Vol.66

久しぶりのスター候補生「浪速のエリカ様」ごっこの正しい遊び方【連載:長谷川豊】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーアナ・長谷川 豊が「すぐに役立つネタ」を伝授!
ニュースと、トークと、営業と。
元フジテレビ・アナウンサーの長谷川豊が、営業マンが持つべきプレゼンノウハウやトークスキルを余すところなく紹介します! たまに、営業上の失敗(炎上!?)エピソードもズバッと斬るかも?

フリーアナウンサー 長谷川 豊フジテレビ出身のフリーアナウンサー。13年間、朝の情報番組「情報プレゼンターとくダネ!」で、現場取材やニュースのリポートを担当。ニュースプレゼンテーションのプロフェッショナルとして活躍。現在はアナウンサーだけではなく、講演・執筆など、多方面で活躍中
公式ブログ:http://ameblo.jp/yutaka-hasegawa/

今、旬なネタを話すときにどんなことに注意して話題を振っていくか? フリーアナウンサーの長谷川豊が解説する、営業type式、今週の話題。その話題の「使えるか? 使えないか?」の度合いによって☆の数が変化します。

桜も大体散り、これから本格的な春が訪れ、初夏へと移行していきます。1年で一番気持ちのいい季節ですし、テンションが上がる人も多いのではないでしょうか。
新入社員が皆さんのもとに配属される日はまだ先な会社が多いでしょうが、廊下などですれ違う新入社員のフレッシュさにいい刺激を受ける季節ですね。

まあ、下記ニュースの話題ももちろん使えるのですが……言うまでもなく今の時期に話題の中心になるのは……新入社員の考察ですよね(笑)。「彼女は可愛い」「彼はいい感じ」「あいつは勘違いしているな」「学生時代にミスコンに出ようとしていたらしいよ」「あれはかなりの女好きだな(笑)」などなど。これらはどこの会社でも同じですね。皆さんも、今しかできない「無責任な」新入社員トークを繰り広げてみてくださいね。

1、“浪速のエリカ様”だれが命名した?  ☆☆☆

久しく出てこなかったスター候補生。

上西議員は間違いなく話題を提供してくれる人です。なんと言っても女性陣にはいい話題。濃すぎるメイク。あざと過ぎるファッションセンス。そして誰が見ても似てない「エリカ様」の愛称。昔、文春さんが「態度が悪い」という理由でそう命名したのですが、なんだか世間では「顔が似てる」という印象でそのニックネームになったという勘違いも生まれています。

さて、会社で遊んでみるのであれば、『とくダネ!』などでもおなじみのコメンテーター、中瀬ゆかりさんを参考にしてみてください。

そうです。あのメイク、一度まねてみましょう。結構面白いです。ちなみに、私がキャスターをやっているニュース番組のお天気キャスターの女性にこのメイクをしてもらったんですが「普段よりも20分余計に時間が掛かった」と言っていました(笑)。あそこまで特徴のあるメイクだと、誰でもある程度はまねることができるのでいいネタになります。そして、そのメイクをしている間は「質問は事務所を通してください」「エモーショナルな発言はやめてください」の2点セットを使い放題です。いいのは、そのネタを使うことによって、「時事問題にちゃんと興味を持っている」という印象を相手に与えられます。「エモーショナル」はいろんな場所で使えますよね。男性でもオッケーです。

2、全然落ちない「お腹の脂肪」の意外な原因  ☆☆☆

アレも影響するなんて!全然落ちない「お腹の脂肪」の意外な原因4つ

先週のライブドアニュースで取りあげられていた話題。

「エクササイズの種類が間違っている」とか「食事の中の脂肪を抜いている」といった話は結構有名。食事には適度に脂肪を入れていった方が逆に脂肪が付きにくいという話。

しかし、「気分が落ち込んでいるとお腹に脂肪が付きやすい」というのは結構新説。人間の防衛本能なんでしょうか? 米イリノイ州の大学の研究によると、気分の落ち込みが激しい人やうつ状態の人はお腹周りの脂肪が多いのだとか。ひょっとしたら、会社のストレスがそのままお腹についているのかも。

また、ダイエット食品を多めにとる人はお腹が出ている人が多いそうです。これは私もアメリカで聞いた話なのですが、ダイエットコーラを飲んでいる人の方がお腹が出ているのだとか。不思議なもので、人間、やはり自然に生きてるのが一番良いみたいですね。

3、三村マサカズ、ツイッター誤打で「テレ朝批判」  ☆☆

まあ……いろいろ言いたいことはありますが、三村さんいわく、9日夜に配信した「テレ朝。お金儲けの為に仕事したらだめ。自分の仕事をちゃんとしておかねを頂く。お笑いやってお金を頂く。お金を儲けるためにお笑いやるこれ最悪」というツイッターは頭の部分の「テレ朝」が間違えて打ったのだとか。……正直言って、以前から何か言いたそうでしたし、僕は本心を打っただけだと思っていますけれど(その後、反響が大き過ぎてあわてて訂正したと思います)、でも

・ツイッターって、そもそもやる意味ある?
・芸能人は誤爆しかしないじゃん?

という話題から入って、

・仕事のメールでやってしまった打ち間違い

というトークに広げると、結構楽しい話がきけることがあるかもしれませんね。ちなみに僕は仕事のメールで、相手に「様」を付けることを忘れ、呼び捨てにしたことがあります(大丈夫だったけど)。

4、ふかわりょうさん脅迫容疑の女逮捕  ☆☆

「ふかわ安堵 脅迫容疑の女逮捕」というニュース。

ふかわりょうさんが女性のファンに執拗に脅迫文を送られ、その女性ファンは逮捕後も意味不明の言動を繰り返しているとのこと。かわいそうですが、芸能人ならではの悲劇。ふかわさんも不安だったことでしょう。

でもここから、

・おかしな人に付きまとわれた経験
・何を言っても通じない人
・勝手に恋愛関係をしていると勘違いされた経験

というテーマに広げると、実はけっこう広がりそうなネタです。

芸能人のニュースって、一見すると一般の人には関係ない話に見えなくもないんですが、何気に使える話題が結構あります。工夫の仕方を考えてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サッポロビール株式会社 オープンポジション

ヤフー株式会社 オープンポジション

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆…

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

株式会社阪急交通社【阪急阪神ホールディングスグループ】 【法人営業…

営業マンの25歳は人生最大の分岐点!? はあちゅうが語る「無...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸...

「最低でも50万円」何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃい...

ヘタレ営業マンだった僕が、25歳を転機に6千人の頂点に上り詰...