自分を磨く、キャリアをつくる。転職サイトはアット・タイプ


毎週火・金曜日更新

 

 
 

 

「転職できる力」養成講座 その1 : 『20代で人生の年収は9割決まる』

@type編集部が注目する、今話題のビジネス書の中から、転職における市場価値をUPさせるためのスキル・知識・ノウハウをご紹介します。

倒産はチャンス? 斜陽産業で働くことのメリット

本日は、元アマゾンのカリスマバイヤーであり、
ビジネスパーソンに人気の有名メルマガ「ビジネスブックマラソン」の編集長を務める
土井英司さんが書いた、『20代で人生の年収は9割決まる』を紹介します。

『20代で人生の年収は9割決まる』とは随分大胆な主張ですが、
じつはこれ、人材業界では、常識中の常識。
ある人物のキャリアが成功したかどうかは、35歳以降、
転職市場で求められる人材になり、給料を上げ続けられるかにかかっています。

そのために、20代をどう過ごすか。本書には、そのエッセンスが詰まっています。
冒頭には、就職する会社をどう選ぶかが書かれていますが、
ここで通常は、いま人気の業界・企業を選んでしまいがち。

しかし、著者の言うように、あえて斜陽産業を選べば、
業界に長年蓄積されたノウハウを吸収することができるのです。

そんなところに就職して会社が潰れたらどうするかって?

著者は、「倒産は、会社のしくみを経営者感覚で学べる、貴重なチャンス」と言います。
1997年に自主廃業した山一証券の出身者が、
いまもなお活躍していることからも、それはうかがい知れます。

ほかにも、イーベイ出身者がアマゾンで活躍したり、
業績が悪化したセガ・エンタープレイゼスから有名ITベンチャーの取締役が出たり。

転職を視野にいれて活動するなら、斜陽産業で自分を鍛えてみるのも悪くないものです。

最強の自己PR! 「損益計算書の順序」に注目する

本書には、面接での自己PRの極意も書かれていますが、
ここで述べられている「4つのなぜ?」が言えれば、志望動機は完璧です。

「なぜこの業界なのか?」
「なぜこの会社なのか?」
「なぜこの仕事なのか?」
「なぜ自分なのか?」

ほかにも、「質問しつつ地頭力を見せる」テクニックなど、
転職者に役立つ実践的なノウハウがたくさん詰まっています。

そして、採用面接の際、じつは見られている「ビジネスセンス」。

これを高めるために、本書では、6つの視点を提示しています。
<「たくさん魚を釣ってこい」と言われたら、「大きい池・小さい池」どっちを選ぶ?>
<大陸と島と橋、どれを買う?>
いずれも考えさせられる質問ですが、これらを解くことで、
ビジネスセンスを高めることができるのです。

さらに本書では、会計が苦手な人でも、数字をふまえた自己PRができるようになるための、
損益計算書の画期的な読み方を提案しています。

1. お客様
2. 取引先
3. 社員
4. 銀行
5. 株主

「損益計算書の上から順に大切にしろ」と説く本書のルールに従えば、
面接の場でどんなアピールをすればいいか、わかるでしょう。
そう、あなたがお客様に対して、取引先に対して、
そして職場を良くするためにどう貢献してきたか、これがアピールできれば、
転職の成功率はグッと高まります。

就活から35歳の転職までを説いた本書を読んで、ぜひ転職力アップを実現してください。

この書籍に興味を持った方にオススメの求人特集はこちら

その他の記事を読む

今週紹介する書籍

20代で人生の年収は9割決まる

20代で人生の年収は9割決まる

土井英司・著
(大和書房・1,365円)

@typeのおすすめサービス

サイトでは検索できない非公開求人をキャリアアドバイザーがご紹介。さらに、職務経歴書の書き方や、受かる面接のコツなど、転職ノウハウを伝授!
情報を登録しておくだけで、あなたに興味を持った企業の採用担当者から直接スカウトが届きます。
「スキルマッチング」「希望条件マッチング」「足あとマッチング」の3つのマッチングで、あなたに最適な求人をお知らせします。
正社員で成長したい女性のための転職サイト!
「女性管理職がいる」、「働くママ歓迎」など、女性ならではのこだわり条件から求人を検索できる!