Vol.173

相手の本心を探り合う心理戦から営業力を学べる!? 話題のマインドファック・ムービー『ピエロがお前を嘲笑う』【連載:シネマセラピー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画ソムリエ・東 紗友美がアナタにピッタリの1本を処方
映画でお悩み解決☆シネマセラピー
心理カウンセラーの資格を持つ映画ソムリエ・東紗友美が、若手営業マンが抱える悩みに役立つ作品をご紹介! 広告代理店勤務の営業マンだった経験を活かし、ガシガシ皆さんの質問にお答えします!

映画ソムリエ 東 紗友美1986年6月1日生まれのA型。あだ名は“ガシヒー”。広告代理店勤務の後、フリーランスの映画コメンテーターへ転身。年間400本以上の作品を鑑賞し、映画関連のテレビ番組に出演する一方で、新聞や雑誌、Webなどへの執筆も行う。また、映画公開イベントのMCとしても活動し、映画業界を盛り上げるため多方面で活躍中。『ヒガシアター。』: http://higashisayumi.net/

今月の相談

少しネガティブな質問でスイマセン。なんとなく馬が合わないというか……、苦手なクライアントがいて、その人とのアポの前日は、億劫な気分になりがちです。何か気にならなくなる方法を教えてくれる映画はないでしょうか?
(20代/金融関係営業)

今月のお悩みにピッタリなのはこの1本!
『ピエロがお前を嘲笑う』

こんにちは、映画ソムリエの東 紗友美です。
私も「この人、苦手かも!? 仕事じゃなければ、話したりなんかしないのにー!」と、心の距離を置いてしまったクライアントさん……、実はいました(笑)。担当者を自分で選ぶなんてできないですもんね。そのお悩み、大変共感します。

が、しかしですね!
あなたが持っているその人のイメージって、果たして正しいのでしょうか?
人間って一度「この人は、こうだ!」と思うとそのイメージや偏見から抜け出せなくなるもの。

そこで今月は、9月12日より新宿武蔵野館ほか全国ロードショーで公開される『ピエロがお前を嘲笑う』という作品をご紹介します。この作品はハッカー集団をテーマにしたドイツ映画で、自分の中のあらゆる固定概念を覆すような仕掛けがたっぷりです。本国での大ヒット後、ハリウッドが飛びつき、リメイク権争いが起きたという、今後の動きからも目が離せない超話題作なんです!

ピエロがお前を嘲笑う

©Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG, SevenPictures Film GmbH 2014; Deutsche Columbia Pictures Filmproduktion GmbH

ところで皆さん、“マインドファック・ムービー”ってご存知でしょうか?

私も初めて知ったのですが、この作品みたいな予測のつかない展開で観客の心を操り、驚きを与える映画を“マインドファック・ムービー”と呼ぶそうで、巧妙な仕掛けのある『シックスセンス』や『メメント』、『インセプション』などもこれに含まれるとのこと!

だからですね、おしゃべり好きのそこの営業さん!
この映画の結末を軽々しく喋ったら死刑ですよ! 注意してくださいね(笑)。

さて、この物語は世界を騒然とさせたハッキング事件を次々と起こし、殺人容疑のかかった天才ハッカーの青年・ベンヤミンが警察に出頭するところから始まります。そして彼はこう話すのです。

「少し前まで誰にも相手にされず、透明人間のようだった僕の人生は、ハッカー集団のCLAYを結成して180度変わった。次々とターゲットを変え、ハッキングしまくった。最初は遊びのつもりだったけど、世間の注目を浴び、有頂天になっていた。でもまさか盗んだ情報が元で殺人事件が起こるなんて。しかも今度は僕の命が何者かに狙われている……」

そして、彼の自白を元に身辺調査が始まるのですが、捜査官は腑に落ちない事実を次々と発見し、疑念を持ち始めます。彼の話のどこまでが真実で、何が真の目的なのか……。

ほんとに「マインドファッッッック!!!」な結末なので、詳しくは書けないのですが、とにかくスリリングで、疾走感ある展開から目が離せなくなりますよ(汗)。

ハッカー集団・アノニマスを連想させるピエロのビジュアルが怖そうですが、ホラー映画じゃないので、騙される快感を味わいに、映画館デートもイイかもしれません!

ココにも注目!
相手の本心を探り合う心理戦から学べること

ピエロがお前を嘲笑う

©Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG, SevenPictures Film GmbH 2014; Deutsche Columbia Pictures Filmproduktion GmbH

多くを語ることは難しい本作ですが、相談者さまにぜひ注目してほしいところがあります!

それは、捜査官×天才ハッカー、この2人の会話劇を通して浮かび上がる、「誰かとコミュニケーションを取る場合に、“一番”見極めなければならないこと」です。

それはズバリ、「相手の『欲望』が何かに気付くこと」なのです!

相手を思い通りに動かすための秘策は、とにかく相手の欲望を探ること。
これが分れば、相手の望むことが理解でき、苦手な人の懐に入るのも意外と簡単。しかも、自分のイメージまで操作できてしまいます。さらにコミュニケーションを取る上での主導権さえ握れる。なんだか怖いような気もしますね。

クライアントとの商談タイムは限られています。とにかく何か話をして距離を縮めたいと思いがちですが、大切なのはそれだけじゃない!
「今日もいろいろ話したけど、肝心の進捗は変わらなかったなあ」なんて商談が続いている営業マンは、この映画を観て、相手の欲望を見極める術を学んでみては?

では、気が進まないアポがあるあなたへの処方箋として、『ピエロがお前を嘲笑う』を処方しますね。これであなたのお悩みも映画と一緒にスカッと解決しますように!

【今月の1本】

ピエロがお前を嘲笑う

『ピエロがお前を嘲笑う』
監督:バラン・ボー・オダー
出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ハンナー・ヘルツシュプルンク ほか
制作年/国:2014年/ドイツ
公開日:2015年9月12日(土)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
クレジット:©Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG, SevenPictures Film GmbH 2014; Deutsche Columbia Pictures Filmproduktion GmbH
URL:http://pierrot-movie.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニ…

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆賞与年2回…

株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン 【医療機器営業(生体情…

Twitter Japan株式会社 ◆広告営業◆管理部門◆その他/各事業領域のポジ…

株式会社リクルートスタッフィング 人材コーディネーター(営業職)■未経…

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

「3日連続で同じ店に行け」「ご機嫌伺いしたら負けだと思え」酒...

サイバーエージェント新人王の転職理由~顧客の死に学んだ「お金...

アメリカでは外回り営業よりも主流に! 注目の営業職種『インサ...

AI時代も営業って必要? 元マイクロソフト代表・成毛眞が考え...