施して、その日の動きなどを対面で確認する時間を設けている。Slackのようなチャットツールを積極的に活用しつつも、「顔を合わせてディスカッションすることの意義を重視している」からだ。

その姿勢はオフィスの配置にも表れている。東京オフィスにはコーヒーカウンターや裸足で上がれるスペースなど、利用目的に応じたさまざまなエリアが設けられており、社員はこうした場所を逐次移動しながら仕事をしている。

これは、普段あまり接点のない部署間にも自然とコミュニケーションが生まれることを狙った仕掛けという。

海を挟んで隔てられた日米のオフィス間にも、交流を促す仕組みがある。

例えばアメリカで採用された社員は、入社後すぐに来日し、1カ月ほど日本のオフィスで働く。SmartNewsのアルゴリズムや配信の仕組みを知ってもらうという目的もあるが、「Slackなどを使って遠隔で働くとしても、一度も会ったことのない人と仕事をするのは難しい」という、顔合わせの意味合いの方が強いという。

逆に、日本で働く社員が業務上至急の要件がなくとも会社負担で半年に1度渡米し、現地オフィスで働いたり、カンファレンスに参加したりすることができる「自主渡航奨励制度」もこの3月から始まった。

「僕らのような会社の規模で良いサービスを作るには、狭いところで膝を突き合せて、偶然小耳に入ってきたことに突っ込みを入れるようなコラボレーションが不可欠だと思っています。そうした気軽な話し合いがあって初めて、まったく新しいものが生み出されるのではないでしょうか」

直近では、英語圏向けにリリースしたインターナショナル版に続き、多言語対応に取り組んでいく方針というSmartNews。海を越えた「気軽なコミュニケーション」を武器に、世界展開をいっそう加速していく。

取材・文・撮影/鈴木陸夫(編集部)




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る