エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[特集: 2012年ITバズワード大予測! 2/5] Webサービス編(ロケスタ古川氏、日本Androidの会安生氏、ジークラウド渡部氏)

公開

 

ロケスタ代表・古川健介氏の予測

古川氏
古川健介氏
@kensuu


Kensuke’s VISION

「鍵は、リアルタイム時代に適合したサービスが生まれるかどうか」

今年は、スマートフォンが爆発的に普及したことで、『EyeLand』や『ソーシャルランチ』、『Wondershake』などに代表される現在地や人間関係から人とつながれるサービスが出てきました。この、”ネットからリアルにつながる”という新しいトレンドは、Facebookなどの従来のSNSとは違った形のSNSとして流行していく気がします。しばらくこの流行が続くのではないでしょうか。

今、撮った写真をプリクラっぽく加工して共有できる『DECOPIC』というアプリが、1カ月で100万ダウンロードを達成するなど注目を集めています。台湾や香港などの東アジア地域で急速にダウンロード数が増えており、利用者の80%が海外のようです。
ほかにも、ファッションアイテムを組み合わせてコーディネートを提案できる『iQON』も、アジア圏で大人気。日本独自の文化は海外に向けての大きな強みなので、アジア進出は今後も増えていくでしょう。

2012年9月には、スマートフォンの浸透率が過半数を超えると予測されるように、来年の注目は「スマートフォンユーザーが多数いるからこそできるサービス」が流行ると思います。そして、ユーザーがいるからこそ課金モデルが成立するので、【スマホ×課金】の流れは多くなっていくと予想しています。
ソーシャルゲーム業界ではすでにアプリ内の課金が順調ですが、ゲーム以外の業界でも、アプリ内でのコンテンツ課金などが多くなっていくでしょう。

来年あたりから、日本でも動画市場の新しい流れがやってくるように感じます。それが、有料Howto動画です。海外ではすでにその兆候があり、Office系ソフトや、Webの専門技術を動画で学ぶ『lynda.com』は、課金ユーザーだけで100万人に上るほど。
ほかにも料理やメイクなど、動画で学ぶ方が分かりやすいものもニーズが高そうです。実用や学習の分野での有料Howto動画が増えていくでしょう。

<<indexに戻る

日本Androidの会運営委員長・安生真氏の予測

安生真氏
安生 真氏
@makoto_anjo


Makoto’s VISION

「ITの変革が影響を及ぼす分野は、わたしたちの予想をはるかに超える」

ソーシャルゲームはいわゆる家庭用ゲームなどの、「長期間作り続けて、作り終わったら終了」という開発体制ではなく、ユーザーの動向などに応じて臨機応変に変化させていく、サービス的な作り方が望まれます。その点から、Webサービス業務からソーシャルゲームへの参入や、ノウハウの共有が進みました。
また逆に、Webサービスへゲーム要素を追加していくなど、ゲーミフィケーションへの意識も高まりました。さらに、インフラやWeb技術者がソーシャルゲーム関連企業へ転職するケースも非常に増えました。

個人情報の漏洩や議論は以前よりありますが、携帯端末やSNSはより属人的な情報が多く、その取り扱いについての議論が活発になりました。
現在地情報やゲームプレイ履歴、アプリ利用履歴などの漏洩や収集が明るみになったことにより、セキュリティホールそのものはもちろん、サービス運営側が何を目的にどこまで情報を集めて良いのか、ということを再考させられる事が多くありました。

電子書籍は、利用者のニーズに実情が対応し切れていない状況ではないでしょうか。出版社や書店も変化を迫られている一方、簡単には業界構造を変え難いようです。
ただ、物質とデータという意味では、使用目的が同じでも使用方法が違い過ぎるので、テープからCDへのリプレースのようなことにはなりません。拡大はし続けるでしょうが、変化はいっぺんには来なさそうです。

ゲームももちろんですが、Google MapsがWebGL対応するなど、非ゲームWebサービスであっても3D対応が注目されています。表現力の向上とブラウザの対応が進んだことにより、3D表現の相性の良いサービスはコスト次第では移行(あるいは両対応)が進みそうです。
WebGLはブラウザが標準的に対応しているものが多い一方で、3Dプログラミングの基礎ができていないとやや難しいです。一方でUnityは、ツールが強力で、またマルチプラットフォーム対応なのでスマートフォンアプリなどにもビルド可能ですが、今のところWebGL対応というアナウンスはないため、ブラウザの場合はUnity Web Playerをインストールする必要があります。

<<indexに戻る

ジークラウドCEO・渡部薫氏の予測

渡部 薫氏
@sorahikaru


Kaoru’s VISION

「Webの舞台の主役がスマートフォンだということを、改めて認識する」

今年のトレンドとしては、ガラケーからスマートフォンへ、PCからタブレットへ移行するなど、デバイスの世代交代が進みました。それに伴い、Webで体験できることもよりリッチになってきました。この流れを汲んで、Flashがモバイル端末での開発を終了し、新たにHTML5が登場するなど、技術的にも大きな変化が起きました。
結果として、今までFlashでの開発が主流だったWebサイトも、来年以降はよりリッチなインターネット体験を提供できるHTML5での開発が主流になるでしょう。Flashエンジニアは、いよいよ技術転換の必要性に迫られるのでは?

今年に入り、Web業界を中心にスタートアップベンチャーが数多く登場しました。クラウド技術、ベンチャーキャピタル、コワーキングスペースといった起業しやすい環境が整い始めたことや、ソーシャルサービスが盛り上がったことが大きな要因です。
このスタートアップブームは、おそらく来年以降も続くと思います。しかし、今からソーシャルアプリを作っても、勝算はほとんどありません。来年狙い目なのは、飲食業でも農業でも何でも構いません。問題は、従来型のビジネスモデルにどれだけWeb技術を入れていけるかでしょう。

来年は、確実にFacebookを中心としたWebサービスが主流になります。わたしはそれを、「FacebookWeb」と呼んでいます。従来のWebとの違いは、グーグルの検索が機械的な抽出法だったのに対し、Facebookは自分の知り合いという信頼性の高い発信源から情報を得られるという点。
ユーザーは、自分の知り合いを経由してFacebookのタイムライン上で情報やサービスを知れるため、信頼度と質の高い情報を得やすくなるのです。2012年、Facebookはさらに信頼度の高いプラットフォームとなり、一大情報メディアへと進化していくでしょう。

わたしが予測する2012年の一番大きなインパクトとしては、あらゆるリアル社会がWebに紐づけられるのではないかということ。例えば、リアル社会で「欲しいな」と思ったものを、自宅に帰ってAmazonで購入するといったことが、あらゆる分野で一般的になっていくと考えられます。
中でもわたしが注目しているのは、教育業界。教育は、来年Web化が進みます。従来型の1対Nの平均点教育ではなく、個々の能力に合わせた教育方法にカスタマイズされていくでしょう。スタートアップベンチャーも、教育業界での起業は狙い目かもしれませんね。

<<indexに戻る

<< 2012年ITバズワード大予測!(1/5)-9人の識者が語る「今年のオレ的ニュース」と技術・サービス展望

>> 2012年ITバズワード大予測!(3/5)-エンタープライズ編(ござ先輩、豆蔵CTO・羽生田氏、ソニックガーデン代表・倉貫氏)

>> 2012年ITバズワード大予測!(4/5)-インフラ編(ブレインパッド草野氏、びぎねっと宮原氏、ゼロスタート山崎氏)

>> 2012年ITバズワード大予測!(5/5)-IT識者たちが実践する、2012年のITビッグウェーブを乗り切る情報収集の極意とは