エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

【SE歓迎】新しいBtoBサービスを創るハッカソン『2B Hack』~MOVIDA JAPANと共同で6月14日、15日に開催!

公開

 

日本オラクルの初代社長で、現在は日米のITベンチャー投資・育成に力を注ぐサンブリッジのグループCEOアレン・マイナー氏は、2013年1月に弊誌が行ったインタビューでこう述べた。

わたしが最初に述べた3つのトレンドの1つ~クラウドサービスやタブレットデバイスを利用する意思決定が、IT部門から部課レベル、もしくは個人に移りつつある~に照らし合わせて考えると、日本人的なおもてなしの考え方で作られるソフトウエアにスポットライトが当たりやすくなるはずです。

加えて、冒頭で例に挙げたiPadのように、10年に1度生まれるかどうかというイノベーティブな製品であっても、まだパーフェクトなインターフェースにはなっていません。手書き入力やペン入力、バーチャルキーボードなど、どの入力方法も過渡期にあります。クラウドプラットフォームによって変化したエンタープライズITも、同じような状況にあると思っています。

よりユーザーに近い業務アプリ開発の部分には、まだまだイノベーションの余地があるということです。

※「アレン・マイナー氏が読み解く2013年のエンタープライズIT」より抜粋

マイナー氏は、エンタープライズITの新たなイノベーターとなったSalesforce.comをいち早く日本に広めた人物としても知られているが、そんな先見の明を持つ同氏は「今、世界制覇に最も近いのは業務アプリ開発かもしれない」と語っている。

【スマホ・タブレット対応】【UI刷新】【データ連携】【コラボレーション】【ビジュアライゼーション】などなど、ビジネスパーソンの生産性向上やBtoBビジネスの変革をなし得るテーマはまだまだ残っているということだろう。

そして2014年、この“予言”通りの動きが、国内外で散見されるようになってきた。

つい先日も、GoogleがAndroid/iOS向けBYOD(私用デバイスの業務利用)ツールのDivideを買収し、企業向けオンラインストレージ『Box』が日本市場での事業展開を発表した。これらの一例を見ても、いよいよ「BtoB向けテクノロジーサービス」の転換期が迫っているといえよう。

そこで弊誌は、6月14日(土)~15日(日)の2日間、起業家育成で知られるMOVIDA JAPANと共同で【新しいBtoBサービスを創るハッカソン『2B Hack』】を企画・開催する。このハッカソンの特色は以下だ。

【1】エンタープライズ業務を知るSEの参加歓迎!

各所で行われるハッカソンイベントを取材すると、比較的BtoC向けのWeb・アプリサービスを企画・開発するケースが多いが、この『2B Hack』ではBtoB向けサービス/エンタープライズ向けサービスの企画・開発に特化した内容を予定している。

BtoB領域の新たなサービス構想を持っているエンジニアやデザイナーはもちろん、B向けサービスの肝となる企業の業務フローに精通する業務系SEや、情シスエンジニアの参加も大歓迎。

ぜひ、日々の仕事の中で感じる「システム開発のギモン」や「ユーザー業務の矛盾」を解消するようなサービスをゼロから創ってほしい。

【2】BtoB市場に新風吹き込む協賛企業からメンターが参加!

今回のハッカソンは、高い技術力とユニークな戦略で日本国内のBtoB/エンタープライズ市場に新風を吹き込むテクノロジー企業数社が協賛してくれることになった。

サイボウズ株式会社(グループウエア大手)
Sansan株式会社(クラウド名刺管理)
株式会社gamba(日報共有ツール『gamba!』提供)
八面六臂株式会社(鮮魚流通に特化したITプラットフォーム)
さくらインターネット株式会社(サーバホスティング)
株式会社ビズリーチ(転職・求人サービス)
株式会社Ptmind(Webデータ分析システムの開発及び提供)

当日は各社の「中の人」に講演・メンタリングしてもらいながら、サービス開発の工夫やBtoBマーケットでシェアを伸ばすためのアイデアを皆で議論する場も設ける予定だ。

【3】優れたサービスを開発したチームは、起業のチャンスも!

『2B Hack』を共同開催するMOVIDA JAPANは、ハッカソン終了直後の今年7月より、MOVIDA Seed Acceleration Program(創業まもないスタートアップや起業家を公募し、6カ月で事業を加速させる実践型スタートアッププログラム)の6期生公募~選抜を開始することになっている。

それゆえ、当日企画・開発したサービスの内容によっては、起業「も」視野に入れることが可能だ。

現実的な目標として、新たなBtoBサービスによるビジネス立ち上げを検討しているという起業志望者はチャレンジしてみては?

【!】チーム(2~3名)での参加も可

【!】ハッカソンではサイボウズの業務アプリクラウドサービス『kintone』のAPIを公開

【!】応募から参加までの流れについては、「参加登録ページ」に明記

開催・募集情報

■日時:2014年6月14日(土)~15日(日)の2日間
■会場:Sansan株式会社 セミナースペース(東京・表参道)
■住所:東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
■参加可能人数:30-40名(※応募多数の場合は抽選となります)
■2日間の流れ:

【14日】
協賛企業による講演~ミートアップランチ&チーム決め~アイデアソン~ハッカソン

【15日】
ハッカソン~デモ~懇親会

■応募:以下の「参加登録ページ」から
※6/14で終了しました。

■主催:MOVIDA JAPAN、エンジニアtype編集部