エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[3/10開催] エンジニアtype×トーキョーよるヒルズが20代限定ホームパーティー&ハッカソン『うまナイト』をスタート~初回ゲストは家入一真氏!

公開

 

そもそも、「開発」って何だろう? 仕様書どおりにシステムを作ること? とにかく「動くもの」を作ること? ふと、そんな疑問を抱き、意味と語源を調べてみた。

【意味】

(1)手紙の封を切る。開封。 (2)教え導く。 (3)山林や原野などを切りひらいて、資源や土地を人間が利用する。 (4)人間の、かくれた才能などを引き出す。 (5)新しいものを考え、作り出し、実際に役立つものにする。

【語源】

もともとは仏教用語で、仏性(=仏の性質・本性)を開き発(ほっ)せしめること。

※【意味】は三省堂『新明解 現代漢和辞典』より。【語源】はWikipediaより 

これらを勝手ながら意訳すると、本当は「開発」って、自分のアイデンティティーや本性を思いっきりさらけ出しながら、何か新しくて役に立ちそうなものを生み出す、ということじゃないですか!?

そんな「開発」の原点に立ち戻るような、新感覚なハッカソンができたら楽しそう……ということで、気鋭の若者集団『トーキョーよるヒルズ』と『エンジニアtype』がタッグを組み、20代限定のハッカソンイベント『うまナイト』を定期開催していくことになった。第一回目となる3月10日(土)は、あの家入一真氏が「オトナゲスト」として参加してくれることに!!

そもそも『うまナイト』とは何か? 「オトナゲスト」とは何なのか? そして、共催の『トーキョーよるヒルズ』とは一体? これらの概要を説明すべく、Q&A形式でイベント詳細をまとめてみた。
 

20代の「創る人」限定のホームパーティー&ハッカソン!!

Q. まず、『うまナイト』とは?

A. ワンナイトLoveならぬワンナイトDev、「真夜中にサービスを産む」から『うまナイト』です。全員が「必ず何かのWebサービス(アプリ)をカタチにする」をテーマに集まっていただくことで、「創る人」同士の濃密な交流を応援するハッカソンイベントになります。今後は1カ月~1カ月半に一度のペースで定期開催していく予定です。

Q. なぜ「20代限定」なの?

若者同士の交流の場『トーキョーよるヒルズ』には、夜な夜な開発合宿に訪れるエンジニアもいるという

若者同士の交流の場『トーキョーよるヒルズ』には、夜な夜な開発合宿に訪れるエンジニアもいるという

A. クリエイティブなプロジェクトを多数仕掛ける20代のメンバーを中心に、新しい時代の生き方・働き方を発信している昼夜逆転シェアハウス『トーキョーよるヒルズ』(東京・六本木)とコラボ開催するからです。

彼らとともに、これからを担う若者同士が交流し合いながら新発想のサービスを生み出すのを応援するため、あえて20代限定にしています。

Q. 普通のハッカソンとは何が違うの?

A. 『うまナイト』のキャッチコピーは《一夜限りのホームパーティー&ハッカソン》。つまり、「夜の六本木、ホームパーティーのようにハッカソンをやってみる」というのが特徴です。勉強会や競技会的なノリのハッカソンよりも、「楽しく気軽でラフな交流の場」の方が、感性を思いっきり発揮できるのでは? と考えました。

当日はカレーパーティーあり、お酒やRed Bullも完備、開発に疲れたらシャワーもアリと、シェアハウスならではのアットホームな雰囲気の中で開発に取り組めます。

初回ゲストは家入一真氏! だから「家入☆うまナイト」

Q. 「オトナゲスト」って何?

A. サービスアイデアを生み出す際のサポーターとして、毎回異なるIT起業家や有名エンジニア、プロデューサーなどの方を「オトナゲスト」としてご招待。彼らに「こんなサービスが欲しい」というお題をいただきながら、その場で一緒に開発テーマをブレストしていきます。

記念すべき第一回のオトナゲストは、paperboy&co.の創業以来、数々のオモシロサービスを生み出してきたWeb業界きってのビジョナリー・家入一真氏。参加者とどんな化学反応が生まれるか、こうご期待!

(※その他、ハッカソンをサポートしてくれるオトナエンジニアも1~2名参加します)

第1回『うまナイト』オトナゲスト

株式会社ハイパーインターネッツ  代表取締役
家入一真氏

1978年福岡県出身。2001年、paperboy&co.の前身である合資会社マダメ企画を設立し、個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!』の提供を開始。2008年12月にpaperboy&co.をジャスダックに上場させ、2011年に退任。その後、2009年4月にパーティカンパニー設立。都内に飲食店を6店舗運営。”悪ふざけ文化創造企業”をスローガンに、人が集まる場をつくり出している。2011年1月よりハイパーインターネッツを設立。すべてのクリエイターへ贈るファン獲得と創作活動支援のための、クラウドファンディングのプラットフォーム『CAMPFIRE』を立ち上げる。2011年7月にはpartyfactoryを設立してクリエイターやスタートアップ起業家を支援するベンチャーキャピタルを始動。著書に『こんな僕でも社長になれた』がある(ワニブックス・電子書籍)

Q. どんな人が参加できるの?

A. 参加してほしいのは、「とにかく何か創りたい20代」「エンジニアかWebデザイナー」、そして「現状を変えたい夜型人間」です。この条件に当てはまれば、『うまナイト』はスキル・言語の違いも、境遇の違いも、個性の違いも全部受けとめます。会場の『トーキョーよるヒルズ』には女性メンバーがいるので、女性も安心して参加できます。

唯一の参加NGコードは、「受け身体質」な人。どうすれば面白くって、楽しくって、世の中が変わりそうなサービスができるのかを、みんなで議論し合いましょう。

……と、『うまナイト』概要をまとめてみたが、3月10日のハッカソンが「新感覚」なものになるかどうかは、参加される方々のキャラクターと感性次第。ぜひ奮ってご参加を!

歴史は夜作られる!

■開催日時:2012年3月10日(土)19:00~29:00(翌5:00)

■会場:六本木・昼夜逆転シェアハウス『トーキョーよるヒルズ
(東京都港区六本木。六本木『ニコファーレ』近く)

■参加人数:15~20名程度。下記フォームより事前登録をお願いします。
(※応募多数の際は抽選となります。2/24(金)に参加の可否と会場住所をお伝え致します)

※事前登録は締め切らせていただきました。多数のご応募ありがとうございました。

■参加費:無料。パーティー用のおつまみor飲み物(3~4人分)を一品ご持参ください。

(お茶&ビール&Red Bullは会場にてご用意しております)

■持ち物:ノートPC1台と好奇心。または野心(※無線LAN完備)

■運営:『エンジニアtype』編集部/『トーキョーよるヒルズ』メンバー

■タイムテーブル(予定)

【19:00~21:00】自己紹介タイムを兼ねたカレーパーティー

【21:00~24:00】開発テーマブレスト会
家入氏を交えての「開発テーマ&プランブレスト会」を行った後、プログラマー×デザイナー(3人×5組を予定)で小規模チームに分かれ、構想決定ミーティングまで行っていただきます。

【24:00~28:00】夜通しハッカソン in シェアハウス

ホワイトボード、手作り夜食、”精神と時の部屋”(隔離された作業部屋)などをご用意しています。気分転換にお風呂・シャワーの利用も可能です♪

【28:00~29:00】開発結果プレゼンテーション

チームごとに開発結果(デモページまででも可)について発表を行っていただき、全チーム終わったところで、順次解散となります。

※上記タイムテーブルはあくまでも予定です。「ホームパーティー&ハッカソン」なので、 進行は当日の雰囲気や参加者・オトナゲストの意向により変更、アレンジが加わる可能性があります。