最終面接の対策は何をすればいいの? これまでの面接との違い

最終面接は一次・二次面接と違って、役員クラスが面接官として出てきます。ここに、最終面接を突破する大きなポイントが隠れています。どんなポイントがあるのか、具体的に見ていきましょう。

最終面接の対策は何をすればいいの? これまでの面接との違い


最終面接の通過率は企業によってバラバラ

一次、二次面接を勝ち上がり、いよいよ次は最終面接。ここさえ勝ち抜けば、遂に夢にまで見た内定!…となるわけですが、安心するにはまだ早いです。なぜなら、最終面接で落ちてしまえば、一次や二次で落ちるのと同じことだから。

これは精神的に大きなショックを伴います。実際に、「どうせなら一次で落としてくれよ」と思う人もいるほど。最終面接の通過率は企業によってバラバラです。ほぼ意思確認のみというところもあれば、シビアにジャッジしてふるい落とすこともあります。

受ける企業がどちらかはわからないので、しっかりと最終面接の対策を練っておき、良い結果を掴みとりたいですよね。そこで今回は、最終面接と一次・二次面接との違いや最適な逆質問の内容などを紹介します。

最終面接では企業への本気度を見ている

最終面接と一次・二次面接との明確な違いは、「役員」が面接官として登場することです。一次・二次面接は人事担当者や現場の社員が担当して、最終面接に役員が出てくるというスタイルが一般的です。

役員とは会社の経営陣のこと。役員はこれまでの面接官と違い、会社のことを鳥の目のように俯瞰的に見つめ、今の会社に必要な人間か、将来のビジョンに合致する人間かを見定めています。

役員はあなたの言動から、「この人は本当にうちの会社で働きたいのか?」という点も見抜こうとします。最終面接では、面接者が会社が求める能力や人間性を備えている人であることを前提に、“会社への本気度”が問われます。

そのため、最終面接を受ける前に企業のことを徹底的に調べ上げましょう。ホームページを見ることはもちろん、新聞やネットに載っているさまざまな情報に目を通しておくことをおすすめします。

「最終面接を受ける人の中で私が一番この企業について詳しいし、本気で入りたいと思っている」このように自分自身で思えることがあなたを内定へと近づけてくれるでしょう。

逆質問で本気度をアピール!

最終面接では「役員が迷ったら落とす」という企業もあるようです。一次や二次面接はスムーズに通過したのに、最終面接で見送られるケースが多い人は「面接官に迷いを生じさせたまま面接が終わっている」のかもしれません。

でも、これは逆に言えば、あなたが面接官を迷わせなければ限りなく合格に近いことを意味します。この仮説に伴い、なぜ面接官が迷うのかを考えてみましょう。その理由の多くは、「能力は十分でも本当にうちに来たいのか、また適合するのか」という点です。

簡単に言えば、あなたから本気で入りたい意志を感じないから迷うのです。もしも、本気で入社の意志があるのなら、逆質問の機会にその迷いを自らの手で断ち切りましょう! 本気を感じる逆質問の例文にはこんなものがあります。

<例>
「先日の新聞に、御社は今後○○事業に力を入れていくと書いてありました。私は昔から○○の愛用者なので、ぜひそこで営業を担当したいのですが、そのために必要な勉強や資格はありますか?」

最終面接で逆質問の機会が与えられたら、「こんなに調べていて、自分は本気であること」「そこでこのように貢献したいというビジョンが明確にあること」を示しましょう。

役員に上辺の言葉は通用しない

最後に、最終面接で出てくる役員も人間なら、面接を受けるあなたも同じ人間です。つまり、最終面接だからと言って、「あなたに完璧を求めているわけではない」ということも知っておきましょう。

人間同士のコミュニケーションとして知りたいのは、「この人は上っ面でモノを言っていないか? 誠実な人間か?」ということです。面接に限らず、あなたも友達になる人を選ぶときにそういったところを無意識に見ていますよね。

ろくに企業研究もせずに上辺だけのことを言ったり、自分自身と向き合わずに適当な自己PRを言ったり。口がうまい人、能力が高い人はそれで一次・二次面接を乗り切ることができても、会社の舵をとっている役員にそんな上辺は通用しません。

これさえわかっていれば、あなたが最終面接対策でやるべきことはおのずと見えてくるはずです。



その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。