採用コラム

販売・サービス職採用の際必見!
求人原稿を作る時に気をつけたい
3つのポイント


慢性的な人材不足が嘆かれている、販売・サービス業界。ライフスタイルの多様化に伴い、日々サービスや業態が進化していく中では、新たな人材の確保が、急務になっているのではないでしょうか。
今回は、求人サイトで販売・サービス職を募集する際に、気をつけておきたい3つのポイントをお伝えしたいと思います。


【1】福利厚生はなるべく詳細に記載する

条件面・福利厚生は転職にとって最も重要な要素と言っても過言ではありません。
特に業界経験者の場合は、仕事の楽しさ・やりがいを体感しているからこそ長く働き続けるために、より安定した会社で働きたい・・・と思う方が非常に多く福利厚生欄はしっかりとチェックされています。
各種社会保険完備・昇給・賞与に加え、各種手当てやその金額まで、詳細を記載しましょう。財形貯蓄制度、退職金制度、食事補助、住宅手当、独身寮、借上社宅制度、地方手当て介護がある人や子どもがいる人への手当て、独立支援制度、誕生日休暇、社割・・・オリジナルなものがあればPRポイントにもなりますので、数多く記載するのがベストです。


【2】キャリアアップ事例を具体的に記載する

限られた広告スペースの中で、他社との違いをアピールするためには、具体的数値やエピソードを記載するのが効果的。
転職先を選ぶにあたり、入社後のイメージが沸くかどうかは、重要な要素となってくるためキャリアアップの事例を具体的に記載しましょう。
例)今後●年で●店舗へ拡大予定! 店長候補●人、必要なポストは●個
 平均して●〜●年で店長、●年でエリアマネージャーへ
 早い方だと入社●ヶ月で●のポジションへ
 未経験からスタートし●のポジションになった方はここ1年で●名


【3】写真、画像を一工夫

販売・サービス職=接客の仕事、と日々の生活の中で誰もが想像しやすい反面、イメージが先行してしまい、実際のやりがいや、個々の魅力が見えずらいのもこの職種の特徴。
そこで、求人の中でもパッと目につきやすい、写真や画像に一工夫加えることをおすすめします。
スーツの方を起用し、マネジメントの要素をアピールしたり定着率や今後の拡大店舗数等、具体的数字のPOPで飾ってみたり。求人件数が非常に多くなっている中で、まずは目を留めてもらうために・・・目立つことも重要です。

いかがでしたか?
企業にとって採用が難しくなっている昨今ですが、細かな工夫をすることで求職者にとってより魅力的な求人広告になるはずです。
ぜひ、自社の求人内容を見直してみてください。