エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

システムの中でどう生きるか? 4つの働き方の違い【ちきりんの”社会派”で行こう】

公開

 

はてなダイアリーの片隅でさまざまな話題をちょっと違った視点から扱う匿名ブロガー”ちきりん”さん。政治や経済から、社会、芸能まで鋭い分析眼で読み解く”ちきりんワールド”をご堪能ください(※本記事は、『Chikirinの日記』に掲載されたエントリーを再構成したコラムです)。

■ 記事提供:『ビジネスメディア誠
プロフィール

おちゃらけ社会派ブロガー
ちきりんさん @InsideCHIKIRIN

兵庫県出身。バブル最盛期に証券会社で働く。米国の大学院への留学を経て外資系企業に勤務。2010年秋に退職し”働かない人生”を謳歌中。崩壊前のソビエト連邦など、これまでに約50カ国を旅している。2005年春から”おちゃらけ社会派”と称してブログを開始。著書に『自分のアタマで考えよう』『ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法』がある。ブログは『Chikirinの日記』 

 
階級といえば”資本家vs労働者”とか、”経営者vs使用人”という構造がよく言われますが、最近、働く人の中に4つのグループがあると感じています。
 
下図では、淡い水色から濃い水色まで4種類の働く人を示しています。
  
 

一番上の(1)の人は”システムを作る人”です。ビジネスシステムを作る人のほか、福祉・行政制度など国のシステムを作る人もいます。

ここでいうシステムとはITのことではなく、「物事の仕組み」ということです。「こういうビジネスをやろう!」とか「こういう制度を作ろう」と構想を考える人です。こういう人たちの数はごくごく限られています。
 
次に少し濃い水色の(2)の人たちが右側にいます。(1)の人はビジネスの構想が固まった後、(2)の人に、構想実現に必要な各機能分野について「具体的な仕組みを作ってくれるよう」依頼(発注)します。
 
代表的なものはITシステムですが、それ以外でも、物流システム、マーケティングや広告の仕組み、コールセンターや店舗などが必要となります。
 
(1)の人がこれらすべてを作るわけにはいきませんし、そんなスキルもありませんから、必要に応じて専門家である(2)の会社にそれぞれを委託します。
 
(2)の人はそれぞれの分野のプロですから、(1)の人が必要とするものを具体的なスペックに落とし、どの程度の予算でそれが実現できるか見積もり、(1)の人と話し合いながら詳細設計を提案します。
 
詳細スペックが決まれば、(2)の人が属する会社は実際にその仕組みを作り始めます。ここでは、(2)の人に指示をされながら(3)の人が具体的な作業をします。プログラムを書いたり、店舗を改装したり、広告に必要な写真を撮ったり、コールセンターに必要な人員を募集して採用したりします。人数としては(1)よりも(2)の人が多く、(2)よりも(3)の人が相当多く存在します。
 
(3)の人の作業が終了すると、(2)(3)の会社は(1)の人にできあがった仕組みを納入・納品します。(1)の人は自分の構想実現に必要な各機能の仕組みを手に入れ、いよいよ全体としてのビジネスや制度が動き始めます。
 
そして仕組みが回り始めた後、それらのプロセスを実際に担うのが(4)の人です。コールセンターで電話応対したり、倉庫で必要な商品をピックしたり、工場で組み立てたり、箱詰めしたり発送伝票を貼ったりする人たちです。(4)の人たちはほぼ100%が非正規社員で、時給で働いています。(4)の人たちはものすごくたくさんいます。
 

4つの労働者階級の特徴は

その他の特徴をまとめておきましょう。(1)(2)(3)(4)の職業には、次のような特徴があります。
 
①上にいくほど給与が高い。
 
②上にいくほど仕事は非定型である。すなわち、上にいくほど”ゼロから考える仕事”であり、下にいくほど”余計なことは考えるな。それを考えるのはお前の仕事ではない”と言われます。
 
③上にいくほど仕事を面白いと思っている人が増えるでしょう。
 
④上にいくほど人数は少なく、世の中の大半の人は(3)か(4)として働いています。
 
⑤(3)と(4)には、時給で働く人が多いです。(3)の人の中には正社員の人もいますが、サービス残業などが多く、実質的な時給は(4)と変わらなかったりします。
 
⑥(3)の人は将来(2)になれる可能性がありますが、(4)の人は一生(4)のままです。
 
⑦(2)の人はたいてい正社員です。中には会社を辞めて”エキスパート”として独立する人もいます。ごくたまに(1)になる人もいますが、多くはありません。
 
⑧(1)の人には、大企業の社員や大組織の構成員(公務員など)と、自分で事業を始める起業家の2種類の人がいます。(1)には”超保守エリート”と”リスクテイカー”が混在しているのです。
 
⑨優等生たる”保守派エリート”の大半は大企業に入社し、(3)からスタートして、運が良ければキャリアの最後を(2)で終えます。

(次ページに続く)