Vol.46

送別会のプレゼントに寄せ書きが入った思い出のアルバム、もらったらうれしい? それとも困る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オトコが気になる究極の2択!
オンナゴコロ研究所
一流の営業マンになるためには、営アシ女子とうまく仕事したり、手ごわい女性担当者を口説きおとしたりと、オンナゴコロをつかむことは必須! 秋の空よりも変わりやすく、東京駅の地下よりも複雑な女性の心、正しく理解できるようになるまでアンケート結果を研究するっす!

今回のテーマ:送別会のプレゼントに寄せ書きが入った思い出のアルバム、「もちろんうれしい」? それとも「正直いらない」?

アンケート結果:働く女子284名の答えはこれだ!

【もちろんうれしい!】派の意見

・みんなが自分のことを思って書いてくれるメッセージは短くても雑でもそれなりに嬉しい。(社内SE/24歳)

・いつも言えないようなことを書いてくれたりして嬉しいから。(接客・販売/25歳)

・あとで見返すと楽しいし、知らなかった自分の良さがわかる。(一般事務/26歳)

・次の転職先でも頑張れそうな気持ちになる!(専門職関連/30歳)

・たとえ嫌な思い出があっても、それを乗り越え頑張った自分がいるんだと思えるから。(営業/31歳)

・その時は恥ずかしいけど、後で見返した時に良い思い出として振り返ることができる。(営業事務/38歳)

【正直いらない……】派の意見

・大半が気を使ったメッセージだから。(一般事務/25歳)

・もらった時はうれしいが、捨てるに捨てられない。(総務・人事/38歳)

・あとで見返すことはないと思う。書く側も、表面上のことしか書けないだろうし、気持ちがこもっているようには感じない。保管にも困る。(医療・介護・福祉関連職/25歳)

・断捨離で昔もらったアルバム捨てた……。申し訳ないのでもういらない。(一般事務/33歳)

今回の研究結果

送別会のプレゼントに寄せ書きが入った思い出のアルバム、「もちろんうれしい!」と回答した人が7割以上の票を集めて多数派に。「相手の気持ちがこもっていてうれしい」という意見がほとんど。「実際にもらってうれしかった」という声も多く、退職の贈り物としてこの手のアイテムが人気なのも頷けます。一方、少数派になった「正直いらない……」派では、「嫌々書いているのが伝わる」「捨てにくくて困る」というようなちょっと悲しい意見が多く見られました。

また、どちらにも共通して出た意見が「かさばる」「保管に困る」というもの。アルバムや寄せ書きというプレゼントは定番ですが、なるべくかさばらないサイズのものが喜ばれそうです。外回りついでにプレゼント買ってこなきゃ~なんてときにも、営業かばんに入るコンパクトなものならこちらも助かりますね!

【アンケート調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年2月5日(木)~2月11日(水)
●有効回答者数:284名

文/佐藤健太(編集部) イラスト/村野千草(有限会社中野商店)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サッポロビール株式会社 オープンポジション

ヤフー株式会社 オープンポジション

株式会社ジェイエイシーリクルートメント【東証一部上場】 リクルートメ…

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆…

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

年商10億、新潟の夜の街を変えた女性社長は、なぜ「地方は売れ...

無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸...

「最低でも50万円」何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃい...

若手が知っておくべき「生意気に見えない」ブランド腕時計の選び...