Vol.109

一流の芸能ニュースは話題展開の宝庫――藤原紀香よ、どこへ行く【連載:長谷川豊】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーアナ・長谷川 豊が「すぐに役立つネタ」を伝授!
ニュースと、トークと、営業と。
元フジテレビ・アナウンサーの長谷川豊が、営業マンが持つべきプレゼンノウハウやトークスキルを余すところなく紹介します! たまに、営業上の失敗(炎上!?)エピソードもズバッと斬るかも?

フリーアナウンサー 長谷川 豊フジテレビ出身のフリーアナウンサー。13年間、朝の情報番組「情報プレゼンターとくダネ!」で、現場取材やニュースのリポートを担当。ニュースプレゼンテーションのプロフェッショナルとして活躍。現在はアナウンサーだけではなく、講演・執筆など、多方面で活躍中
公式ブログ:http://ameblo.jp/yutaka-hasegawa/

今、旬なネタを話すときにどんなことに注意して話題を振っていくか? フリーアナウンサーの長谷川豊が解説する、営業type式、今週の話題。その話題の「使えるか? 使えないか?」の度合いによって☆の数が変化します。

かなり暑くなってきました。それもそのはず。もう6月ですよ! 今年も! 早いですね。自分にとってはいろいろな仕事が一気に始まった、素晴らしい4月からの仕事状況でしたが、同時に体のメンテナンスも結構必要になってきています。もう自分だけの体じゃあないですからね。気を付けないと。でも、これから暑い良い季節です。皆さんも楽しんでいきましょう!

1、愛之助、熊切と紀香どっちなの   ☆☆☆☆☆

はい、これに関しては芸能ニュース好きな人は気になっているでしょうが、関東以外の地域でレギュラー出演させてもらっている『上沼・高田のクギズケ!』という番組で芸能リポーターの井上公造さんが双方に直接電話して取材されていました(さすが公造さん……)。結論から言うと、愛之助さんは何度も別れ話を切り出しているのに、熊切さんはかたくなに別れを受け入れてくれていないのだとか。紀香さんは本当に友達のようですが……。
まあ、愛之助さんのブレイクぶりを見ると、熊切さんが別れたくないことは理解できますしね。でも、『ミヤネ屋』で涙のインタビューを受けているところを見て愛之助さんは結構怒ってらっしゃるとか。さて、この話題ですが……相当話を広げられます。さすがに一流の芸能ニュースは話題展開の宝庫です。

【話題展開例】
・熊切さん、このまま振られちゃうかな?
・熊切と紀香、どっちが梨園の妻にふさわしい?
・愛之助、「半沢」以来、ブレイクしてるよね。
・女の愛情が重くなる時ってどんな時?
・紀香さん、どこに行こうとしているのだろうか?

2、今井雅之さん死去  ☆☆☆

私もずっと一緒に番組をやっていた今井雅之さん。私がMCを務めている『バラいろダンディ』の木曜日のレギュラーコメンテーターとして活躍されていました。芸能界でも愛されていた方なので結構大きなニュースになっており、NHKのニュースでも当日はトップで扱われていましたが、当然、なかなか話題としての展開は広がりません。今いくよさんも同じですが、冠婚葬祭は話題にはするものの、「話題」としてはそこまでの盛り上がりは期待できないと思っておいてください。

【話題展開例】
・彼のどんな作品が好きだった?
・大腸がんの検査ってやったことある?
・がん検診って、どれくらいの頻度でしている?

3、最新版!「平均年収が高い」500社ランキング  ☆☆☆

先週、東洋経済オンラインから発表された平均年収ランキング。これは、単純に「話題が広がる」というよりは社会で働く多くの人々にとって、興味のある話。いわゆる高給取りの代名詞のような会社が上位に名を連ねますが、これらの会社とくらべて自分の会社の立ち位置を見てみることは悪いことではありません。

【話題展開例】
・上位の会社のラインアップを見てどう思う?
・自分の会社、何位くらいなんだろうか?
・年収1000万円超えたらどんな生活してみたい?

4、小笠原沖M8・5 地震  ☆☆☆

小笠原沖M8・5「東日本大震災と違う仕組み」

5月31日に小笠原諸島の西方沖を震源とする推定マグニチュード8・5の地震が発生。気象庁の発表によると、今回の震源は約590キロ・メートルと深く、プレート内部で発生した地震とのこと。
確かにそこそこ揺れましたし、私にいたっては関西でテレビ番組収録が終わった後に帰京している最中だったので、新幹線は止まるわ、停電で車内は暑いわ、で大変でした。
さて、先週は火山の噴火に、地震に、と自然災害が何度か発生した週でもありました。それらについて話をしてもいいですし、逆に冷めた目で「いや、日本はもともと地震列島だから」という視点で話してみてもいいかも知れません。

【話題展開例】
・最近、地震や噴火が多いけど、どう思う?
・どのくらい揺れたら恐怖心を感じる?
・逆に、テレビでは騒ぎ過ぎな気はしない?

information
本気論 本音論
本気論 本音論
気になる社会ニュースや時事ネタに、独自の視点で斬り込む長谷川豊公式ブログ。随時更新中 公式HP:http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/
この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニ…

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆賞与年2回…

株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン 【医療機器営業(生体情…

Twitter Japan株式会社 ◆広告営業◆管理部門◆その他/各事業領域のポジ…

株式会社リクルートスタッフィング 人材コーディネーター(営業職)■未経…

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸...

サイバーエージェント新人王の転職理由~顧客の死に学んだ「お金...

新卒2年目で営業所長になった男がもがいた末に行き着いた「イジ...

アメリカでは外回り営業よりも主流に! 注目の営業職種『インサ...