エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[津田大介責任編集②] 「震災後のICT」みんなのつぶやきで見えた、進化への3大課題

公開

 
プロフィール
tusda_prof.jpg

IT・メディアジャーナリスト
津田大介氏(@tsuda

「東京生まれインターネット育ち」を自称するジャーナリスト。大学在学中からITやネットに関する文章を多くの媒体で執筆。2006年から文部科学省の文化審議会著作権分科会の専門委員。2007年に「インターネット先進ユーザーの会」を設立。Twitter活用の先駆者として知られ、『Twitter社会論』(洋泉社/税込み777円)など著書多数

3.11の震災後、ネットやソーシャルメディアが人命にかかわる分野で必要とされ始めた今、それらを開発するエンジニアには、世間の「あったらいいな」のニーズとスマートな技術とをつなぎ合わせるコミュニケーター的な役割が求められる――。

ジャーナリストの津田大介氏が責任編集企画・第一弾記事で行ったこの提言を深掘りすべく、編集部ではTwitter上で「今後の進化が期待されるICTサービス」について読者からの意見を募った。

その結果が、下のTogetterだ。津田氏が前回の記事で紹介した「今回の震災後に生まれた注目サービス」のほかにも、たくさんのサービス・プロジェクトの名前が挙がってきた。

 スクロールして見れない場合はこちらからご覧ください

グーグルの及川卓也氏(@takoratta)らを発起人に、楽天の吉岡弘隆氏@hyoshiok)といったICT業界の有名エンジニアが多数協賛する『Hack For Japan』や、早稲田大学院の講師・西條剛央氏(@saijotakeo)の呼びかけでアマゾンの『ほしい物リスト』などを使った双方向の被災地支援を展開する『ふんばろう東日本プロジェクト』など、プロジェクトベースで動いている活動に期待をかける声もあれば、個別に展開されるICTサービス同士の連携を望む声もあった。

寄せられた声の傾向を読み解くと、

★映像メディアとネットの融合など、異なるラインで展開される

  ICTサービス同士をうまくつなげる「ハブ機能」の開発が必要

 

★メインとなる通信インフラが断絶された際のセカンドチョイスを

  どう確保するか?が喫緊の課題

 

★今後は情報の「入口」と「出口」を仕組み化し、かつ両方に携わる人たちが

  使いやすいユーザーインターフェースを設計していくことがより重要に

という3点が、「進化」に向けたポイントとして浮かび上がってくる。津田氏の言う「コミュニケーター的役割を果たせるエンジニア」には、こういった視点で現状のサービスを改善していく工夫が求められるだろう。

編集部では、引き続き「震災後のICTの進化」についての意見を募集しつつ、津田氏の協力のもと寄せられたつぶやきの中から”ちょっと先を行く”ICTサービスを展開している企業・団体をピックアップ。その開発エンジニアたちに、「技術とユーザーニーズをうまくつなぎ合わせるコツ」を取材していく予定だ。

取材・文/伊藤健吾(編集部)  撮影/小林 正

 ≪津田大介責任編集・ほかの記事はこちら≫

[津田大介責任編集①] 3.11後に見えたネットの未来。そして「進化」への提言

【告知】 津田大介責任編集では、引き続き皆さんの”つぶやき”募集中!!
twitter意見募集ちっちゃめ.jpg

震災後のあるべきICTと、そこで求められるエンジニア像をもっと深掘りするため、

この企画では「震災を機に必要性が高まったICTサービス」の開発者に取材していきます。

そこで、皆さんが「あのサービスの開発担当者に話を聞いてみたい!!」と

思うものをTwitterで募ります!

皆さんのつぶやきの中から、津田氏と『エンジニアtype』編集部が

興味深いものをピックアップし、取材先を決定します。

■募集する「つぶやき」のテーマ

震災を機に生まれたICT・ネットサービスの中で、

(アプリ含む)

今後の進化を期待するものは何? なぜそう思う?

■お願い

上記テーマであなたの考えをつぶやく際は、必ずハッシュタグ

#post311ict

をつけてつぶやいてください!

※もしくは、『エンジニアtype』編集部Twitterへのリプライでも可

よろしくお願いします。