Vol.205

仕事に張りを感じない営業マンに観てほしい“デス・ゾーン”疑似体験映画【連載:シネマセラピー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画ソムリエ・東 紗友美がアナタにピッタリの1本を処方
映画でお悩み解決☆シネマセラピー
心理カウンセラーの資格を持つ映画ソムリエ・東紗友美が、若手営業マンが抱える悩みに役立つ作品をご紹介! 広告代理店勤務の営業マンだった経験を活かし、ガシガシ皆さんの質問にお答えします!

映画ソムリエ 東 紗友美1986年6月1日生まれのA型。あだ名は“ガシヒー”。広告代理店勤務の後、フリーランスの映画コメンテーターへ転身。年間400本以上の作品を鑑賞し、映画関連のテレビ番組に出演する一方で、新聞や雑誌、Webなどへの執筆も行う。また、映画公開イベントのMCとしても活動し、映画業界を盛り上げるため多方面で活躍中。『ヒガシアター。』: http://higashisayumi.net/

今月の相談

仕事が一区切りし、何となく気持ちがだらけてます(苦笑)。これから年末に向けて忙しくなる時期だし、ラストスパートの約3カ月、最後まで緊張感を持って受注を目指さないといけないのですが……。何か気持ちの引き締まるような映画を教えてください。
(20代/商社営業)

今月のお悩みにピッタリなのはこの1本!
『エベレスト 3D』

なるほど、確かにこの時期くらいから謎の「今年もよく頑張りました感」が芽生えて、気が緩むことってありますね。早くも忘年会のことが頭によぎったり、大変共感します(笑)。

それでは今月は、気持ちが引き締まるどころか、思い出すたび背筋がピーン! シャキン! とせずにいられない「地球上で最も危険な場所」を迫力満点の3D映像で疑似体験できる『エベレスト3D』を紹介しますね。

エベレスト 3D

©Universal Pictures

本作は1996年に実際に起きたエベレストでの壮絶な遭難事故を基につくられた群像劇。急激に変化する山の天候、減っていく酸素……。自然が猛威をふるいまくる“デス・ゾーン(死の領域)”でのサバイバルの様子を実話ベースで描いています。

物語は、ニュージーランドで登山ガイド会社を営むロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)率いる登頂ツアーが、ネパールに到着したところから始まります。ベースキャンプ(標高5364m)で約1カ月間準備を整え、頂上を目指す冒険に出発した一行。別のツアーと協力体制を組み、順調に第4キャンプ(標高7951m)まで登ります。

そして、ついにやって来た頂上アタックの日。道具の不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い下山は大幅に遅れ、未曾有の嵐まで接近。天候は急激に悪化し、デス・ゾーンで散り散りになった登山家たちは、過酷を極めた闘いの中で個々の生き残りの能力を試されます。果たして無事にキャンプまでたどり着けるのか?

ちなみにこのデス・ゾーン、気圧は地上の3分の1、風速320km/h、気温マイナス26度以下! おまけにここ、ボーイング747の巡航高度に匹敵し、飛行機が救出できない高さの場所……。うーん、もはや宇宙より危険?

いろいろとヤバ過ぎるデス・ゾーンを、ハリウッドが総力をかけて3Dで映像化。世界最高峰エベレストの標高8848mの世界を再現しているのですが、「エ、エ、エベレストってヤバ過ぎ!」

本当に映像の迫力が凄くて、私もエベレストにいるかのごとく、だんだん酸素が薄くなってきた気がするほど……。

試写室から出ると、都会の空気ですらいっぱい吸いたくて思いっきり深呼吸していました(笑)。

会話の引き出しは多い方がいい営業職の皆さん、本作はぜひ映画館の迫力ある3D映像で観ることをおすすめします!

疑似体験と言えど、エベレストに登る過酷さを語れるようになるのではないでしょうか!

ココにも注目!
極限状態に陥った時、自分ならどちらを選択する?

エベレスト 3D

©Universal Pictures

本作を観て知ったのですが、エベレスト登頂には「時間切れ」のルールがあり、決めた時間までに辿り着けなければ、あと少しで山頂というところでも、引き返さないといけないのです!

「リベンジしてまた登ればイイじゃん!」と私は簡単に思ったのですが、その考えは一掃されました……。

まずエベレストに登るには、40日間の肉体と精神を鍛える壮絶な訓練を受けないといけないし、何より一度登るのに700万円もお金が掛かるんです!

チームの中には、登山家やジャーナリストだけでなく、エベレストに人生を懸け、2つの仕事を掛け持ちしてお金を貯めてきた人もいて、愛する家族を家に残してエベレストに挑戦しています。だから、何としてでも登りたいワケなのです。

悪天候と不測の事態の連続。しかし、目の前にはエベレストの頂上が。結果、極限状況でのサバイバルへ突入するのですが……。

生きていればまた挑戦できるけど、目標は目の前にある。うーん、「諦めない」も「諦める」も、どちらも勇気が必要なのだと学べます。

お金と時間、なにより人生を懸けてきたゴールがすぐそこに!

あなたが同じ状況だったらどう決断しますか?

そんな風に、自分を見つめ直すきっかけをくれ、だらけた気持ちにカツをいれてくれる1本なのであります。

それにしても、人間の生き様を目の当たりにするって、とてもズシンとくるものがありますね……。とりあえず、怠け気味のアナタ! 背筋が伸びる映画として『エベレスト 3D』を処方します。段々寒くなりますが、年末まで一緒に頑張りましょうね!

【今月の1本】

エベレスト 3D

『エベレスト 3D』
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス ほか
制作年/国:2015年/アメリカ・イギリス合作
公開日:2015年11月6日(金)
配給:東宝東和
クレジット:©Universal Pictures
URL:http://everestmovie.jp/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

営業typeの最新情報をお届けします
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JOB BOARD編集部おすすめ求人

RELATED POSTS関連記事

この記事に関連する求人・キャリア特集

  
typeメンバーズパーク

サッポロビール株式会社 オープンポジション

ヤフー株式会社 オープンポジション

ユニ・チャーム株式会社 法人提案営業◆業界経験不問◆正社員◆…

サイボウズ株式会社 【総合職】適性に合わせて「ビジネス職」「エンジニア…

株式会社阪急交通社【阪急阪神ホールディングスグループ】 【法人営業…

営業マンの25歳は人生最大の分岐点!? はあちゅうが語る「無...

転職で年収17倍!「能力ではなく可能性を信じる」26歳アメフ...

ヘタレ営業マンだった僕が、25歳を転機に6千人の頂点に上り詰...

「最低でも50万円」何で若いうちからこんなに貯金しなくちゃい...

無職になった芦名佑介~高年収も地位も捨てて気付いた本当の“幸...