エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[コラム] アップルストアが無料のカルチャースクールになるってホント?

公開

 
applestore_ginza2.jpg

From Yoshikazu Takada

今日もクールなたたずまいのApple Store, Ginza

技術に秀でたプログラマになればなるほど、意外な共通点がある。それは、「自作のHPが何だかイケてない」ということだ。

彼らの作るHPが、自らWin95的な雰囲気を醸しだすことで、見るものをノスタルジックな気分にさせようしているのであれば、その目論見はあながち外れてはいない。

が、やはりそれを見る側としては、もう少し時代に即したデザインにしてほしいというのが本音だ。

そこで、プログラマの方々に参考にしてもらうべく、HP制作のワークショップに参加してみることにした。

とはいっても、高い料金を払ってまで、HPのデザイン講習を受けようという奇特な人がいるとは思えない。そこで無料の講座をいろいろと探してみたところ、見事ヒットしたのが、アップルストアが提供する『iWeb ワークショップ』だった。

そうと決まれば、さっそく予約だ!

アップルストアには、金持ちそうな中年男性が多い

スクリーンショット(2011-04-21 20.36.25).png

予約完了すると届くのが、上のようなメール。でも、なぜ時間だけ二度書いているんだろう。大事なことだから?

予約前にまず行うのが、最寄りのアップルストアの検索。首都圏に住んでいれば、銀座か渋谷のアップルストアが選択肢になる。銀座の方が店舗が大きいため、行われているストアイベントの種類/数が多い。

各店舗の情報ページからイベントカレンダーをチェックし、お目当てのワークショップの開催日時を確認。予約ボタンを押し、名前と連絡先を記入すれば予約完了だ。

アップルストア銀座店は、東京メトロ銀座駅のA13出口を出た目の前にある。リンゴのマークがどーんと、クールぶったたたずまいで壁に納まっている、銀色の建物がそれ。

294560153_21b5b63c52_b.jpg

From bnhsu

アップルストアのエレベーターは[閉める]ボタンがない。勝手に開閉するので、慌てないように

ビルに入ると、平日の昼間にもかかわらず、結構な人だかり。客層は大きく2種類に分かれると見た。

【客層1-金持ってそうな30代後半くらいの男性】
車(外車)に乗るときは、必ずサングラスをかけそうなイメージ。たいてい首に何かを巻いている

【客層2-20代前半の若いカップル】
彼女の方が、「わたしもiPhoneに替えようかなー」とか言ってそうな感じ

そんな人々の間を、教習所で習ったスラロームよろしく華麗にすり抜け、エレベーターにライドオン。3階まで上がれば、そこがイベント会場だ。

簡単すぎて拍子抜け。ゆえにプログラマ向けではないかも…

薄暗く、人の数はまばらなイベント会場。少し早く到着したため、一つ前のワークショップ(『Garageband』という音楽編集ソフトの使い方講座)を聞きながら、しばし待つ。

IMG_1260.JPG


スタートの2時になって、講師役のスタッフの人が登場。すごく早口だ、この人。でも何とか着いていき、スクリーンの動きに従う。

スクリーンショット(2011-04-15 14.14.00).png
『iWeb』アプリを開くと、いろんなテンプレートが出てくるので、好みのものを選択。テンプレートの数を数えてみたら28種類あった。28といえば完全数だ。まさかこんなところにもジョブズの美学が…?

スクリーンショット(2011-04-15 14.22.52).png

選んだテンプレートとテーマが表示されるので、後はテキストボックスや写真、色を、好みに合わせて編集していけば良い。『Microsoft Office』のPower Pointに近い感覚で、サクサク作っていける。

スクリーンショット(2011-04-15 14.31.51).png

動画や地図をページに組み込みたければ、右にある[ウィジェット]から[YouTube]や[Google Maps]を選択して貼り付ける。その場で写真を撮って、貼り付けることも可能。

スクリーンショット(2011-04-15 14.44.04).png

ページ上に形づくった好きな図形を選択してリンクを張れば、一瞬にしてボタンの完成。正直、拍子抜けするほど簡単だった。これほどまでに簡単だと、「ゼロから構築した達成感」を好物とする、プログラマやエンジニアにとっては味気ないかもしれない。

利用しなきゃ損! Winユーザーにもおいしい無料イベントが目白押し

スクリーンショット(2011-04-21 16.24.44).png

「イケてるHPを作る」という目的で参加した、今回のアップルストアイベント。たった1時間の枠の中で、HPの作り出し~アップロードまで、基本的なことはほぼコンプリートした。

でも、さすがにその時間内で納得がいく形にまでHPを仕上げるのは無理だったので、ワークショップで習った作り方を反芻しつつ、後日改めて作り直した。それが上のスクリーンショットにあるHPだ。

フォーマットを下敷きに部分部分にカスタマイズを施し、TOP/写真・メッセージ/ニュースページを構築。そこそこ見れる状態にまで仕上げることができた。ちなみにこの写真に貼られているリンク先に飛べば、プラウザ上でHPを見ることができる。

ところで、ワークショップを体験して重大なことに気が付いた。なんとこのワークショップ、Macに標準装備の『iWeb』アプリを使うことが前提のため、WindowsPCしか持っていない人が聴講しても、何の役にも立たないのだ。

ただ、すでにMacを持っている人/これから購入しようと考えている人にとっては、ともすれば一度も開くことなくカビを生やしてしまいがちな、デフォルトアプリの使い道を知る良い機会になるだろう。

また、『iWeb』のようなMac専用アプリ以外にも、『Photoshop』や『Illustrator』といったAdobe系ソフトの使い方講座や、特定の企業、ジャーナリスト、大学などと連携した無料のワークショップ/講演会なども定期的に開催されている。中には、子どもや家族を対象にしたイベントもあるので、近くにアップルストアがあるのなら、これを利用しない手はない。

お金を払ってでも「何か習い事をしたい」と考えているのであれば、アップルストアを勝手に無料のカルチャースクールと位置付け、定期的に通ってみるのもアリかもしれない。

取材・文/桜井 祐(編集部)

■アップルストア銀座HP

スクリーンショット(2011-04-21 11.38.04).png

最寄り駅の東京メトロ銀座線銀座駅より徒歩3分

営業時間は月~日:10時~21時


■関連の外部リンク