Vol.141

男性営業マンのクールビズ、「涼しげだけどゆるゆる」、「きちんとした格好だけど汗だく」、許せないのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オトコが気になる究極の2択!
オンナゴコロ研究所
一流の営業マンになるためには、営アシ女子とうまく仕事したり、手ごわい女性担当者を口説きおとしたりと、オンナゴコロをつかむことは必須! 秋の空よりも変わりやすく、東京駅の地下よりも複雑な女性の心、正しく理解できるようになるまでアンケート結果を研究するっす!

今回のテーマ:男性営業マンのクールビズ、「涼しげだけどゆるゆる」、「きちんとした格好だけど汗だく」、許せないのはどっち?

アンケート結果:働く女子190名の答えはこれだ!

「涼しげだけどゆるゆるの方が許せない」派の意見

・クールビズといえども、ゆるゆるの格好は社会人としてダメだと思う。(営業/28歳)

・営業マンとしてチャラい。(その他/34歳)

・若ぶってるように見えるから。(保育士/26歳)

・会社にいる短パンアロハ。私服OKな職場でもそういうのはない。プライベートと仕事の区別は付けるべき。(営業事務/23歳)

・汗だくなら着替えればよいから。(一般事務/24歳)

・きちんとした格好で汗だくなのは頑張っている証拠!!(営業事務/28歳)

・汗だくはむしろ萌える。(接客・販売/32歳)

「きちんとした格好だけど汗だくの方が許せない」派の意見

・清潔感がない。(一般事務/24歳)

・汗だくでシャツが濡れていると、気の毒。(一般事務/37歳)

・汗だくは見苦しい。「脱いでしまえ!」と叫びたくなる。(総務・人事/22歳)

・臭そうなので。(介護ヘルパー/27歳)

・気持ち悪い。(薬剤師/37歳)

今回の研究結果

営業マンを悩ませるクールビズ問題。世の女性たちはどう思っているのでしょう。

結果は「ゆるゆるクールビズが許せない」という女性が6割超え。「社会人としてダメだと思う」「営業マンはきちんとスーツを着てほしい」といった理由が目立ちました。クールビズとはいっても、崩し過ぎると「だらしない」「チャラい」という印象に直結しちゃうんですね。

それなら「汗だくスーツ姿」はいいのかって? もちろんNGでした! 確かに 「汗は努力の結晶」的な意見もありましたが、それはごく一部。「汗だく許せない」派の理由をみると、「臭そう」「暑苦しい」「気持ち悪い」などのストレート過ぎる言葉がズラリ。マナーが云々よりも「生理的にダメ」というわけですから、グサリと突き刺さります。

選択してもらっといて何ですが、夏の営業マンの心得としては「ビシッとスーツ、汗だく抜き」といったところ。ハンカチや着替えは必携。それに冷感スプレー、制汗シート、あとはえーっと……。これぞという汗対策、誰か教えて~!

【アンケート調査概要】
●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年6月4日~9日
●有効回答者数:190名

文/金子恵妙 イラスト/村野千草(有限会社中野商店)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サッポロビール株式会社 オープンポジション

ヤフー株式会社 オープンポジション

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆…

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

株式会社阪急交通社【阪急阪神ホールディングスグループ】 【法人営業…

営業マンの25歳は人生最大の分岐点!? はあちゅうが語る「無...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

ヘタレ営業マンだった僕が、25歳を転機に6千人の頂点に上り詰...

「最低でも50万円」何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃい...

無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸...