勤続年数や転職回数の壁を乗り換える20代の転職のポイント

20代で転職するときは、現在の会社での勤続年数や自分の転職回数など、さまざまな悩みがあると思います。若いうちに転職活動をするときのポイントを見てみましょう。

勤続年数や転職回数の壁を乗り換える20代の転職のポイント

悩み1:勤務年数が短い場合

新卒で会社に就職したものの早期に退職してしまった場合、その後の転職が不利になると考えているかもしれません。勤続年数は転職活動に影響を与えるため、今後どう行動すべきか気になると思います。

じつは、転職市場において、新卒から3年以内に退職してしまった人のニーズは決して低いものではありません。

第二新卒と呼ばれますが、20代は仕事の吸収力が高く社会人としての基礎スキルがあり、前の会社のカラーに染まり過ぎていないとみなされるからです。勤続年数が半年未満だと厳しいですが、2~3年働いている人は転職活動時に将来性を評価されやすいと思います。

第二新卒で転職を成功させるには、前職での仕事内容から得たスキルを基に志望理由や自己PRを考えるのがおすすめです。同じ業界なら、前職で得た専門技術をアピールするのもよいです。異業種からのキャリアチェンジの場合、会社側は基本的な社会人スキルを期待しているので、前職で得た仕事の考え方を売り込みましょう。たとえば、PDCAの考え方やビジネスマナーなどが挙げられます。

悩み2:転職回数が多い場合

転職活動が多い人は「ジョブホッパー」と呼ばれ、マイナスイメージを持たれることも少なくありません。

では、20代の転職回数は、何回くらいになると「多い」と見なされるのでしょうか。
20代の転職回数として、2回以上になると、「多すぎると感じる」という意見が見受けられます。30代では、3回以上になると多いと見られやすいようです。

この回数を上回ると、転職回数が多すぎるとみなされやすく、転職活動にも不利に作用するケースがあります。どの企業も、採用後の定着率を重視しているからです。

とはいえ、転職回数が多いからといって、必ずしも不採用とされるわけではありません。きちんとしたキャリアイメージを持ち、会社に見合ったスキルやキャラクターを持っていれば、採用される可能性は多分にあります。会社に入った後の長期的なビジョンを志望理由に加えると、履歴書や面接での評価もよくなるはずです。

悩み3:経験不足(スキルや資格がない)の場合

一般的に、資格を持っていると転職に有利だと言われています。専門職に携わることでスキルが磨かれるケースもあります。一方、資格がなかったり経験不足だったりすると、転職が難しいと思うかもしれません。

たしかに、資格を習得すると対外的にスキルを証明できます。しかし、資格や強みがなくとも、転職活動の際にスキルをアピールすることはできます。

社会人経験で身に付けたスキルはすべて役立つものです。基本的なビジネスマナーを習得しているだけでも、会社側からすると研修期間が短縮できます。

このように、ひとつひとつのスキルを洗い出して志望理由にすると、無資格でも不利にならずに転職活動が進められるのです。

悩み4:異業種に就きたい場合

最初の会社に就職し、社会人人生に慣れてきた頃にキャリアを見直したいというケースもあると思います。しかし、異業種への転職は厳しいです。

通常、会社は過去の実績を基に判断し、即戦力として活躍できる中途入社の人材を採用します。異業種や異業界からの転職を受け入れる場合、新人を採用するのと同等の育成期間が必要になるかもしれません。会社は中途採用者に対し、それだけのコストをかけたくないと判断する可能性もあるのです。

しかし、若いうちなら異業種の転職も不可能ではありません。前職で身に付けたスキルと将来のキャリアビジョンを紐づけ、志望理由を作ることがポイントです。その会社で働くにあたって、長期的なビジョンを提示できれば採用される可能性はあります。また、どんな仕事でも人とのやりとりは必要なので、コミュニケーション能力の高さがアピールできるとよいでしょう。

自分の想いをポジティブに伝えよう

若いうちの転職活動は大きな決断であり、さまざまな悩みが付いて回るものだと思います。今後、新たなステージで働きたいという想いをポジティブにアピールできれば、よい転職活動ができることでしょう。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。