接客・販売のプロ!販売・サービス職に就くために必要な経験、仕事内容とは

人々の生活と密接している販売のお仕事は、たくさんの求人があります。ただ、販売と言っても、モノを売るだけではありません。お客様とコミュニケーションを取ったり、目標を達成するための計画を立てたり、そのお仕事や考え方はさまざまです。販売・サービス業のお仕事は、どういったものなのでしょうか。

販売・サービス職の仕事内容とは

販売・サービス職とは、その名の通り、お客様への販売が主な業務となる職種です。百貨店やスーパー等での対面販売や飲食店等の接客のみならず、販売促進のための販売の戦略づくりなど販売に関するすべてがこの職種の業務内容となります。

販売・サービス職に必要なスキル

販売・サービス職に必要なスキルで絶対にはずせないのがコミュニケーション能力 です。顧客への商品説明の際の説明力、顧客が求める商品・サービスを理解する力は当然必要ですが、最高のサービスを顧客に提供するためにはスタッフ間での情報共有も欠かせません。それらすべてに共通して必要なのがコミュニケーション能力です。
また、それ以外にも商品陳列のセンス、POPの色使い、販売スキルから、在庫管理や売上予測など顧客への商品やサービスの販売にはあらゆる知識が必要とされます。顧客の需要を考え、販売する商品の魅力をいかに伝えられるかが販売のコツ。それらのスキルを高めるためには、日本商工会議所が主催している販売士検定試験(リテールマーケティング検定試験)が最も有効な手段です。前述した販売に関するスキルや知識を幅広く身につけることができ、また流通系職種唯一の公的資格であるため、その信頼度は非常に高いです。販売職を目指すならぜひ取得しておきましょう。

販売・サービス職になるには

販売・サービス業は全国各地に多く存在するため、その職種を見つけることは容易です。ただ、販売する商品やサービスも非常に多種にわたるため、自分の興味のある業界をいくつかピックアップして挑戦すると良いでしょう。入社してすぐは実際に店舗での販売が主な業務になりますが、昇格や雇用区分によっては、現場から離れてマーケティング戦略や販売戦略を立てる部署への異動もあります。そういった内容に興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。

販売・サービス職の平均年収

販売・サービス職の平均年収は340万円程です。大手チェーン店などの本社勤務になるとおよそ500万円程度の年収が見込めます。
 販売・サービス業は門戸が広く、業種や業態も多岐にわたるため年収にも個人差があります。勤務年数や社内研修等で昇任・昇格できる企業がほとんどなのでぜひチャレンジしてみてください。また、転勤が可能な方は本社勤務を狙ってみるのも良いでしょう。
販売・サービス職は日本の娯楽や消費行動を支えていると言っても過言ではありません。人と接することが好きな人はぜひ挑戦してみてください。
人気急上昇求人
特集一覧

転職の鍵は「マッチング」!転職成功のためのお役立ち情報

転職市場全体のトレンドワードとして、「マッチング」という言葉があげられます。
転職市場は政治経済面の好影響から企業の採用活動が積極的に行われており、非常に活発になっています。
最近では求職者にとって仕事の選択肢が多い売り手市場であることから「転職者有利」とも言われていますが、企業側と求職者が求めているそれぞれの条件をきちんと把握しないまま応募し、入社した際に、「認識と違った。」といったような「ミスマッチ」も起こりやすいのが現状として有ります。
そのため、企業側が本当に求めている条件を見極め、求職者は譲れない条件や自己分析をしっかりして「マッチング」の高い企業へのが入社が転職成功の鍵といえるでしょう。

自分にマッチする求人を探す