衝撃的事実!転職した方が年収は上がる?! - 知らなきゃ損する!年収の裏側 vol.01

年収を上げたい。とりあえず上げたい。…なんてことが、日々あたまの中をぐるぐる回っている人も多いのではないだろうか。「年収を上げたいから転職する」。こんな声もよく耳にするけれど、本当に、転職した方が年収は高くなるのか…? ということで、今回私たちは、転職するのとしないのとでは、どちらの方が年収は高くなりやすいのかを徹底検証してみることにした。ちょっとしたスキマ時間などに、読んでもらえれば幸いだ。

若手の転職活動応援ページ

転職したほうが年収は高くなる?!ヒアリングから分かった現実

業界・職種・役職・学歴・年齢の同じ二人の転職経験の有無による年収の違い

まず、リアルな現状を把握してみたいというのが、心情ではないだろうか? そこで今回、@type会員数名の方にご協力いただいて、同じ業界・同じ職種の人同士ではどうなのかを聞いてみた。

<ケース1>
年収80万円の差!転職するかしないかが運命を分ける?!
出版・広告・マスコミ関連の営業職 Hさん・Mさんの場合


同じ27歳のHさんとMさん。2人とも首都圏在住で、大学卒。役職はなく、職種・業種が同じ。そんな2人の違いは、転職したことがあるかないかだ。ではさっそく、2人の年収を聞いてみよう。

Hさん(転職なし) 年収370万円
Mさん(転職あり) 年収450万円


うむ。転職したMさんの方が、年収が高い。『転職した方が年収が高い事例』だ。しかし、これだけで判断するのは少々危ないというのは、皆さんもきっと思うところだろう。ということで、別の例も見てみよう。

<ケース2>
転職しない方が、年収が高くなっている場合を発見!
自動車・輸送用機器メーカーのハードエンジニア職 Fさん・Nさんの場合


今度はFさんとNさんにお話を伺った。2人とも首都圏在住の31歳。職種・業種は同じ。さて、どうだろうか。

Fさん(転職なし) 年収550万円
Nさん(転職あり) 年収450万円


おっと!今回は『転職しない方が年収が高い事例』だ。今度は転職していないFさんの方が、年収が高い。こうなってくると、逆に転職した方がよいのか、転職しない方がよいのかがわからなくなってきた。ここはもう1例試すしかないだろう!ということで、もう1ケース検証してみた。

<ケース3>
年収の差が150万円を超えた!転職経験が年収を押し上げる?!
ソフトウェア、システム開発関連のプロジェクトマネージャー Kさん・Yさんの場合


最後は、KさんとYさん。2人は同じ32歳。これまたお2人とも、首都圏在住、職種・業種が同じ。今度はどうなるだろうか?

Kさん(転職なし) 年収430万円
Yさん(転職あり) 年収600万円


転職したYさんの方が、年収が高い。つまり、結果としては、転職した方が年収は高い場合が多いということだろうか…。それにしても一体、年収が上がるか下がるかは何が関係しているのか?業種?職種?それとも他の何か?そこで次は、全体で見るとどうなっているのか調べてみることにした。

部長までは転職するな?!会社規模が小さければ、転職は必須?!

転職回数ごとの平均年収

2009年5月の@typeの調査により、分かったことをご紹介しよう。(ただし、以下のことは「こんな傾向がある」というだけで、必ずしもそうなるということではないことにご注意願いたい。)

●転職回数別!年収高いランキング
1位 転職1回!  2位 転職なし  3位 転職2回

つまり、1度転職した方が、年収が高くなる可能性が高い。だが、回数を重ねると、低くなる可能性が高い。世の中、なかなか厳しいものだとこんなところでも感じてしまう。

●転職すると年収が上がりやすい業界は、コレだ!
上がりやすい業種:コンサルティング・インターネット関連・ソフトウェア関連・金融・流通・人材関連

もちろんこの業種以外でも、転職で年収が上がる可能性は十分にある。ただこの業界にいる人を見てみると、転職したことのある人の方が、年収が高い場合が多かった。

●勤務先の従業員数が1000名以下の場合は、転職した方が年収が高い!
従業員数に着目して調べてみると、1000名以下の会社の場合は、転職した場合の方が年収は高い傾向がある。逆を言えば、大企業に勤めている人の場合は、転職しない方が、年収が高くなりやすい。勤続年数が長くなればなるほど、年収が高くなりやすいということだろうか。なんだか納得できる結果である気がしてしまう。

●部長職までは転職していない人の方が年収が高い!
役職別に見てみると、部長職までは、転職していない方が年収は高い傾向がある。しかし、取締役以上では、転職経験がある方が、年収が高い傾向があった。取締役以上になる人は、それなりにいろいろな会社での経験が必要だということか。

以上を見てみて、どうだったろうか?今のご自分の状態を考えてみて、思い描いている年収アップは実現しそうだろうか?

ただ、あくまでもこれは、「全体としてこんな『傾向』がある。」というだけだ。しかも、最近のトレンドとしてという前提つきだ。個別に見てみると、これにあてはまらない場合もたくさん見られるのもまた事実。だからこそ、うまくあてはまらなかったという方も、希望を捨てずにいてほしい。

そしてもう一つ。転職で年収アップを実現するには、面接時などでの給与交渉が、非常に、とても、すごく、めちゃめちゃ、大切なんだということをお伝えしたい。ただなんとなくこの傾向に合わせて転職すれば、年収が上がるということではないため、みなさんにはぜひ自分の未来のためにがんばっていただければ、と思う。

≪年収の記事一覧に戻る

努力次第で高みを目指せる。未経験スタートでも年収600万円以上が見込める求人


その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。