エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[連載:ギークな女子会] acotie編① -最近の女性プログラマーは、開発画面を”デコる”のがひそかな嗜み!?

公開

 
フリーランスで活躍するPerl使いのacotieさんが、同世代の女性エンジニアたちとシゴトやオフについて語りつくすグータンヌーボ風座談会。今回集まってくれたのは、皆”職人肌”な女性PGたち。彼女たちの意外なこだわりって? 

acotie お2方ともプログラマーとして活躍されていますが、どんなきっかけでこの世界に?

佐々木 大学時代、週1回「C++とかJavaを動かしてみよう」みたいな、簡単なプログラミングの授業を受けていたんですよ。それがけっこう楽しくて、本格的にやってみたいと。それでドワンゴに入社しました。

acotie それじゃあ、本格的にプログラミングを始めたのは入社してから?

佐々木 そうです。入社して3年目なんですけど、今はJavaで社内向けのWebアプリやバッチ処理なんかも書いています。個人的な取り組みだと、最近、関数型言語のHaskellを勉強し始めました。

acotie おお、それはスゴイ! 関数型って難しいですよね。韓さんはいかがですか?

 わたしは小学生の時に「プログラミングに興味がある」と先生に言ったら、「やってみたら?」と言われたのがきっかけ。当時はBasicでしたね。

acotie どうしてまたプログラミングに興味が?

 どこに行っても使えるものを勉強したいと思っていたんです。コンピュータは世界中にあるし、これを勉強しておけばどこでも仕事ができると思って。それで、大学ではコンピュータ・サイエンスを勉強することにしました。

acotie 日本に来られたきっかけは?

 アメリカに留学中、仲の良かった日本人の多くが「卒業したら日本で就職する」と言うので、それじゃあわたしも行ってみようかなと。最初はインターンとして来たんですよ。

acotie それでガイアックスさんに入られたんですね。

 そうですね。2005年にこちらで就職してから、主にPerlで開発してます。

acotie SNSとか掲示板の書き込みを監視する『コミュニティパトロール』っていう主力製品を作ってるんですよね。まさに花形エンジニア(笑)。

 いやいや、そんなことないナイ(笑)。

「会社でやりたいことがあるなら、まず作っちゃえば?」

「どういう開発体制かって、会社ごとに違いますよね。ガイアックスはスモールチームが多いかな」(韓さん)

「どういう開発体制かって、会社ごとに違いますよね。ガイアックスはスモールチームが多いかな」(韓さん)

 わたしはあんまり大人数で開発したことがないんですよ。大きいチームで開発するのってどうですか?

佐々木 メンバーが多いプロジェクトは楽しいですよ。ペアプロもローテーションできますからね。

 それは楽しそう! ウチは立ち上げの時は一人のことも多いので、うらやましい。

佐々木 ずっと一人で開発を?

 いえ、進ちょくにしたがってだんだんメンバーは増えますけど。今は保守フェーズなので3人から5人ぐらいの体制ですね。いつも小さいチームで動いているので、どんな感じなのか興味がありました。

佐々木 ミーティングとか、いつも部屋がギュウギュウですよ。

一同 笑

acotie ドワンゴさんでは、どんな人員体制で動くことが多いんですか?

佐々木 プロジェクトによって幅がありますね。最低1人から30人ぐらいまででしょうか。

acotie 30人! ペアプロも日常的にやられているんですか?

佐々木 わたしのいたチームでは、リーダーがアジャイル開発に力を入れていたので、ペアプロで開発したり、テストコードをちゃんと書こうとか、タスク管理を徹底するとか、かなりしっかりやっていましたね。

acotie 以前お話を伺ったとき、スゴくうらやましい環境だと思ったんですよ。Javaで有名な嘉織さん(庄司嘉織氏)や、山城さん(山城 裕氏)、矢野さん(矢野勉氏)などがいらっしゃるチームで経験されたと聞いたので。コードの書き方も、このお3方に教えていただいたんですよね。

佐々木 はい、もう完全に弟子です。

 開発言語は何が多いんですか?

3人ともに、話が開発言語のことになると、お互いの考えや好みについて一気に語り出す

3人ともに、話が開発言語のことになると、お互いの考えや好みを一気に語り出す

佐々木 最近はスマートフォンアプリの開発とかも増えているので、Objective-Cなどもありますが、PHPやC/C++、Javaが多いかな。韓さんのところは?

 昔はPerlが多かったんですけど、最近はPHPが半分ぐらいでしょうか。

佐々木 LL言語を2種類って珍しい! だいたい一つに固まりそうですけど。

 しかもうちの場合、Rubyを使っている人もいるので、けっこう珍しいかもしれませんね。

佐々木 何事も自由なのはいいですよ。

 実績がないものをいきなり本番で使うわけにはいかないですけど、チャレンジしてみなければ分からないこともあるじゃないですか。ですから「まずはやってみよう」と言われることが多いんです。

acotie 佐々木さんのところも、開発はけっこう自由なんですか?

佐々木 開発環境は確かに自由ですけど、言語の選択までは自由にはいきませんね。

 先に作っちゃってから事後報告するって言うのはどう?

佐々木 そうだ、先に作っちゃえばいいのか!(笑)

acotie 韓さんのところでは、そういうの当たり前なんですか?

 現実に使うかどうかは別として、だいたい「興味があるのでやってもいいですか?」と聞くと、「いいよ」って。事前にサンプルを作って話せば、だいたいOKが出ます。

acotie 理解のある上司だ。

 でも、最初はなかなかスピードが上がらないので、みんなに迷惑をかけてしまうことも多いんですけどね(笑)。

「画面がカワイくないと、イライラした時に見たくなくなる」

「PCに向かい続ける仕事だし、何かしら自分なりの工夫をしないと長続きしないですよね?」(acotieさん)

「PCに向かい続ける仕事だし、何かしら自分なりの工夫をしないと長続きしないですよね」(acotieさん)

acotie 仕事の中に小さな楽しみを見つけるのって、エンジニアごとにいろいろあると思うんですけど、日常的にやられていることって何かありますか?

佐々木 わたしはターミナルウィンドウの背景を黒にして、文字をピンク色にしてます。

acotie あー、そこ、イヂりたくなるの分かります(笑)。

佐々木 ペアプロの相手からは「読みづらいからやめてくれ!」ってよく言われますけどね。最初は白地にピンクの文字だったんで、その時よりは見やすくなってるはず。

一同 笑

acotie 韓さんはどうです?

 わたしは背景をブルーにして、ブラウザのフォントはなるべくカワイイものに変えたりしてます。acotieさんは?

acotie やっぱり韓さんも! わたしはパステルカラーでまとめてるんですよ。ピンクも、やたらかわいいピンクを使ったり。

佐々木 それ、一度拝見したいですね! キー配列とかブラウザのテーマなんかもそうなんですけど、毎日長時間使うツールだからこそ、自分なりのこだわりは出ますよね。

 カワイくないと、イライラしたとき見たくなくなりますもん。

一同 笑

(acotie編②に続く)

1  |  2 

[連載:ギークな女子会] acotie編② -コーディングを楽しむには、「宮大工っぽいこだわり」ってすごく大切