転職で給与を大きく上げるための転職適齢期はいつだ!

今の職場では給与が少ない! という理由から、転職を決意する人が少なくありません。しかし「今は不況だし、そうそう今の給与を上回る仕事はない」と思いがち。その思い込みから転職を断念している方もいるでしょう。では実際に、転職をすると給与はあがるのでしょうか?

転職適齢期

今の職場では給与が少ない! という理由から、転職を決意する人が少なくありません。しかし「今は不況だし、そうそう今の給与を上回る仕事はない」と思いがち。その思い込みから転職を断念している方もいるでしょう。では実際に、転職をすると給与は上がるのでしょうか? 

厚生労働省が行った平成24年上半期雇用動向調査では、転職入職者の賃金変動の現状も調査しています(参考資料:厚生労働省 平成24年上半期雇用動向調査)。

転職者全体で見ると、『給与が上がった』のは31.8%、『変わらない』のは34.8%、『減った』のは30.6%となっています。この調査は不況真只中の昨年1~6月に行われたものの、31.8%は給与が上がっているのです。そしてこの数字を年齢別に見ると、給与を大きく上げている世代がありました。

20代は大きく給与を上げるチャンス!

20~24歳の転職者で、給与が上がったのは44.9%。全体と比べても大きく上回っています。そして『1割以上給与が上がった』のは、なんと31.4%。年齢別で見ると、一番給与が上がっているのです。20~24歳となると、大卒で就職した場合で3年未満の社会経験を有しています。既に社会人としての経験があれば、転職して給与を1割以上上げることも可能です。

もちろん年齢別の給与差もあります。20~24歳の平均給与は247万円でした(参考資料:国税庁 平成23年民間給与の実態調査結果)。元々の給与が低いことも、大きく上げる要因のひとつです。転職を考える若い人の中には「今は給与が低くても、実績を積まなくては」と考えているかもしれません。しかし、今よりも給与を上げたいのであれば、思い切って転職をするのも悪くない選択です。

25~29歳の転職者で給与が上がったのは39.3%。この内1割以上給与が上がったのは27.1%。やはり全体の数値を上回っています。この年齢になると平均給与も336万円と大きく上がっています。20~24歳と仕事の内容を比べると、仕事を経験するところから実績を残し始める年齢です。実績を武器に転職活動を行えば、大きく給与を上げるチャンスになります。借りに1.5割給与が上がれば、ひとつ上の世代である30~36歳の平均給与385万円を超えることになります。

不況下でも転職で給与を上げることは可能です。特に20代は大きく給与を上げるチャンスがあるのです。もし今の給与に不満があれば、自分の実績と経験を加味して、転職活動を始めることをお勧めします。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。