センスが試される「グラフィックデザイナー・イラストレーター」の仕事内容とは?

グラフィックデザイナーやイラストレーターはデザインのセンスが問われる職種です。アートという特殊な業界・職場であることから、求められるスキルも、仕事内容も他の業界とはまた違います。グラフィックデザイナー・イラストレーターの転職を考える前に知っておきたい、仕事内容や必要なスキルを紹介します。

グラフィックデザイナー・イラストレーターの仕事内容

グラフィックデザイナーとイラストレーターは厳密には異なります。グラフィックデザイナーがパソコンソフトを使ったデザインの仕事であることに対し、イラストレーターは基本的には手書きのデザインを扱う仕事です。基本的には、カタログやポスターなどの印刷物の作成を行います。デザインの仕事は、納期が優先されるため、納期前は忙しく、残業や休日出勤することもある職種です。

グラフィックデザイナー・イラストレーターになるには

グラフィックデザイナーやイラストレーターになるには、一般的に広告制作会社や印刷会社などに就職することがはじめの一歩です。一般的には、就職後は一定期間アシスタントとして働くことになります。

グラフィックデザイナー・イラストレーターに必要なスキル

グラフィックデザイナーやイラストレーターに転職する場合は、あらかじめ求められるスキルを身につけておくことが大切です。特にグラフィックデザイナーになるには、よく使用されるIllustrator photoshop の知識はよく勉強しておきましょう。また、印刷物を作成するのに必要なDTPや色彩検定の資格を取得していると転職に有利になります。

資格以外に求められるスキル

デザインの仕事で必要なことは、デザイン能力だけではありません。依頼者とデザインのすりあわせをすることも仕事のひとつであるからです。どれだけ依頼者の意見を組み込んで、良いものを作るのかが求められます。そのため、コミュニケーション能力 が求められるスキルのひとつとして考えていた方が良いです。

転職に向けたポートフォリオの制作

ポートフォリオとはこれまでに作成した作品群のことです。採用試験の際にポートフォリオは必要書類のひとつとして求められることが少なくありません。ポートフォリオのメリットは、企業側は面接だけでは分からない受験者の実力を知ることができるということです。制作物に自信がある受験者にとってはアピールポイントとして活用することができます。未経験者でもグラフィックデザイナー・イラストレーターになることはできますが、しっかりしたポートフォリオを制作するためには、グラフィックに関わる知識は必要です。

グラフィックデザイナー・イラストレーターの年収事情

グラフィックデザイナーやイラストレーターの年収は約300万円から500万円です。働き方や、働く企業によっては年収1,000万円を超える例もありますが、基本的には年齢と共に年収が上がっていく傾向にあります。
グラフィックデザインやイラストレーターの仕事は、パソコンソフトを使う業務に移行しつつありますが、将来的にもまだまだ需要のある仕事です。転職するには、まずはデザインに関する知識・制作スキルをつけることが大切になります。ある程度の知識を積んだら、どういった会社に就職したいのか具体的に決めることが転職を成功させるためのポイントになります。
人気急上昇求人
特集一覧

転職の鍵は「マッチング」!転職成功のためのお役立ち情報

転職市場全体のトレンドワードとして、「マッチング」という言葉があげられます。
転職市場は政治経済面の好影響から企業の採用活動が積極的に行われており、非常に活発になっています。
最近では求職者にとって仕事の選択肢が多い売り手市場であることから「転職者有利」とも言われていますが、企業側と求職者が求めているそれぞれの条件をきちんと把握しないまま応募し、入社した際に、「認識と違った。」といったような「ミスマッチ」も起こりやすいのが現状として有ります。
そのため、企業側が本当に求めている条件を見極め、求職者は譲れない条件や自己分析をしっかりして「マッチング」の高い企業へのが入社が転職成功の鍵といえるでしょう。

自分にマッチする求人を探す