転職者向け無料適性検査 SPI2対策模試テスト

じつは最近、中途採用においても、適性検査を実施する傾向が強まっています。
「書類選考、面接まで順調だったのに、適性検査で落とされた…」なんてことにならないよう、
しっかりと対策をとっておくことが大切!
このコンテンツでは、中途採用の適性検査でもっとも出題率が高いSPI2(SPI2-G)の基本的な対策がとれます。
例題9問を15分間で解く『実力テスト』に加え、各分野の問題を個別にチェックできるコーナーも!
転職活動のうえでもはや避けては通れない適性検査。乗り切るために、まずは実力テストを受けてみよう!

15分間の実力テストで、SPI2の適性検査を体感しよう!
SPI2実力テストをはじめる

※SPI2実力テストは@type会員専用のログインコンテンツです。

 
 

適性検査を甘く見ていると、痛い目に!?

転職者向けの適性検査で最もよく出題されているのが『SPI2』と呼ばれるもの。
「SPIなら新卒で入社するときにやったことがある」という方もいらっしゃると思いますが、
転職者向けのSPIの方が難易度がやや高めに設定されており、
しっかり対策をとっておくことが大切
です。

SPIの種類と特徴

SPI2-G
転職者向けとして、一般職業人を対象としているテスト。おもに新卒者向けの「SPI2-U」と比べて難易度がやや高めに設定されている。

SPI2-U
新卒者向けとして、社会人になるために必要な、基礎的学力を測る目的が強いが、転職者に使われることも。

SPI2は「時間」との勝負!

SPI2は、短い時間での判断力・正確性を問う検査。時間の使い方がカギになります。
慣れていないと、解けたかもしれない問題がたくさんあるまま
時間切れになってしまう…なんてことも。

短い時間でたくさんの問題を解きます。うかうかしてると時間切れ…!

あらかじめ、「どんな問題をどのくらいのペースで解かなければいけないのか」、
実際に体感
しておけば、当日落ち着いて検査を受けることができるでしょう。

15分の実力テストに加え、手軽に問題のチェックも!

このコンテンツでは、転職者向けの適性検査で用いられることが多い
『SPI2-G』の問題の中から、特に出題傾向が高い問題を厳選して出題。
いまのあなたの実力を試しながら、あわせてSPI2の問題傾向もつかむことができます。
また、「今はあまり時間がなくて…」という方のため、例題を設問ごとにチェックできるコーナーも!
あわせてご活用ください。

SPI2実力テストのイメージ
転職で避けては通れない『適性検査』。まずは問題の傾向をつかもう!
SPI2実力テストをはじめる

本コンテンツは以下書籍から情報を抜粋しています。

転職者向けSPI2のすべて

実務教育出版より発行されているSPI2対策本の情報をもとに、
@type編集部が厳選した問題を出題。

  ■ はじめて転職する人
  ■ 転職者向けSPI2(適性検査)の対策を行いたい方
  ■ これから企業の選考が控えている方

上記にひとつでも当てはまる方、次の選考ステップに進むためにも、まずは一度テストにトライ!
問題の傾向と自分の実力を知り、対策を立てましょう。
内定獲得への第一歩となるかもしれません。



 
 


その他の条件で探す

@typeでは職種や勤務地、仕事探しで譲れないこだわりの条件など、様々な切り口から自分の働き方に合った求人を探すことができます。気になるキーワードやテーマから転職・求人情報をチェックしてください。

転職活動を進める

あなたの転職活動をサポートする、@typeの各種サービスをご案内します。

  • スカウト

    スカウト

    匿名だから安心!あなたに興味を持った企業の採用担当から直接メールが届くサービスです。

  • オファーDM

    オファーDM

    あなたが登録した情報と近い内容の募集条件の企業から、メールが届くサービスです。

  • マッチングサービス

    マッチングサービス

    あなたのスキルや希望、志向に合った求人をセレクトしてご紹介する、独自のサービスです。

  • 検討中リスト

    検討中リスト

    興味を持った求人を保存しておくことができ、気になる求人を一覧にて比較検討できます。