あなたの年収は上がりましたか? 若手ビジネスパーソンの年収事情と、最新データで見る給与の実態

給与を上げることは、今取り組まれている『アベノミクス』のひとつの目標です。給与を上げて消費を増やし、企業業績をあげようという目論みです。景気の回復がなかなか見られない昨今ですが、若手ビジネスパーソンの年収はどのようになっているのでしょうか?

年収給与

給与を上げることは、今取り組まれている『アベノミクス』のひとつの目標です。給与を上げて消費を増やし、企業業績をあげようという目論みです。景気の回復がなかなか見られない昨今ですが、若手ビジネスパーソンの年収はどのようになっているのでしょうか?

キャリアデザインセンターは25~34歳の若手ビジネスパーソンを対象に『前年と比較した現在の年収』を尋ねた意識調査を行いました(キャリアデザインセンター あなたの現在の年収は、1年前と比較してどうなりましたか)。

グラフ:キャリアデザインレポート2012 前年比年収増減調査

キャリアデザインレポート2012前年比年収増減調査

1年前と比べて『増加した』という回答は8.4%。『やや増加した』は33.5%で、合わせて41.9%が増加したと答えています。2011年の調査では合わせて42.2%。増加したという人は0.3ポイントの微減となっていました。

逆に年収が『減った』という回答は4.8%。『やや減った』の9.8%と合わせると14.6%が、年収は減っていました。しかし2011年の『減った』の合計は15.4%からは0.8ポイント減少していました。
そして『ほとんど変わらない』という回答は43.4%。前年比1%の増加で、ビジネスパーソンの4割以上は、年収はほとんど変わっていませんでした。

こういった現実からも『アベノミクス』が与えるであろう給与の増加は、私たちビジネスパーソンにとっての願いでもあります。しかしアベノミクス効果が給与に反映されるのは、もう少し先のようです。

所定内給与は10ヶ月連続マイナスだが……

厚生労働省は5月1日に『毎月勤労統計調査-平成25年3月分結果速報』を発表しました。調査によると3月に支払われた基本給や家族手当などの『所定内給与』は前年比10.8%の24万1922円(第1表 月間現金給与額)。所定内給与は昨年6月から、10ヶ月連続でマイナスとなっています。

しかし明るい兆しも見えはじめています。それは『特別に支払われた給与』で、前年比8.2%増の1万5046円でした。金融・保険業では前年比82.3ポイント増の4万2035円が支給されていました。株高や円高のおかげで、臨時ボーナスを支給した企業も多かったようです。

所定内給与へ反映されるのかは、4月の報告待ち!

もちろん『所定内給与』が上がって欲しいところではありますが、臨時ボーナスなどが支給されるとモチベーションも上がります。

そして今回の調査は3月の速報値。4月になると年度が変わり、賃上げを行った企業などの影響が見えるかもしれません。

果たしてアベノミクスの効果は出てくるのか? 4月の毎月勤労統計調査にも注目ですね。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。