エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

「60歳以上は信用するな!」 夏野剛が若者に伝えたい、ワークスタイルの新フォーム【特集:New Order_04】

公開

 
慶應義塾大学 政策・メディア研究科
特別招聘教授  夏野 剛氏

1965年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京ガス入社。米ペンシルベニア大学経営大学院ウォートンスクールでMBAを取得。1997年、NTTドコモに転職し、iモードの立ち上げに携わる。現在は慶應義塾大学で教鞭を執るほか、ドワンゴをはじめ、セガサミーホールディングス、グリーなど数多くの企業で役員や顧問を務めている

―― インターネットの普及によって、わたしたちのライフスタイルは大きく変わりましたが、さらなるWebサービスの浸透は、今後どういった変化をもたらすのでしょうか?

インターネットが生活に影響をおよぼし始めたのが1998年前後。それから今まで、ネットの普及は3つの革命が起こしたとわたしは考えています。

まず1つ目が”ビジネス革命”。Web上にビジネスのフロントラインが拡がったことで、これまでの「商圏」と言う概念が取り払われてしまいました。

例えば、1998年まで、国内線の航空チケットの売り上げは、コールセンターか旅行代理店からの受注によって占められていましたが、このころを境にWebからの予約販売が増え、今やインターネット経由の売り上げが約70%を占めるまでに至っています。

松井証券がネットトレードを始めたのも同年ですし、楽天が創業したのもこの前年。企業を取り巻くビジネス環境も、リアルからバーチャルに拡大していったんです。これが最初の革命。

そして次に”検索革命”。奇しくもグーグルの創業も1998年。それから14年あまりで、検索エンジンなくしては仕事にならないほど、日常に密着しています。これって一昔前ならとても考えられないことだと思いませんか?

僕が学生だった80年代なんて、何か調べものをようと思ったら図書館に通う以外方法はありませんでしたよ。その上、何日も苦労して探しても出てくるのは古い文献ばかりで使い物にならない(笑)。それが今では、一晩家にこもってググるだけで世界中の情報が入手できる時代になってしまった。

昨年の原発事故の時もそうでしたよね。事故直後から原子力の専門家でも何でもない普通の人が、世界中のWebサイトから論文や資料を入手し、少なくない数の人がメルトダウンを予測していた。この事実を3カ月後に認めた政府より、はるかに高いレベルの知識を一般人が得ていたんです。個人の情報収集能力が劇的に向上しているのは間違いありません。

インターネットは3つの革命を起こした。でも日本は中途半端

 

キャプ

「ソーシャル革命のまっただ中にいるにもかかわらず、それを活用しようとしない日本の現状がもどかしい」(夏野氏)

最後が、個人の情報発信能力を高めた”ソーシャル革命”です。今どき、Twitterで1000人フォロワーがいる人は、珍しくもない。でもかつては、1000人の人と瞬時に感情を共有したりする手段なんてどこにも存在しませんでした。

こうしたソーシャル革命が引き起こしたのが、チュニジアやリビアの市民革命だとされています。ソーシャルには1つの政権を倒す程に、個人の共振能力を高める力があることを示したのです。

それほど大きな革命の最中にいるというのに、日本ではこの状況を活用しようという動きがとても鈍い。それがもどかしいんです。

―― 例えばどういったところに、もどかしさを感じるんでしょうか?

分かりやすいところでは、会社組織がそうですね。ライフスタイルも仕事の進め方も15年前とはまったく違うのだから、当然組織のあり方も変わっていなきゃいけないはずなのに、相変わらずヒエラルキー構造の中で仕事をしている。

個人の能力が圧倒的に強くなっているのに、その能力を活かすような仕組みに変えられていないんです。日本だけが古いやり方に縛られているように思えてなりません。個人的には中間管理職をなくして、社長、部長、あとは平社員で十分だと思うんですけどね。

会社組織にしても、政治や選挙システムにしても、インターネットをツールととらえてフル活用すれば、まったく新しいものに変えられるはずなんですよ。

それをはばんでいるのが60歳±5歳の世代。彼らの大多数は、新しいITや事象に疎いし、同じ世代としか付き合いたがらない。そもそも新しいライフスタイルに適応できないと思っているので、ITに対する抵抗感が強い。

「オジさんの言うことは、絶対に聞くな」

 

キャプ

「若者は自分のライフスタイルにもっと自信を持ち、3、40代の人はそれをサポートすべき」(夏野氏)

じゃあ若者たちは、オジさん・オバさんとどうやって対決していけば良いのか(笑)? あえて特別なことをする必要はないと僕は思うんです。邪魔する世代はもう何年かしたら表舞台から去っていきますから。

だからそれまでの間、若者世代は自信を持って自分たちのライフスタイルを貫くべきです。高度なインターネットやITを使いこなすことによって、古い世代にパフォーマンスの違いを見せつけてやれば良い。仕事でもボランティアでも構いません。やりたいことをやって、彼らにできないことを勝手に実現しちゃえばいいんですよ。

特に今の20代は、50代の雇用を守るために苦しい思いを強いられている。こんな不公平がそのままであって良いわけがない。だから新たなアイデアをITを駆使することで実現し、彼らに対抗すべきなんです。

「信ぴょう性に欠ける」だとか、「犯罪の温床」だとか、今だにインターネットに対して否定的な意見が多いのは、ネットユーザーである若者が悪いというよりも、社会がそれについてきていないだけ。雑誌だってテレビだっていい加減な情報があるじゃないですか? それと同じです。

だから僕はいつも大学の生徒たちに、「オジさんの話を聞くのは良い。でも、絶対に言う通りにはするな」って言っています(笑)。オジさんたちの体験は古くて参考にならないですから。

繰り返しになりますが、若者は自分で良いと思うこと、やりたいことをどんどんやれば良い。先輩が止めようとするなら、振り切ってでもやるべきです。

―― これからを担う世代に伝えたいことは?

ジョブズのすごさは、実現しうる技術が登場してくる前に「こんなものがあったら良いな」という、ある種ドラえもん的なヴィジョンを具体的に抱いていたことだと思うんです。あれこれ夢を抱いていたら、うまい具合に世の中の技術が発達してきて、iPhoneやiPad、Siriなど、優れたプロダクトやサービスを生み出すことができた。

つまり、未来を切り拓くプロダクトやサービスは、「今、手元にある技術で何ができるか」という、技術ベースで生まれるものではなく、「こんなのがあるべきだよな」というヴィジョンありきなんです。

僕の経験で言えば、「おサイフケータイ」が同じようなプロセスで実現を果たしたケースでした。僕がドコモに入った1997年当時は、おサイフケータイを実現するための技術的基盤はなかったものの、iモードが実現する前から「ケータイとサイフが一緒だったら便利だよな」というイメージがありました。

身に付けた技術やスキルに「使われる人」になるな

ですからもしあなたがもしエンジニアなら、「技術に使われる」エンジニアだけにはなってほしくないと思います。

例えば、アメリカ人を口説きたかったら英語を学ぶのは当たり前でしょ? でも、もしその後で素敵なフランス人に出会ったらフランス語を学べば良い。「もう英語を学んじゃってるから、フランス人は口説けない」って嘆くのは絶対におかしいって思いませんか?

それだと「口説く」という目的と、手段でありツールであるはずの「言葉」が逆転してしまっている。若い作り手の人には、そうやって手段と目的を取り違えることなく、自分が勉強して身に付けた技術で「何がしたいのか」よく考えてほしいです。

これだけインターネットが生活に浸透した今、人は多様的なのが当たり前になってきています。そんな世の中で、文系か理系かとか、技術畑かビジネス畑かだとか、既存の価値観でものごとをカテゴライズする意味がなくなってきています。将来的には、国境や国籍、過去のバックグラウンドなども、人を見る上でさほど重要な問題ではなくなるはずです。

そんな時代に唯一問われるものがあるとすれば、それは個人の「情熱」です。インターネットという強力な武器を得た今、これからどんどん自分に忠実に生きやすい時代になっていくでしょうし、またそうしていかなければいけないと思っています。

取材・文/武田敏則(グレタケ) 撮影/桑原美樹

【特集:New Order記事一覧】
「特集:New Order」は、4月3日から毎日一人ずつ、記事を公開していきます。
>> 01_「『Why?』のある企業だけが生き残る」中島聡が語る”3度目のワールドシフト”の正体
>> 02_「共感が情報通信を変える」初音ミクを生んだ伊藤博之が考えるコンテンツ産業の未来形
>> 03_「日本を立て直すにはこれしかない」 ゲーム界の寵児・國光宏尚の世界制覇シナリオ
>> 05_「デザインは可能を芸術に昇華させること」上杉周作が語るこれからのプロダクトデザイン
>> 06_「ニーズは発明の後に生まれる」高橋智隆が指し示す、モノづくりの新機軸
>> 07_「ジョブズになれると思うな!」成毛眞が主張する、変革者になれない人の人生論
>> 08_「SNSの効用はオフラインでこそ発揮される」津田大介が語るコミュニケーション革命の深層
>> 09_「クラウドがWebサービスづくりのルールを変えた」AWS長崎忠雄が語る”New world of IT”の全景
>> 10_「愚の骨頂だったことが『いいね』に変わる」猪子寿之が見据える、次の時代のクリエイティブ