エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

「ソニー最後の異端」と呼ばれた映像技術の匠が語る、イノベーションの罠【連載:匠たちの視点-近藤哲二郎】

タグ : 4K, 8K, イノベーション, ソニー, テレビ 公開

 

takumi-kondo

プロフィール
takumi-kondo-prof

アイキューブド研究所株式会社 代表取締役社長

近藤 哲二郎氏

1949年、愛媛県生まれ。1973年に慶應義塾大学工学部・電気工学科を卒業後、日本無線に入社。1980年にソニーへ転じ、映像技術の研究に従事。以来、400件に迫る特許を出願・登録し、1995年に出井伸之氏からその才を見出される。そこでかねてから構想していた映像の高画質化技術「DRC」を実用化。同技術を搭載した『WEGA』、『BRAVIA』シリーズは大ヒットを記録する。2009年にソニーを退き、アイキューブド研究所を設立。現在も映像技術の革新に挑み続ける

「今日の日本メーカーは事あるごとにイノベーション(技術革新)を口にします。でも、本当に必要なのはイノベーションなのでしょうか。わたしにはそうは思えません。今最も必要なのは、イノベーションよりインベンション(発見・発明)だと思うのです」

かつて「ソニー最後の異端」と呼ばれた男は、苦境が伝えられる日本メーカーが抱える課題をこう斬って見せた。

言葉の主は近藤哲二郎。

ハイビジョン放送の黎明期、標準映像(SD映像)を高精細なハイビジョン映像(HD映像)にクリエーションする高画質化技術DRC(Digital Reality Creation)を生み出した元ソニーの研究者であり、現在アイキューブド研究所の代表を務める現役の研究者だ。

「そもそもイノベーションというのは、知恵や情報が普遍化していくプロセスを指すものであり、たとえその革新を阻む課題があったとしても、時間とともに解消されていく性質のものです。これに対して、インベンションが自然発生することはありません。なぜなら開発に携わる者に自己否定を迫るものだから。ここから今一度、真に新しいものを生み出すことができるかどうか。これこそ、日本メーカーが問われている課題なのだと思います」

デジタルでしか成し得ないことを実現するため、ソニーへ

近藤が日本無線の研究所からソニーに転じたのは1980年。おりしもさまざまなエレクトロニクス製品が、アナログからデジタルに移行し始めた時期にあたる。

彼がソニーを新天地に決めたのは、「まだ誰も挑戦してないことにチャレンジする」ため。だが入社してみると、先進的と考えられていたソニーにおいてさえ、過去にとらわれた研究者が少なからずいたことに驚かされた。

「例えば、新人研究者が何か質問しに行っても、なかなか本質的なことを教えてもらえない。おかしいと思って理由を聞くと、『何十年も掛かって手に入れたノウハウを簡単に教えるわけがないじゃないか』と。確かに過去の成功は自信につながるものでしょうし、自分にしか持ち得ない情報はそれ自体エントロピー(価値)が高いので、守りたくなる気持ちが湧くのは理解できます。

でも、当時はアナログからデジタルへの大転換期。過去からの延長で発想したアイデアやノウハウを大事に抱え込んだところで、新しいモノなんて生み出せるはずはありません。おかしいなって思いましたよ」

takumi-kondo-02

80年代、世界の先端メーカーとして知られたソニーだが、社内は端境期を迎えていた

近藤の目には、研究者の多くが「アナログで培った資産をいかにデジタルに展開すべきか」に腐心しているように見えた。しかし、彼にはそうした考えに与するつもりはなかった。

「アナログをデジタルに置き換えるだけなら誰でもできます。わたしがやりたかったのは、アナログでは成し得なかったことを、デジタルで実現すること。アナログ時代の考え方を踏襲してデジタル化を進めようとは考えませんでした。ましてや自分だけのノウハウとして取っておこうなんて、思いもしませんでしたね」

実際、DRCを考案した時も、研究所内で自らのアイデアを口にする機会は多かったと言う。

「自分にしか知り得ないノウハウやアイデアを他者と共有することで、次の段階に早く進めると考えたからです。もしその情報に本物の価値があるなら、守ろうが守るまいが自然と広まるでしょうし、他人がそれを真似しても、自分は次の段階に進めばいいわけですから。情報のエントロピーが下がることを気にするより、自己否定を重ねながら、少しでも早く前に進む方がよっぽどいいと思いました」

技術力に自信があるからこそ、守らず、手放し、次に進む。それが彼の言う「自己否定」の意味するものだ。

ただ、自己否定には相応の痛みが伴う。

「理解してもらうのには相当苦労しましたし、社内のみならずアカデミズムの世界からも、『“鉛”をいくらいじったところで“金”にはならない。近藤のやろうとしていることは“錬金術”だ』と非難されました。もちろん彼らの言う通り、SD映像をいくらいじってもHD映像にはならない。ですからわたしは、SD映像の見栄え良く加工するような小賢しい手法は初手から捨てて、研究に臨んでいました」

“錬金術”ではなく“手品”に見出した高画質化の本質

当時に行われていた映像の高画質化とは、限られた画素を電子的に補った上で輪郭やコントラストを強調するという手法が一般的。高画質化というより、映像に“お化粧”を施すようなものが多かった。

これを「アナログ時代の考えを引きずった手法」だと考えていた近藤は、デジタル時代にふさわしいやり方を新たに編み出すことで、映像の高画質化に革命をもたらそうとしていた。

「データをサンプリングして捕まえられるのが、デジタルならではの特性の1つです。そこで、『捕まえられるなら置き換えられだろう』と気が付いたのが、DRCを発想する原点になりました」
(次ページへ続く)




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング Android 起業 えふしん スマートフォン アプリ開発 SIer 技術者 UI btrax Webサービス クラウド Apple スペシャリスト CTO Twitter Brandon K. Hill ギーク 英語 村上福之 Facebook Google デザイン IoT SNS ツイキャス 世良耕太 モイめし IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング 20代 UX 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby ITイベント Webエンジニア 中島聡 ビッグデータ 法林浩之 ウエアラブル iOS 五十嵐悠紀 LINE ドワンゴ ひがやすを ロボット 受託開発 モノづくり IT業界 コミュニケーション イノベーション ハードウエア MAKERS tips ゲーム 女性 ソーシャルゲーム Webアプリ SI インフラ iPhone 女性技術者 高須正和 マイクロソフト 研究者 UI/UX トヨタ 自動車 ノウハウ チームラボ 息抜き システム ソニー プラットフォーム Java メイカームーブメント オープンソース 和田卓人 エンジン グローバル 開発者 教育 イベント サイバーエージェント ソフトウェア 女子会 コミュニティ メーカー 家入一真 スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 40代 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 音楽 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る