エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン
  • TOP
  • キーパーソン
  • 旬ネタ
  • コラボ
  • ノウハウ
  • 女子部
  • キャリア

よく学び、よく働き、よく作る。独自進化した「モノづくり台湾」が面白い~Maker Faire Taipei 2015レポ【連載:高須正和】

タグ : FUSIONERA, Maker Faire Taipei, メイカームーブメント, 台湾, 高須正和 公開

 
高須正和のアジアンハッカー列伝

高須正和(@tks

無駄に元気な、チームラボMake部の発起人。チームラボニコニコ学会βニコニコ技術部DMM.Makeなどで活動中。MakerFaire深圳、台北、シンガポールのCommittee(実行委員)、日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』を行っています。日本と世界のMakerムーブメントをつなげることに関心があります。各種メディアでの連載まとめはコチラ

初めて台湾のメイカーフェアに参加したのは2013年、もう3年前になる。その時のレポートはココにまとまっているが、とにかく雰囲気がよかったのが印象的だった。

日本のDIYムーブメントは、無線・電子工作のディープなオタクカルチャーにその源流があると思う。アメリカのMakerムーブメントは、もともとヒッピーやバーニングマンの「自分たちで必要なものを全部作る」、いわば社会から外れたもう一つの場所を作る意図があった。

台湾のムーブメントはどちらとも違う。台湾の人に言わせると、「僕たちは、自分たちの手で立派なものを作り上げることにプライドがある」という。孔子の文化が残る国ではどこも、よく勉強することと、よく働くことが尊重されるけど、きちんと働き、形に残るものを作ることを尊ぶ価値観が台湾は強いそうだ。

台湾のメイカーフェアは、そういうカルチャーを感じさせられる、Makeがその国の文化の中心にあるような印象のフェアだった。

それから続けて参加した2015年、台湾のメイカーフェアは何倍にも成長し、アジアを代表するフェアとなっていた。

日本で言うと、メディア芸術祭とTEDxTokyoとニコニコ超会議とデザインフェスタとメイカーフェアが同時に開催されているような、「自分たちのクリエイティブを全部集めた」ようなものである。

看板の「メイカーになろう、今から、ここから!」という言葉が印象的

会場の人たちが笑顔ばかりなのも印象に残る

その中身を、大量の写真と一緒に紹介する。

オレの人生を見ろ!

去年訪れた時、印象に残っていた鉄工所のオヤジがいる。いかにもMakerらしい会心の笑い顔で、自分が作った破砕機を見せてくれた。
今年も同じオヤジがいた。破砕機は、カッコいいケースをまとって、「製品」になっていた。

自分の製品を売るために、会社を作ったんだよ!

2013年には、雰囲気はいいものの、ブースは手芸と教育のばかりが目立った台北のフェアは、何人かのMakerがスタートアップとして本気で食べていく姿が目立つようになってきた。

台湾は独自のクラウドファンディング『FlyingV』を持っているが、それに加えて『Kickstarter』や『Indiegogo』で話題になったプロジェクトも多い。歩いていて、「あ!これ見たことある!」と思える製品が置いてあって、作った人がプレゼンしているのはテンションが上がる。

日本でも話題のバランスホイーラー『Ninebot ONE』。台湾のクラウドファウンディング「FlyingV」から出てきたプロダクト

デルタ型の3Dプリンタ『FLUX』。レーザーカッターや3Dスキャナとしても使うことができるオールインワン3Dプリンタとして話題になり、『Kickstarter』で2億円近い164万1075ドルを集め、量産目指して試作中の話題のプロジェクト

より広く、高レベル化が目立つ

今回のスケールは、大学やメイカースペースなどの1グループで大量の出展物を出す出展者が増え、去年からの出展者も場所を拡大したため、全体では昨年の倍ぐらいになっている。

1年で倍ぐらいになると、流れに乗って出展してきた薄い出展者が入ってきて、レベルが低下したり熱気が薄れたりするものだが、台北ではむしろより濃くなり、高レベル化している印象があった。

ロボットホッケー

上の写真はエアホッケーをやっている様子をカメラで撮影して、リアルタイムでパッドを動かしてロボットが打ち返す「ロボットホッケー」。ハイスピードカメラを使っているのか、反応がとても早くてかなり強い。ロボットをある程度きっちりやらないと作れないレベルだと感じた。

衣服が膨らむ服

これは建築・服飾などを総合的に教えている大学の、ロボティクスファッションコースのゼミ。ゼミ生がそれぞれ作ったロボティクススーツを展示している。

これは全身にサーボを仕込んだアイアンマン型のパワードスーツ。学生の出展だけど、かなり工数を掛けているのは間違いない

今年は野外展示も多く、デザインフェスタで見られるようなアルゴリズミックな彫刻と建築物の中間のような展示が置かれていた。

水中ロボットも展示されていた

工作機械で積み上げて作ったというアート。アルゴリズミックな図形をホントに機械で積み上げるのは面白い

ここで取り上げたのは、どれも僕の記憶では去年のフェアにはなかったものである。

2年連続でメイカーフェアを見に来ると、半分以上の出展物は同じものが出ていることがある。大規模なモノ・作るのが難しいモノは時間が掛かる。ハードウエアの割合が多いもの、研究テーマが長期的なものは、ゆっくりと時間を掛けて進化していくものだ。

ただ、台北のフェアでは新作でしかもレベルの高いモノが集まっているのが見られた。これは、ムーブメントが大きくなり、国全体を巻き込んでいることを示していると思う。

TEDxのようなトークイベント『FUSIONERA』

メイカーフェア台北は、多くのオーガナイザーが協力して実現されている。全体というか、イベントの冠をつけているのは『Make:magazine』の台湾版の権利を取得して販売している出版社だ。他にロボコンマガジンの台湾版など、広く技術書を出版している。

協力してオーガナイズしているグループの一つが『MakerBar Taipei』で、これはBarという名前だけど実際はテックショップ(月額制や時間制で工作機械を借りられる場所)の運営をしながら『TEDxTaipei』の運営もやっている人たちだ。

『TEDx』をやるぐらいだから海外やアート系にもつながりが強く、今回は2日間『FUSIONERA』というイベントを開催した。世界中から集められたスピーカーたちが、15分ぐらいでMakeに絡んだ元気の出る話をするイベントだ。

『TEDx』は、アイデアをシェアするとよく言われるけど、「面白くて他人に広めたくなるような元気が出る話を聞く場所」と言う方が、実感に近い気がする。2日にわたって、台湾・中国本土・欧米・日本などから20名近いスピーカーが集まり、トークを行った。

FUSIONERAのエントランス

話題は、自分のプロジェクトの紹介、Make系の最新事情など、Makeに関係している人たちが聞いていて気分がよくなるような話なら何でもいい。僕も、台湾でのチームラボの作品『Circulum Formosa』や『未来の遊園地』などをテーマに登壇した。

僕の前は『MAKE:magazine』のAnneで、彼女が手掛けている『Fab Academy』の話をしていた。直前は『nabi』という韓国のアートセンタのSohがメディアアートの事例紹介。

FUSIONERAに登壇する、『MAKE:magazine』のAnne。装飾とか内装の欧米っぽいオシャレ感もTEDxっぽい

最後に初日午後のスピーカーたちと一緒に写真を撮った。僕は初日のトリ

この時期、台湾では『Fablab Asia Network』のカンファレンスも行われていて、『Makerbar Taipei』はそちらもサポートしている。『FUSIONERA』の会議場は2Fで行われていたのだが、1Fはまるまる『Fablab』やスピーカーの人のためのブースになっていた。

Fablab上海からの出展者

ニコニコ技術部、台北に現る!

台湾は、距離的に近いせいか、日本のカルチャーの伝播が早いし強い。

台湾科技大のロボットサークルは、なぜかニコニコ動画とニコニコ技術部が大流行した時期があり、他の国ではまずみない、ニコニコ技術部的なコンテンツが台湾のフェアには出されている。

一番ハマって、毎回ニコニコ技術部に影響された作品を作っていた台湾のwu_saiは、ついに2015年4月のニコニコ超会議、ニコニコ学会βブースにて作品を展示するに至った。

wu_sai。遊戯王のデュエルディスクに、立体投影を組みあせた作品

3年前からやりとりしていて、日本のイベント登録について教えたり、僕の資料を中国語に訳してもらったり、交流は続いている。それに答える意味もあり、今回日本のニコニコ技術部で声がけをして、10人近いグループがそれぞれの作品を持って、NT台北(ニコニコ技術部では、NTのあとに地名を付けてイベントをするのが慣例になっている)としてメイカーフェア台北に乗り込んだ。

「Nico-TECH:」として英文のバナーも作成

コアラのマーチを振って砕いて玉にする機械や、初音ミクの「あの楽器」と「男の娘」、「コスプレ」、「FPGA」など、ニコニコ技術部らしい展示は台北の人たちにも喜ばれたようだ。

一番人気だった、コアラのマーチを振る機械。コアラのマーチは台湾のコンビニでも大人気

「コスプレ」「男の娘」「あの楽器」など、「台湾よ、これが日本だ」と言わんばかりのラインナップ

もちろん、wu_saiの友だちも作品を展示している。

僕らニコニコ技術部のブースの周りは、wu_saiの出身サークル、台北科技大機器人部だったのだが、wu_saiが卒業した後もニコニコ技術部の感性が感じられる、技術的に高度ながらファニーな作品を作っている。

台湾の人が作った「ミクさんに武器を持たせる」

なんと等身大の初音ミクロボットも開発中

このダンボール外装ながら、人間に近いサイズでジャンプするのカンガルーロボの動きやは日本からのニコニコ技術部の魂をがっちりつかんでいた。

カンガルーロボ。エアコンプレッサーでジャンプする

僕らは間違いなく、もっと大人数で来年台北に訪れるだろう。

wu_saiは今年8月1日から2日で行われる、Maker Faire Tokyo 2015にも出展が認められたそうだ。ぜひブースを訪れてもらいたい。

何でも作っている、これがメイカーフェア

まるでニコニコ超会議ばりにさまざまなクラスタが出展しているため、全部は紹介しきれないが、「その場で作っている」人たちのブースはより「メイカーフェア」感が高まるように思う。

このブースでは、ガリガリと木工中

今回も最大規模のブースを構えていた『Pinkoi』。Pinkoiは手芸、レザークラフトなどの自作工芸品を直接売るプラットフォームで、台湾で大人気

こちらではNCが稼働中

巨大フレネルレンズを使って木の板に焼き印するデモ

日本との交流がもっと進むといいと思う

ほかにも、丸1日を使って行われた「ヘボコン」、「ロボコン」、「ムダガジェット決定戦」などが「競技スペース」として新設された場所で行われていて、そちらはほとんどチェックできなかった。

全体的に感じるのは、僕らが見て共感できる出展物が多いことだ。

ムダだけど作りたいから作った工作、細かいところに手をかけた工芸品、アニメやマンガへのオマージュ……。ベイエリア・シンセン・シンガポールなどのフェアに比べて、東京のメイカーフェアと通じるような出展物がそれなりにある。wu-saiのように、東京まで出展しにくるメイカーもいた。日本からの出展も、ニコ技以外にもいくつも見られた。

京都あたりからメイカーフェア東京に出展しにくることを考えると、飛行機代や滞在費含めてむしろ安くつくぐらいで行けくことができる国でもあり、いろんな意味で、日本のメイカーフェアからさらに別の場所に出してみたい人にとってオススメのフェアだと思う。

来年もとても楽しみにしている。

告知です

【1】Maker Faire 深圳 2015は6月19日(金)~21日(日)に行われます。こちらについては実行委員をやっています。申し込みはもう締め切ってしまいましたが、アジアでもっとも盛り上がってるフェアだと思います。来場お待ちしています。

【2】Mini MakerFaireシンガポールが、7月11日(土)~12日(日)に開かれます。こちらも日本語で申し込みができるようになっていますし、日本からまとめて出展するアレンジも行っています。

【3】7月25日(土)~26日(日)東京・秋葉原のDMM.Make AKIBAにて、出展自由の物作り系イベント NT東京2015を行います。また、去年大好評だったギーク向けダンスパーティー「新宿メイカーズクラブ」を25日(土)の夜に行います。こちらも出展・来場お待ちしています!

>> 高須正和氏の連載一覧




人気のタグ
業界有名人 スタートアップ 開発 SE 転職 エンジニア プログラマー Web スキルアップ ソーシャル アプリ シリコンバレー キャリア プログラミング 起業 Android スマートフォン えふしん SIer 技術者 UI アプリ開発 Webサービス クラウド btrax スペシャリスト Apple ギーク 英語 CTO Twitter Facebook デザイン 村上福之 IoT Google SNS Brandon K. Hill ツイキャス モイめし 世良耕太 IT 30代 採用 赤松洋介 コーディング UX 20代 勉強会 プロジェクトマネジメント Ruby 中島聡 ITイベント 法林浩之 ビッグデータ Webエンジニア ウエアラブル 五十嵐悠紀 LINE ひがやすを ドワンゴ モノづくり 受託開発 IT業界 ロボット コミュニケーション ハードウエア MAKERS tips ソーシャルゲーム インフラ SI Webアプリ 女性 ゲーム iPhone イノベーション 高須正和 女性技術者 UI/UX トヨタ マイクロソフト iOS 研究者 チームラボ 自動車 ノウハウ システム プラットフォーム 息抜き 和田卓人 グローバル オープンソース メイカームーブメント 開発者 イベント エンジン 教育 ソニー サイバーエージェント Java 女子会 コミュニティ 家入一真 メーカー ソフトウェア スーパーギーク 増井雄一郎 GitHub 人工知能 IPA 音楽 日産 テスト駆動開発 ソフトウエア 40代 TDD ニュース モバイル PHP TechLION

タグ一覧を見る