原子力損害賠償・廃炉等支援機構

原子力損害賠償・廃炉等支援機構

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の中途採用情報です。同社の募集している職種の仕事内容や給与、応募資格などを知ることができます。後から見たい場合は検討中リストに保存すると便利です。

  • 求人情報

掲載終了予定日:2016.10.10

セレクト表示モード停止中

利用する

【システム管理】“技術”視点を持って情報管理の体制を構築・維持・改善できる人を募集します。

  • 正社員
原子力損害賠償・廃炉等支援機構の求人
バックオフィス全般の経験を広く積みたい方、お待ちしております。

設立5年目。本格的に動き始めた組織を、
情報管理の観点から支えるのがあなたです。

私たち原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、
名前の通り、原子力発電所に関する損害賠償手続きの支援と、
将来的な廃炉に向けた計画を実行していく組織です。

官公庁や民間企業を問わず、各界の有識者や技術者が集い、
賠償支援と廃炉という二つの目標に向かって、日々邁進しています。

2011年に設立されて今年で5年目。
組織の人員は150名を超え、
賠償支援や廃炉に向けた計画も順調に進んでいます。

組織柄、出向という形で有期で働くメンバーが大半。
元々は異なるバックグラウンドを持つメンバーが一堂に会しているため、
プロパーの管理部門として、いかにして組織の「色」を作り、
みなが働きやすい環境を作りあげていくが非常に重要です。

そこで、組織全体の基盤固めを見据え、
共通基盤としてのルールや仕組みなどを“情報”整備の観点から確立する
バックオフィス部門のメンバーを募集することになりました。

公的な組織と聞くと、部門ごとの区分が明確で、
いわゆる“セクショナリズム”を想像されるかもしれません。

ですが、当組織はむしろその逆。
設立から日が浅く、まだ多くのことが定まっていないからこそ、
各人が線引きをすることなく、幅広い業務をする必要があるのです。

特に、管理遂行体制や規程等ルールの再整備、
それらを確実に回すための情報システム等の仕組み構築、維持、改善など、
業務を健全に稼働させるため、広い意味での“情報”を
効果的に全役職員に提供する仕事は、当機構での重要性が増してきています。

まさに、あなたのご経験が当機構の未来を形作るカギとなります。

私たちとともに組織を作り、新しい一歩を踏み出していきませんか?

応募へのアドバイス

◆応募フォームで編集した内容は途中保存することも可能です。

◆技術スキルや開発経験が必須条件を満たしているか 分からない、不安な方は、
書類選考に進んでみてください。企業が求める経験と自分の職歴に類似点があるなど、厳密に条件を満たさなくても採用に至った事例は数多くあります。

この求人の特色アイコンの説明

  • 業界未経験歓迎

募集要項

原子力損害賠償・廃炉等支援機構が募集している求人の詳細です。

仕事内容

具体的にどんな仕事?

主に、情報システムの管理、文書・規程類等の管理、および、広く情報管理等をお任せします。
当面は、これまでのご経験やスキルに合わせ、出向により頻繁に入れ替わる役職員の情報システム利用環境の整備や
次期システム導入への支援を中心にお任せしていきますが、
業務領域が多岐にわたるため、将来的には幅広くバックオフィス業務に携わっていただきます。

この仕事の魅力は?

組織としてまだ新しいため、特にバックオフィスの部門においては、
基盤がしっかり整っているというわけではありません。
その分、各人が決められた業務だけをこなすのではなく、
周りの人員が働きやすいような組織作りを目指し、
周りと連携しながらさまざまな業務を進める中で、
組織とともに、あなた自身も成長を感じられるはずです。

どんな経験・スキルが
活かせる仕事?

情報システム管理、規程やマニュアル、起案などの文書管理、
法的視点からの各種書類の作成と管理などのご経験をお持ちの方は、
経験・スキルを活かして働けます。

募集背景

2011年に設立されて今年で5年目。組織の人員は150名を超え、
賠償支援や廃炉に向けた計画も順調に進み始めている今、
組織の基盤固めが必要になってきています。

職歴・スキルなどの必須要件

■大卒以上
■システム管理、総務、経理いずれかのご経験をお持ちの方

歓迎する職歴・スキル・志向

≪下記のような方を求めています≫
◎決められた業務だけでなく、主体的にさまざまな業務に取り組める方
◎組織全体を俯瞰でき、改善・改革に向けた計画を立案・実行できる方
◎当機構の理念やビジョンに共感できる方

入社後の想定給与

■月給30万円〜(年額500万円〜)
※年齢・経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇します。

≪給与モデル≫
[年齢]/[年収]/[月収]
30歳/520万円/32.0万円(独身)
35歳/560万円/34.3万円(独身)
38歳/600万円/36.5万円(独身)

※1 月収は俸給月額と地域手当の合計額です。
※2 年収には賞与が含まれています。
※3 その他、残業手当、扶養手当、通勤手当、住居手当の支給があります。

勤務地

■東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館5階

交通・通勤手段

■銀座線「溜池山王駅」9番出口より徒歩4分
■南北線「溜池山王駅」9番出口より徒歩4分
■銀座線「虎ノ門駅」3番出口より徒歩6分
■丸の内線「国会議事堂前駅」3番出口より徒歩7分
■千代田線「国会議事堂前駅」3番出口より徒歩7分

勤務時間

■下記の3パターンから勤務時間を選んで働けます。
(※月単位や担当業務に応じての変更も可能です)

【1】8:30〜17:15
【2】9:00〜17:45
【3】9:30〜18:15

※いずれも実働7時間45分、休憩1時間(12:00〜13:00)

休日休暇

■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■慶弔休暇
■夏季休暇
■年末年始(12月29日から翌1月3日まで)
■年次有給休暇
■産前産後休暇
■育児休暇
≪年間休日120日以上≫

待遇・福利厚生

■昇給あり
■賞与あり
■各種社会保険完備
■残業手当全額支給
■各種手当
□扶養手当
□地域手当
□通勤手当
□住居手当
□超過勤務手当、
□期末手当 など

※試用期間3ヶ月あり(条件・待遇は同じです)

企業概要

原子力損害賠償・廃炉等支援機構の企業情報です。

事業内容

大規模な原子力損害が発生した場合において、原子力事業者の損害賠償のために必要な資金の交付等の業務を行うことにより、原子力損害賠償の迅速かつ適切な実施及び電気の安定供給等の確保を図ることを目的として、平成23年9月12日に原子力損害賠償支援機構が設立されました。
平成26年8月18日からは原子力損害賠償支援機構法の一部を改正する法律の施行に伴い、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に改組し、廃炉等の適正かつ着実な実施の確保を図ることを目的に加え、新たに廃炉等を実施するために必要な技術に関する研究及び開発、助言、指導及び勧告の業務も行っております。

設立

平成23年9月12日(登記申請日)

資本金

140億円(内訳) 政府出資:70億円/原子力事業者等12社70億円

代表者

理事長 山名 元 (京都大学名誉教授・前 国際廃炉研究開発機構理事長)

応募について

選考プロセスをはじめ、応募時に必要な情報や連絡先を確認できます。

選考プロセス

  1. STEP 01

    Web応募書類による書類選考

  2. STEP 02

    面接(人事総務担当者)

  3. STEP 03

    面接(採用部門・部門長)

  4. STEP 04

    内定

【@type】の専用応募フォームからご応募下さい。
※面接に進まれた方には、履歴書・業務経歴書・自己PR文の提出をお願いしています
※応募の秘密厳守します
※応募書類はご返却できませんので、予めご了承下さい

◆面接日、入社日はご相談に応じます。お気軽にお問い合わせ下さい
◆結果については合否に関わらずご連絡致します

ホームページ

原子力損害賠償・廃炉等支援機構 http://www.ndf.go.jp/

連絡先

〒 105- 0001

東京都港区虎ノ門2−2−5

総務グループ採用担当

E-mail / 企業に問い合わせる

取材メモ

取材担当者が感じた会社の魅力や特徴を紹介します。

「原子力」や「損害賠償」といった単語が入った、公的に近い組織名を見て、自由な風土の組織であることを想像する方は多くないだろう。ご多分にもれず、記者もその一人であった。しかしその予想は、取材開始後、間もなくして裏切られることとなる。いわゆるお役所的なカタい雰囲気はそこにはなく、むしろどちらかと言えば、ベンチャー企業が持つような、既存の枠組みを疑い、新しいことに積極的にチャレンジしていこうという気概が感じられる空気があった。官民問わずスペシャリストが集う、まだ新しい組織。その組織の管理部門として、基盤固めに携われる機会は、非常に珍しいのではないだろうか。バックオフィス経験を持つ方であれば、確実に成長できる環境があると言える。ぜひこのチャンスを見逃さずに応募してみて欲しい。

  • 応募フォームへ
  • 検討中リストへ追加すると、
    掲載終了日前にメールでお知らせします(会員限定)

    検討中リストに入れる
  • 掲載終了予定日:2016.10.10    ≪応募が集中した際は、掲載終了日前に募集を終了する可能性があります≫

この企業が同時募集している職種

原子力損害賠償・廃炉等支援機構のその他の求人です。

転職活動・求人応募についてよくある質問

Q.なかなか求人への応募に踏み切れない場合、どうしたら良いでしょうか?

興味のある求人を見つけたら、早めのご応募をお勧めします。 応募後の面接は、企業の採用担当者や社員と直接話すことができる絶好のチャンス!
企業の雰囲気などを感じることで、より良い転職活動に繋がります。まずは企業との接点を持つことが大切です。

Q.応募資格を満たしていない場合、応募はできないのでしょうか?

企業により異なりますが、応募資格を満たしていない方が採用に至った事例も多数ございます
不安点は面接時に質問するか、応募前に企業へ確認することをお勧めします。その際には、求人ページ内にございます「連絡先」へお問合せください。

Q.すでに別の求人に応募し、選考が進んでいます。他にも気になる求人があるのですが、応募しても良いのでしょうか?

複数社へ同時に応募することに問題はございません。同時に複数社の選考を進めることで、効率的に転職活動が行えるだけでなく、
転職先企業の決定時に比較検討が可能となり、失敗しない転職へと繋がります
。複数内定の獲得を目指して、積極的に応募しましょう!

この求人を見た人は、これらの求人も見ています。

あなたと同じ志向の人が注目している、オススメ求人の一覧です。

IT・通信・Webエンジニアのピックアップ企業

@typeのオススメ企業の求人をピックアップ!


同一カテゴリの求人をもっと見る

今見ている求人が含まれる職種や勤務地、こだわり条件などのカテゴリからほかの掲載企業の転職・求人情報を探すことができます。

その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。