各情報ツールを使い分ける - 転職完全マニュアル

TOOL1 Web
企業情報を入手するには最適。その場でメール応募も可能だ

転職情報サイト[@type]

最近では、Webサイトで求人情報を収集するのが一般化している。なにより情報がタイムリーだからだ。紙媒体に比べて情報検索性が高く、最新の求人情報をすぐに入手できるのは大きな魅力。個人情報を登録しておけば、求人情報をメールで配信してくれるサービスまである。
また、特定企業の求人情報を知りたい場合、各企業のHPに掲載される最新情報を随時チェックできるし、その場で即メール応募もできたりするので、十分に活用したいところだ。

■TOOL2 求人情報誌
手早く求人企業を探すならコレ 詳細な情報を効率よくゲット

求人情報誌

紙媒体の特徴は、求人ニーズの高い業界や企業を幅広く知ることができる点だ。転職を希望する業界や企業が具体的に定まっていない場合、ページをめくりながら自分に向いていそうなところを探していけるという利点もある。求人全体を見渡してみることで、いま、どんな業界が成長しているのか、そしてどんな職種に対してニーズが高いのかも把握できる。
また、求人企業の特徴やアピールポイント、募集職種の仕事内容など、詳細情報が網羅されているのもメリットだ。同業種の企業の求人情報も多数掲載されているため、仕事内容や待遇面などを比較検討しながら転職先を絞り込んでいくことができる。「何となく転職したい」と思っている人は、ひとまず紙媒体をめくってみるとよい。

■TOOL3 人材紹介会社
じっくり探すならメリット大。コンサル・サービスも充実

typeの人材紹介

過去の経歴や希望する職種、待遇などを登録しておけば、その内容に見合った求人企業を紹介してくれるのが人材紹介会社。幅広い業界、職種をフォローしているところもあれば、特定の業種、職種に特化した紹介会社もある。登録する前に、まずはその会社がどんな求人を扱っているのかを把握しておくことが重要だ。
紹介会社に登録する最大のメリットは、応募書類の書き方や面接での対処法など、転職成功へのノウハウを指導してくれること。初めての転職時や、異業種転職を目指す時など、様々な事前知識が必要となる場合、心強いサポーターとなってくれるであろう。結果的に転職に至らない場合でも、今後のキャリアを考えるいい機会になることは間違いない。

■TOOL4 フェア・セミナー
生きた情報を感じられる

フェア

多数の求人企業が出展して行われるジョブフェアやセミナーも、情報収集には格好の場。応募前に企業担当者に直接会えるメリットは大きい。採用情報だけでなく、思想や風土、社内の雰囲気といった「生きた情報」を感じられるかも。積極的に複数の企業と面談し、多くの情報を集めるべきだろう。

■TOOL5 新聞
各誌の情報は様々

新聞

社会の流れや業界動向、最新ニュースがタイムリーに得られるのが新聞の最大のメリットだ。経済新聞なら金融業界、英字新聞なら外資系と、新聞ごとに求人広告を載せている企業に特色がある。自分が目指す業種に合った媒体を求めたい。各業界のトレンドなど、専門的な情報を提供してくれる業界紙も併せて企業研究用の媒体として勉強しておこう。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。