キャリア Vol.1026

新時代の“転職強者”は誰だ? hey佐藤裕介×ROXX中嶋汰朗に聞く、エンジニア採用の新潮流

中嶋 汰朗さん 佐藤裕介さん

今、エンジニア採用に「リファレンスチェック」ツールを導入する企業が増えているのをご存知だろうか。

例えば、採用候補者の働きぶりについて、現在・あるいは過去の上司や同僚などに回答を依頼できる『back check』というサービスが注目されている。

リファレンスチェックをWeb上で完結できるサービスは『back check』が国内初。同サービスが正式にリリースされたのは2019年10月だが、既に200社以上の企業が導入しており、ミスマッチ採用防止を狙う。

同サービスを展開する株式会社ROXX代表の中嶋汰朗さんは、「北米などではリファレンスチェックツールが当たり前のように使われている。日本でも今後ますます浸透していくはず」と力強く語る。

株式会社ROXX  代表取締役  中嶋 汰朗さん
株式会社ROXX 代表取締役
中嶋 汰朗さん(@ROXX_Taro
1992年東京生まれ。大学時代の2013年に株式会社SCOUTERを設立。これまでに累計12億円を資金調達し、HR Techを代表する企業の一社へと成長させる。19年7月、SCOUTERからROXXへ社名変更。日本初の月額制リファレンスチェックサービス『back check』や、人材紹介会社と求人企業を繋ぐ求人流通プラットフォーム『agent bank』の開発・運営を行う

スモールビジネス向けEC・決済サービスなどの事業を行うヘイ株式会社では、いち早く『back check』を採用活動に取り入れた。

元Googleエンジニアであり、同社代表の佐藤裕介さんは「チームで働く意識があり、チームで成果を挙げられるエンジニアを採りたい。しかし、何百回と面接を重ねても、そういう人を見極める目を養うのは正直言って難しかった」と本音を明かす。

ヘイ株式会社 代表取締役社長  佐藤裕介さん
ヘイ株式会社 代表取締役社長
佐藤裕介さん(@usksato
大学時代に起業し、動画配信の仕組みなどを開発。2008年、Googleに入社し、広告製品開発を担当した。2010年末、COOとしてフリークアウトの創業に参画。同時に株式会社イグニスにも取締役として参画し、2014年6月にはフリークアウト、イグニス共にマザーズ上場。17年1月、フリークアウト・ホールディングス共同代表に就任した後、18年2月にはヘイの代表取締役社長に就任。エンジェル投資家としても活動

面接は基本、一対一のコミュニケーション。その場でうまく自己PRができる人が、これまでの転職では“強者”となっていた。

しかし、そういう時代はもう終わり。

「今後は、一緒に働いていた同僚からの評価が低い人は、採用されにくくなる時代が来る

そう、二人は口を揃えた。それは一体なぜかーー。

ここ最近のエンジニア採用のトレンドとあわせ、リファレンスチェックツールがさらに浸透した世界で転職強者になれるエンジニアとは一体誰なのか、中嶋さん、佐藤さんのお二人に聞いた。

天才タイプより、チームで勝てるエンジニアが欲しい

ーーここ最近、エンンジニア採用で「リファレンスチェック」ツールを導入する会社が増えています。それはなぜですか?

佐藤さん(以下、敬称略):IT市場の成熟とともに、採用したいエンジニアのタイプが変わってきているというのはあるでしょうね。

数年前までは3〜5人ぐらいの少人数でアプリなどのWebサービスや、システム開発をすることがよくありました。ですが、今では数十人、数百人で行う大規模開発が普通になっています。

そういう開発現場では、一人の突出した才能よりも、チームで生産性を最大化することが求められる。

だからこそ、高い技術力を備えた天才タイプより、チームでパフォーマンスを挙げられるエンジニアが求められるようになっています。

ーーすると、リファレンスチェックがより重要度を増す、と。

佐藤裕介さん

佐藤:はい。チームの中でどう振る舞う人なのかを事前に知る必要があるからです。

これまでのように「技術力の高い人」を採用したい場合は、作ったものを見せてもらったり、コーディングテストなどをすればある程度見分けることができました。

ところが、その方法では「チームで働いたときに生産性を最大化できる人」は見分けられないんですよ。

面接の時間をいくら確保したところで、一緒に働いてみないと分からないことはすごく多いので。

中嶋さん(以下、敬称略):僕もこの1年で40名ほど採用をした中で、面接も場数を踏めば“見極めスキル”は伴って伸びていくと思っていたんです。

さらに言うと、「採用の失敗が起こるのは、採用する側の見極めが甘いからだ」とも思っていて。

どうすればミスマッチのない採用ができるか、他社の人事担当者や経営者、さまざまな人にアドバイスをいただいていました。

中嶋 汰朗さん 

でも、どれを実践してもあまりうまくいかなかったんですよ。それで、面接の場だけで見極めるなんて、そもそも無理なんじゃないか、という思いが強くなって。

佐藤:中嶋さんが仰るように、自分一人の打率でさえなかなか上がらないのに、採用に関わる複数の社員が一定の判断基準を維持するのは非現実的だと思いますね。

「面接すればするほど、分からなくなる」

中嶋:昨年、ヘイはエンジニアを中心に、かなりの人数を採用していましたよね?

佐藤:ええ、1年間で120人ほど採用しました。だから、その前の段階では数千人の候補者の方と会っていることになりますね。

中嶋:それだけの人数の採用を経験していても、やっぱり面接での見極めは難しいですか?

佐藤:難しい。面接をすればするほど、何が正しいのか分からなくなってきますし、自分の目は信用できないですね(笑)

逆に、ちょっとでも一緒に働く機会さえ設けられれば、その人がチームに貢献できるエンジニアかどうか見極められるんですけどね。

ーーチーム貢献度が高そうだと思って採用した人が、そうでなかったこともこれまでにありましたか?

佐藤裕介さん

佐藤:全然ありますよ。

経営層クラスの採用となると話は別で、じっくり時間をかけてお互いを理解し合ってからジョインしてもらうので、ミスマッチはほとんど起こりません。

ですが、一般的なメンバーポジションの方の面接にあてられる時間は30分〜1時間が限度。そんな短時間では、お互いに素を出すところまで行き着けずに終わってしまいます。

中嶋:採用が失敗する原因には、候補者側の面接の得意不得意もありますよね。面接でよどみなく受け答えができるからといって、技術者として優秀かどうかは分からないじゃないですか。

反対に、一対一の面接の場で話すのが苦手なタイプでも、チームの中に入るとすごく良いパフォーマンスを発揮する場合もあるし。

ーー自己PR上手な人につい高い評価をつけてしまうというのはありそうですね。

中嶋:そうですね。でも、その人が語っている長所が、必ずしも他者評価と一致するわけではないんですよね。自己評価と他者評価にズレがあることの方が多い。

佐藤:これまでの面接で重視されてきたような「短時間で自分を良く見せるスキル」って、エンジニアの生産性にはほとんど関係ないんですよ。

でも、どうしても自己PR上手な人に評価が偏りがちになる。人間をバランスよく評価するのって本当に難しいですね……。

ーー面接上手な人に評価が偏るような採用は、もう変えなくてはならないと。

佐藤:はい、そういう時期に来ていますね。

採用のミスマッチは企業側だけでなく、候補者の人生にとっても大きなマイナスです。人生の何分の一かを自分に合わない会社で過ごすのは、「時間の浪費」ですから。

また、採用はスタートアップやベンチャー企業にとっては最も大きな投資の一つですから、失敗は本来許されません。

企業と候補者どちらにとっても、可能な限りミスマッチが発生する確率を下げる必要がありますね。

チーム戦重視だけど、求める技術力も上がっている

ーーヘイはかなり早いうちにリファレンスチェックツールを導入したと聞いていますが、どんな風に使っているんですか?

佐藤:最終面接で僕が直接確認すべきことを明確にするために使っていますね。

面接官のレビューに加えて、『back check』で得た周囲の人からの評価を参考にして、僕が最終面接で確かめるべきことを考える、という感じです。

back checkについて

中嶋:例えばどんなケースがありましたか?

佐藤:匿名性を保つために多少脚色して話しますが、ここ最近でヘイに面接に来てくださった方の中に、「技術力は非常に高いけれど、周囲に自分の考えを押し付けがち」と面接官にレビューされていたエンジニアがいたんですよ。

佐藤裕介さん

それで、『back check』で現職の上司・同僚の方からの評価を見てみたら、まさに同じような問題点が生々しいエピソードとともに書かれていて。

確かに高い技術力を持っていることは魅力だけど、チームで気持ち良く働ける人でなければヘイではやっていけない。

だから、「自分で自分の課題を認知しているか」「自分の問題点を改善し、チーム貢献できる人へと変わる意志はあるか」この点を確認しようと決めて、最終面接に臨みました。

中嶋:貴重な最終面接の時間を、聞くべきポイントを見定める手探りの時間に費やしてしまうのは双方にとってもったいないことですからね。

中嶋 汰朗さん 

中嶋:最終的に、その方の結果はどのようになりましたか?

佐藤:「変わる意志がない」と判断し、採用はお見送りしました。

ただ、誤解してほしくないのは、「自分の意見を押し付けがち」というその性質は、必ずしも直さないといけないものではないんですよ。

要は、現在の僕らのチームにはその性質が合わないというだけで。ヘイに入社するなら「変わることを求めます」という意味。

何があってもぶれない人を必要としているチームがあれば、その方の素質はそこでは強みになるかもしれない。

中嶋:何となく候補者を見送るのではなく、見極めるべき要素をしっかり確認してから見送れたのは大きいですね。後悔がないというか。

僕はこれまで、「面接で自分自身が迷いを感じたら、見送るべき」と多くの方々からアドバイスをいただいてきました。要は、「自分の直感を信じろ」という“言い伝え”みたいなものです。

でも、今の佐藤さんのお話からすると 、「迷ったときほど、しっかり確認しろ」というのが正解ですよね?

佐藤:そう! その“言い伝え”は、僕もこれまでに幾度となく言われてきましたから。

それで見送ったら、数カ月後くらいに「以前うちの会社に面接に来てくれた人が、○○社で今すごく活躍してるらしいよ〜」なんて噂を小耳に挟んで猛烈に後悔したりして。

「あーなんであの時うちで採用しなかったんだ!」って心の中でジタバタする(笑)

中嶋 汰朗さん 佐藤裕介さん

中嶋:あるあるですね(笑)

佐藤:あと、面接では話下手で自信が無さそうに見えた人でも、一緒に働いていた人たちからは大絶賛されているケースもありますよね。

そういう人とは、「もう一回しっかり話してみる」という判断をすることもあります。

中嶋:面接ではお見送りかなと思っていたけれど、リファレンスチェックをきっかけに採用につながったという例はよく聞きます。

チームに貢献する仕事をした方が次の会社に採用されやすくなるのは、企業と候補者どちらにとっても良いことですよね。

ーー「チーム貢献度」重視の採用が増えつつあるというお話でしたが、エンジニア採用において技術力はあまり重視されなくなっているのでしょうか?

佐藤:そんなことはないですね。技術力は今でも重要ですし、求められるレベルはむしろ上がっていると思います。

佐藤裕介さん

でも、それと同じぐらい「チームへの貢献度」が求められるようになってきているという感じです。

例えば営業職の方なら、大して周囲に協力的でなくても、ずば抜けた売り上げ実績を残す人もいると思うんですよ。会社も別にそれはそれで困らないし。

でも、エンジニアは、それぞれが作ったものをビルドする作業が発生します。そこでは、相手がしていることへの理解や配慮が絶対に必要なんです。

実際、情報の共有やドキュメンテーションといった、チーム全体に貢献する作業が業務時間の大半を占めることもありますしね。

中嶋:エンジニアは営業職のように、能力「10」の人が10人集まれば「100」のパフォーマンスを出せる、というわけではないですからね。

中嶋 汰朗さん 

佐藤:本当にそうで、「皆はまだ計算ドリルが2ページしか進んでいないのに、1人だけ3冊目に突入している」ということがエンジニアはできません。

一時期もてはやされた「フルスタックエンジニア」も、今ではほぼ聞かなくなりましたが、それとも関係していると思います。

一つ一つのWeb技術が深くなってきているので、一人で全部やるのはもう無理なんです。

ーーWeb技術が深くなってきている?

佐藤:ユーザーの目が養われているというんですかね、Webサービス一つとっても「使いやすい」とか「見やすい」の基準がどんどん上がってきちゃっているんですよ。

2011年頃は僕一人で大量にアプリを作っていて、自分でごりごりデザインもしていました。でももう、僕が作ったアプリなんて「ダサっ!」って言って誰も使ってくれないし、ボタンも押してくれないと思いますよ(笑)

中嶋:(笑)。そうすると、エンジニアは万遍なくスキルを広げるよりも、一つの領域でプロフェッショナルとして専門性を磨く方が良いということでしょうか。

佐藤:一点、何か強みがあるのはいいですね。

自分がプライドを持てる専門分野を持つこと。その上で、他の専門性を持つ人たちにも敬意を持って接すること。このバランスが大事です。

「家電型スキルアップ」「転職スタンプラリー」に要注意

ーー高い技術力と、チームに貢献する力、それぞれをバランスよく磨いていくために、普段の仕事の中で意識すべきことは?

佐藤:自分自身のキャリアを定期的に振り返る習慣は付けた方がいいですね。

自分の技術力を上げることばっかり考えていないか、周囲の人のために何かアクションを起こしているか、まずは認識するところから。

佐藤裕介さん

というのも、エンジニアは自分自身のスペックを「家電的」に見てしまう人が多い印象でして。機能がどんどん搭載されていくっていうんですかね。

エンジニアのスペックって「Rubyができる」さらに「Pythonで○○が作れる」とか、エアコンでいうところの「マイナスイオンも出せる」「消臭もできる」みたいな分かりやすいアピール項目がビジネスサイドの人よりつくりやすいじゃないですか。

だから、エンジニア自身も、追加機能の搭載に一生懸命になり過ぎてしまう。グレードアップしていることが分かりやすいので。

中嶋:すごく納得感がありますね。

中嶋 汰朗さん 

中嶋:エンジニアの方と面接をするときに感じるのが、「自分の能力を上げたい」ということを転職の目的にしている方が多いということ。

「この転職で、自分のスキルをもっと上げたい」と仰る方がたくさんいらっしゃいます。でも、それってどうなんでしょう?

自分の市場価値を高めるのは大事な側面ですが、新しいチームの中で自分がどんなパフォーマンスを出せるか、という視点が抜け落ちてしまっているようにも感じます。

佐藤:転職をまるでスタンプラリーのように捉えている人は多い気がしますね。次はあの環境でこの技術を使って……というように。

それが悪いわけではありませんが、自分は何をフィードバックされて、その時に何を受け入れられたのか。チームの人たちにどういう風に貢献できたのかを考える機会が少な過ぎる

繰り返しになりますが、エンジニアに技術力が求められることは今も昔も変わっていません。

ただ、それと同じぐらいのこだわりを「チームへの貢献度」にも向けられると、これからの時代にますます必要とされるエンジニアになれるのではないのでしょうか。

中嶋:多くの企業は、単にスペックの高い人を採用してもうまくいかないことに気付き始めています。でもこれは、むしろ良い変化ですよね。

いま携わっている仕事や、関わっているチームメンバー……目の前のことと真摯に向き合って良い仕事をしているエンジニアがちゃんと報われるということですから。

もし、チーム貢献への意識が「疎かになっていたかも」と思うようなら、ぜひ明日から見直してみてほしいと思います。今の会社で応援してもらえる人こそ、これからの時代の“転職強者”ですね!

中嶋 汰朗さん 佐藤裕介さん

取材・文/一本麻衣 撮影/桑原美樹 編集/栗原千明(編集部)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

エンジニアtypeの最新情報をお届けします

RELATED POSTSあわせて読みたい

RECOMMENDED POSTSあなたにオススメ

JOB BOARD編集部おすすめ求人

エンジニアWebメンタリング
記事検索

サイトマップ



記事ランキング

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まないためのキャリア戦略

SIerって本当にヤバいの? ひろゆきが語る、業界ごと沈まな...

英文メールでよく見る「略語」の意味は?アメリカ&シンガポール企業で働くエンジニアが解説

英文メールでよく見る「略語」の意味は?アメリカ&シンガポール...

頭痛にコーヒーが効くって本当? 管理栄養士がエンジニアに送る「頭痛対策フード」3つ

頭痛にコーヒーが効くって本当? 管理栄養士がエンジニアに送る...

コロナショックが「エンジニアの転職」に与える影響は? 4つの疑問に転職のプロが回答【高野秀敏】

コロナショックが「エンジニアの転職」に与える影響は? 4つの...

データサイエンティストに必要なスキル・仕事内容・勉強法を網羅的に解説

データサイエンティストに必要なスキル・仕事内容・勉強法を網羅...

「type転職エージェント」無料転職サポートのご案内 Interop20 Tokyo