エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[コラム] 夏バテ対策も22時以降の食事もこれでOK!忙しく働くIT女子の「楽ゴハン」

公開

 

ITエンジニア女子にとって、大きな悩みの一つが「今夜の晩ごはんを何にするか」

開発プロジェクトが終盤に差し掛かると、22時以降に帰宅することが多くなり、終電になってしまうことも少なくない。そうなってくると、晩ごはんを抜きがちになったり、十分な栄養を採れなくなったりしてしまうことも。

料理家・神崎圭子氏

料理家・神崎圭子さん:2005年から札幌に移り住み、中根知子氏に師事。自宅にて「おもてなし料理教室」「家庭料理教室」サロンを開く。2010年4月より、サロンを東京に移す。

では、彼女たちはどんなごはんのレシピを知りたいのか? 何人かの女性エンジニアにヒヤリングしたところ、最も多かったのが
■夏バテ対策ごはん
■夜遅くでも安心。胃にもたれないごはん
■彼氏を満足させられるボリュームごはん

のレシピだった。

そこで、ゆたかな食ライフをプロが提案するサイト『フードソムリエ』の料理家でもある神崎圭子さんに、10~15分でさくっと作れて栄養も取れる『楽ゴハン』レシピの作成を依頼。そのレシピを、現在エンジニアとして働くYさんに協力してもらい実際に作ってもらった。

どれも、難しい技術は一切なく超簡単なので、今からお見せする調理方法を見て、ぜひ一度試してもらいたい。

夏バテ気味のアナタには ⇒ 『オクラと長いもの梅たれ』

用意する食材は、

オクラ...2本
長いも...15グラム
塩...小さじ1/4

<梅たれ>
梅干...1/2個
お酢・酒...各小さじ1/2
サラダ油...小さじ1/2


①オクラはがくの周りをむき、塩を付けてまな板で板ずりした後、熱湯で1分程ゆでる。その後、斜め半分に切る。長芋は1センチ角に切る。


②梅干の果肉を包丁でたたく。


……日ごろのストレスなのか、梅干しをたたくことに快感を覚えた様子のYさん。


③たたき終わった梅干しをボウルに入れてたれの材料を混ぜる。


④器にオクラと長いもを盛り付け、その上に梅たれをかける。


出来上がり。(所要時間10分以内)
★この料理のポイント★
夏野菜のオクラや長いもを使うことで、夏バテ気味の方でもしっかり食べられるのがポイント。コレステロールを減らすペクチンや、塩分を流してくれる作用のあるカリウム、体の免疫力を高めるムチンなど、体に良い成分がたっぷりです!

これで、夏バテともおさらばです♪

22時以降もしっかり食事したい人には ⇒ 『じゃがいも入りオムレツ』

用意する食材は、

じゃがいも...1/2個(100グラム)
玉ねぎ...1/4個
オリーブ油...大さじ1
卵...1個

塩・こしょう...少々


①まずはじゃがいもの皮をむく。


②皮をむいたじゃがいもを、2~3ミリの厚さの短冊切りにする。


③600w電子レンジで1分加熱。その間に、玉ねぎをみじん切りに。


④フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、玉ねぎを半透明になるまで痛め、次に電子レンジで加熱したジャガイモを中火で炒める。


……22時以降に一人黙々と料理をするYさんの姿を見ると、どこか寂しさを覚えてしまう。

⑤卵をほぐして、塩・こしょうをし、④を加えて混ぜる。


⑥フライパンにオリーブ油1/2を温め、⑤を流しいれる。


⑦大きく混ぜた後、卵焼きを半分に折る。弱火にして中まで火を通す。


出来上がり。(所要時間10分)


★この料理のポイント★
サラダ油ではなく、オリーブ油を使用することがポイントです。オリーブ油は抗酸化作用があり、胃の消化吸収を助けると同時に肌の老化を防止する効果もあり!また、じゃがいもはでんぷんでできているため、胃がもたれにくいのも嬉しいところです。

これ一品で、ビタミンCとでんぷん、タンパク質とミネラル、そして玉ねぎに含まれる硫化アリル(ビタミンB1の吸収を促進し、食欲増進する)を採ることができます!

彼や夫のお腹も満たせる一品に ⇒ 『豚のピリ辛味噌炒め』

用意する食材は、

豚肉(しょうが焼き用)
   ...300グラム
長ねぎ...1本 ごま油...大さじ1/2

<味噌たれ>
味噌...大さじ1(入れすぎ注意)
酒...大さじ1・1/2
砂糖...小さじ1/2
しょうゆ...小さじ1/4

一味唐辛子...少々

①長ネギは斜め薄切りにする。豚肉は1/2の長さで切る。


……ちょいちょい様子見にやってくる夫のKさん。豚肉が大好きなよう。

「今日は何?豚?」「うるさいな~(笑)」といいながらも楽しそうな二人。

②ボウルに味噌たれの材料を入れ、よく混ぜ合わせておく。


③フライパンにごま油を熱し、中火で豚肉を炒め、色が変わったら長ネギをいれ更に炒める。


④調合した味噌たれを全体にからめる。


夫のKさん。一人でビールを飲みながらごはんを待っています。

出来上がり。(所要時間15分)


「いただきまーす」。豚のピリ辛味噌炒めは、彼や夫が喜ぶだけじゃなく、見た目以上にあっさりしているので女性にも優しい味です。

おっと、なんだかラブラブし始めたので、そろそろお開きにしましょう。
★この料理のポイント★
豚肉は火を通し過ぎないことがポイント。火を通しすぎるとすぐに固まってしまうため、うまみもおちてしまうので注意しましょう。

長ネギに入っている成分が、豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を促進するため、体内に取り込む力が増進します。また、オレイン酸やリノール酸、ビタミンEなど、美肌効果や細胞の老化を予防する成分をたっぷり摂取できます!


取材・文・撮影/小禄卓也(編集部) 協力/フードソムリエ(写真上)