緊急調査!ここまで差がつく課長の年収 - 知らなきゃ損する!年収の裏側 vol.04

第4回を迎えたこのコンテンツ。今回は『課長の年収』に注目した。同じ課長と言えども、業界や会社規模によって、なれる年齢も、もらえる年収額も大きく違う。なんと、同じ課長でも、年収が280万円も差がある、なんて結果も出ているのだ。
あなたが今いる業界・会社は、他業界・他社と比べてどうなのだろうか?ではさっそく課長の実態を見てみよう!

若手の転職活動応援ページ

同じ“課長”でも、280万円の年収差?!

同じ“課長”でも、業界や会社規模によって、その年収は大きく違うのをご存知だろうか?@typeが調べてみたところ、業界によって課長の平均年収に大きな差あることが分かった。

では早速、右の図を見てほしい。課長の年収が高いのはこの業界だ!

ちなみに、最も低いのは…
飲食・レジャー業界 515万円
う〜ん、悲しむなかれ…。

「でも、会社規模によっても年収って違うんじゃない?」と思ったそこのあなた!
もちろんそこも調べてある。会社規模ごとに比べた平均年収を見てみると…

大企業の課長の平均年収 826万円
中小企業の課長の平均年収 547万円


なんと!大企業と中小企業の課長の平均年収は、約280万円の差がある!

さらに、規模別の、課長の平均年収の高い業界も調べてみた。また右の図を見てほしい。大企業ならコンサルティング業界、中小企業なら金融・保険・証券業界の年収が高いのだ。

ただ、「結局大企業に行くほうが、やっぱりいいんじゃん。」と思いそうだが、ちょっと待った!!同じ課長といえども、課長になっている年齢が大きく違うのだ。

大企業の場合、課長の多くが40代後半であるのに対し、中小企業の場合、30代後半から課長の数が増えてくる。課長になれる年齢におよそ10歳の差。

つまり、中小企業に行くほうが、早くから課長の年収を手に入れられるようになるのだ。

課長の年収が高い業界Best3

どの業界が一番オイシイ?

さてつぎに、ヒラ社員・課長・部長の平均年収を比べてみよう。

先ほど1位だった金融・保険・証券業界の<課長>の平均年収は高く、大半の業界の<部長>の平均年収に匹敵する。つまり、金融・保険・証券業界の課長は、世間的に見るとかなりオイシイ。逆に、インターネット関連の<部長>の平均年収は、多くの業界の<課長>の平均年収より低く、ちょっと悲しい状態になっていることが多い。

しかし一方で、各業界の<ヒラ社員>の年収と<課長>の年収を比べてみたところ、課長はどの業界のヒラ社員にも平均年収は負けない。

つまり、ヒラ社員よりは、課長になった方がやっぱりオイシイということだ。

課長になりたいならココを狙え!

ところで、全社員に対する“課長率”が多い業界はあるのだろうか?

調べてみると、課長の数が多い業界は以下であることが分かった。

流通・商社、コンサルティング、食品・医療品メーカー、化学・素材メーカー

ちなみに、大企業の場合は、化学・素材メーカーと不動産業界に課長が多く、中小企業の場合は、精密機器メーカーとコンサルティング業界に課長が多かった。

さらに、調べているうちに、異様に課長の割合が多い分類を発見した。それは、金融・保険・証券業界の300〜500人規模の会社だ。ここに該当する企業は、他に比べて異様なくらいにひじょ〜〜に課長の数が多い。つまり、「どーーーしても“課長”になりたい!それが一番の目標だ!」という方は、ここを狙ってみるのもアリかもしれない。

では、大企業と中小企業では、“課長率”が高いのはどちらだろうか?

その答えは、「大企業の方が多い」。つまり、大企業の場合は、わんさか課長がいるということになる。一方で、管理する立場の人間が多いがために、「いわゆる『やりがいのある仕事』を任されていない」、「課長同士の闘いが熾烈だ」との声も上がっていた。

プレイングマネージャーとして活躍したい、現場に近い管理職になりたいという方は、大企業を狙わない方が得策かもしれない。

≪年収の記事一覧に戻る

努力次第で高みを目指せる。未経験スタートでも年収600万円以上が見込める求人


その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。