社会人でもチャンスあり!看護師になるには

医療の現場で活躍できる看護師はまだまだ人手不足で需要が多い分野です。資格の勉強を怠らなければ、社会人からでも十分転職することが可能と言えます。ここでは、看護婦になるにはどうしたら良いのかをご紹介しますので、転職を考えるならヒントにしてみてください。

看護師になるには?

看護師の仕事は主に患者のケアを行う仕事で、医者の治療の補助や手術の際のサポート、患者の治療記録の作成等様々あります。
具体的には血圧や体温の測定、注射や点滴、食事やお風呂のお世話等です。専門的な知識と技術、真心や気配りが必要になります。医学的な知識はもちろん、普段から患者さんとコミュニケーションを取れる人材が向いており、スキルとしてもホスピタリティな対応を求められます。
看護師になるためには、専門の学校で知識を身につけ、国家試験を受験する資格を得ることから始まります。国家試験に合格することで、看護師になれるのです。

社会人からでも看護師になれる!

社会人から看護師になるためには、国が指定する学校に入学する必要があります。3年の看護専門学校や3年の看護系短大、4年の看護系大学です。
それらの専門の学校に入学するためには、独学、予備校、通信教育で学ぶ手段があります。
社会人は自分の時間に適した方法で学ぶと良いでしょう。もしも独学で学ぶ人でも、大手予備校の模試は受験することがオススメです。過去問や、国家試験問題の受験ガイドを送付してくれることもありますし、試験の結果から自分のレベルや弱点を知ることができます。

看護師の仕事はどのくらいお給料がもらえるの?

看護師は圧倒的に女性が多い職業です。それでも収入は比較的に高い水準にあり、女性の年収としてはかなり高額になっています。2014年の平均月収は約33万円、年収は約472万円です。看護師の手取りはおおよそ29万円と推測できます。
看護師の深刻な人手不足で需要が高いことに加え、仕事は立ちっぱなしのハードワークであること、休日や夜間にも出勤があること等が比較的収入が多い理由です。また、看護師の仕事は激務である上に精神的にも大変になります。患者や家族からの苦情対応、患者の精神的なフォロー、最新技術の習得等、激務にありながらやるべきことが多いことが実態です。だからこそ、やりがいを感じることが多いでしょう。

しっかり学べば国家試験に合格できる!

看護師になるための国家試験の難易度は決して低くはありませんが、しっかり専門の学校で専門知識を学べば合格できる範囲です。例年の合格率は90%前後を推移しています。社会人から看護師を目指す場合でも、ポイントを学校で学べば合格できるレベルでしょう。効率よく時間を作って勉強すれば、合格の可能性はグッと高まります。

看護師のやりがい!

看護師の仕事は人の命に関わる崇高な仕事です。その分死と向き合ったり、病に苦しむ人の身近に寄り添ったり、強い精神力を求められます。並大抵の覚悟では務まらないでしょう。
くわえて、肉体的な負担も非常に大きな仕事です。常に立ちっぱなしで、休憩や休日の自由がきかず、週の内何度か夜勤が発生します。患者と家族のフォローも激務と言えます。ですが、患者や家族からの感謝の気持ちを受け取れることは、他の職業では味わえない達成感を覚えられるでしょう。

看護師の資格を活かせる職場

看護師の資格を取得すると一般的には病院での勤務になりますが、他にも様々な現場で資格を活かすことができる仕事です。
企業等に勤務する、産業看護師、福祉施設等の他に、幼稚園、保育園、託児所での勤務等、子供好きの人には適した職場になります。
その他、ツアーナースやイベントナース等、1日だけのイベント会場での勤務や、海外旅行等に付き添う看護師の募集も多くある職業です。
看護師の仕事は大変なことも多いですが、やりがいを多く感じ取れる職業です。看護師の需要はまだまだ高い傾向にあり、社会人からの転職の道も大きく開けた職種と言えます。看護師を目指すなら、まずは専門の学校への入学を目指し国家資格を取得しましょう!
人気急上昇求人
特集一覧

転職の鍵は「マッチング」!転職成功のためのお役立ち情報

転職市場全体のトレンドワードとして、「マッチング」という言葉があげられます。
転職市場は政治経済面の好影響から企業の採用活動が積極的に行われており、非常に活発になっています。
最近では求職者にとって仕事の選択肢が多い売り手市場であることから「転職者有利」とも言われていますが、企業側と求職者が求めているそれぞれの条件をきちんと把握しないまま応募し、入社した際に、「認識と違った。」といったような「ミスマッチ」も起こりやすいのが現状として有ります。
そのため、企業側が本当に求めている条件を見極め、求職者は譲れない条件や自己分析をしっかりして「マッチング」の高い企業へのが入社が転職成功の鍵といえるでしょう。

自分にマッチする求人を探す