今さら聞けない!? 「フロントエンド」と「バックエンド」

最近、ソフトウェアの開発過程を「フロントエンド」と「バックエンド」という呼び方で表現することが増えてきました。 フロントエンドは一番前、バックエンドは一番うしろ、という意味ですが、具体的にはどういった業務を指すのでしょうか。

「フロントエンド」と「バックエンド」

最近、ソフトウェアの開発過程を「フロントエンド」と「バックエンド」という呼び方で表現することが増えてきました。 フロントエンドは一番前、バックエンドは一番うしろ、という意味ですが、具体的にはどういった業務を指すのでしょうか。

フロントエンドとバックエンドの違い

簡単にいえば、ユーザーなどと直接やり取りをする要素のことをフロントエンド、フロントエンドの入力データや指示をもとに、処理を行って結果を出力したり、記録媒体に保存したりする処理をバックエンドといいます。

例えば、インターネット上のオンラインショッピングサイトがあります。 ユーザーはインターネットに接続しブラウザを開いて、ウェブサイトを呼び出します。そこで商品を検索し、気に入ったものがあればカートに入れ、顧客情報や配送情報を入力し、購入ボタンを押します。

こうした一連の動きの中で、ユーザーは関知していなくても、ウェブの向こう側にはウェブサーバーというコンピュータがあります。ユーザーはこのウェブサーバーが持つデータを呼び出し、ブラウザで閲覧しているのです。さらに商品検索を行い、購入ボタンを押す、という行動の裏では、ホームページと連動した別のデータベースソフトが動いています。この場合、ユーザーから見て一番手前側、ブラウザがフロントエンド、一番奥にあるデータベースがバックエンドとなります。そのため、商品検索のことを「バックエンドに置かれたデータベースから商品情報を呼び出す」といったりします。

フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアって?

また、エンジニアを「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」と呼ぶこともあります。

フロントエンドエンジニアとは、Web 系サービスにおいては、HTMLやCSS、JavaScript、画像ファイルなどを組み合わせてWebページを記述するエンジニアのことです。従来は、HTMLコーダー、マークアップエンジニア、JavaScriptプログラマなどとも呼ばれていました。広い意味で「Webデザイナー」と称することもありますが、この場合、サイトのビジュアルをデザインする職種なども含まれます。デザインとコーディングは別の作業・別のスキルであり、区別するために名称が変わっていったようです。

バックエンドエンジニアは、サーバーサイドやデータベースのシステムの要件定義/設計/開発業務などを手掛けます。資金や人員に余裕のない小さなスタートアップ(新規事業)では、両者を兼任する場合もありますが、それぞれ異なるセンスを求められるため、大規模なプロジェクトになるほど、業務は細分化されていきます。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。