Vol.367

売上を上げたければ「いい人」をやめろ!? 【担当編集者が解説!営業新刊Watch】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
営業マンのキャリア形成に役立つ書籍の「読みどころ」を担当編集者が解説!
営業新刊Watch
営業マンが自身の力でキャリアメイクしていく上で欠かせない情報を、いち早くキャッチアップ!営業に役立つ最新書籍の「読みどころ」を担当編集者に解説してもらおう。気になった本は購入して、がっちりスキルアップだ!

今週の新刊紹介『「いい人」をやめれば人生はうまくいく』(午堂登紀雄:著)

「いい人」をやめれば人生はうまくいく(午堂登紀雄:著)

今回紹介するのは、『「いい人」をやめれば人生はうまくいく(午堂登紀雄:著)』。本書の「読みどころ」を担当編集者・前川健輔氏(日本実業出版社)が解説してくれました!

《「いい人」でいることに疲れていませんか?》

「いい人」とは、他人に嫌われないよう、万人に好かれるように行動する人のこと。これは誰でも持っている自然な欲求と行動であり、人から嫌われないことは平穏な生活を送る上でも大切なことです。しかし、その「いい人欲求」が強すぎると、逆に自分の人生を追い詰める、損な生き方になってしまいます。そこで、本書では「いい人」をやめられない人と、やめられた人では、人生がどう変わるかを、人間関係、対話、お金、恋愛などのテーマ別に紹介しています。

担当編集者が語る、「こんな営業マンにオススメ!」

お客や取引先の顔色を伺いすぎてしまう、断られるのが嫌で売り込めない、労力に見合った報酬を要求し売上をあげることに罪悪感を覚える。
こうした素直で心優しい「いい人」営業マンにオススメの書籍です。稼ぐ営業マンは、要領がよく、いい意味での「ずるがしこさ」や「抜け目のなさ」があるものだと著者は言います。相手にもう一歩踏み込めないことにもどかしさを感じているのであれば、「いい人」をやめてみるといいかもしれません。

担当編集者が抜粋「どうしてもここだけは読んでもらいたい!」

営業マンであれば、「自分の仕事が本当に相手の役に立っているのか」と、ふと立ち止まって考えることもあるのではないでしょうか。「いい人」営業マンの中には、売上を上げる(稼ぐ)ことに対して罪悪感を覚える人もいるでしょう。

商売とは、商品・サービスの提供を通じて、相手に貢献すること。営業マンは、その最前線に立っていることへの自信と誇りを持つことができれば、さらに活躍できるはず。そんな著者の考えが伝わるメッセージです。

 「稼ぐ」ことは本来、相手に対する貢献です。
たとえばエアコンを買っても、普通の人は自分で取り付けられないでしょう。しかし、工事業者に頼めば、短時間できれいな仕上がりで取り付けてくれます。そしてあなたは「ありがとうございました」と言いながら代金を払うはずです。
レストランに行っても、食事が美味しく気持ちの良いサービスをしてもらったら、「ごちそうさまでした」とお礼を言って代金を払い、「またこの店に来たい」と思うのではないでしょうか。
(中略)
つまり、「お金をいただく」とは、「相手に喜んでもらう」と同義だということです。
にもかかわらず、お金を稼ぐことに罪悪感を覚える人は、「相手に喜んでもらいたくない」と言っているのと同じということになります。

著者の軽妙かつ痛快な語り口はテンポよく読み進められます。時にあえて刺激的な言葉を使っている部分もありますが、その根底にあるのは、「精神的な自由を獲得できれば、ストレスがゼロになり、心を楽にできる」という励ましです。そのメッセージを一人でも多くの営業マンに読んでもらいたいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク 女性の転職に強いエージェントならtype女性の転職エージェント
記事検索

ヤフー株式会社 【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

サッポロビール株式会社【ポジションマッチ登録】 オープンポジション

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

株式会社ブレーンネット 【IT人材コーディネーター】月給35万円以上★…

Twitter Japan株式会社 【ポジションマッチ登録】 ◆広告営業◆管理部門◆…

セシルマクビーのカリスマ店員からプルデンシャル生命のトップ営...

独自路線を突き進む叶姉妹の自己プロデュース力「私たちに不可能...

営業マンになったAV女優――「ファンの人から、今の方が輝いて...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

若手が知っておくべき「生意気に見えない」ブランド腕時計の選び...