エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

[コラム] カラダメンテナンスtips~多忙なSEほど見落とす「健康診断」5つの黄色信号

公開

 

エンジニアtype読者の皆さん、はじめまして。あるSIerで産業医をしているニシムラと申します。新年度が始まって約2カ月が経ちましたね。4月に異動・転職などをされた方は、新しい職場環境での仕事にも、比較的慣れてきたころだと思います。

ただ、6月は梅雨入りということもあって気分がなかなか乗らず、ストレスが溜まってしまうこともしばしば。「日ごろのストレスを飲食で発散だ!」なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、食べ過ぎ・飲み過ぎには十分に気をつけて下さい。

また、今年の春に受けた健康診断の結果も、そろそろ届いているのではないでしょうか。A~Eまでの判定で書かれていることは分かるけど、実際どの数値がどうなればどこが悪くなるのかを理解することは難しいですよね。

そこで、皆さんが毎年受けている健康診断の診断表の見方について、項目ごとに注目すべきポイントを一緒に見ていきましょう。

貧血の方は、エネルギー・タンパク質・鉄分に注目

ヘモグロビン.jpg

ついついA~E判定だけで判断してしまいがちですが、細かく見れば見るほど体質改善策は明確になっていきます。血液検査では、血色素量を要チェック!

【血液編】
血液検査から分かる代表的な症状は、貧血です。自分が貧血かどうかを判断するには、まずは診断表の血色素量(ヘモグロビン)を見てみましょう。

貧血の症状は、 「顔色が悪く、血色が良くない。」 「なんとなく、身体がだるくて疲れやすい。」 「少し運動しただけで、すぐ息切れする。」 など。これらは、血色素量が減少することで発症します。

貧血の症状にあわせて、血小板値が低下している場合は要注意です。最悪の場合、肝臓病や白血病などを発症している恐れがあるため、必ず再検査を受けるようにしましょう。

■改善方法■
貧血を引き起こす原因は、主に栄養失調・栄養不足です。貧血の心配がある方は、「適切なエネルギー・タンパク質、鉄分」が含まれた食事を摂取することを心掛けてください。

内臓正常化は、普段の食生活から

GOTとか・・・・.JPG

血液生化学検査にはたくさんの情報が詰まっています。大病を事前に予防するためにも、赤で囲んだ4つは特に注意しましょう

【肝臓編】
肝機能が正常に活動しているかどうかを判断する成分は、γ-GTPとGOT、GPTそしてLDHです。まず、γ-GTP量が多い方は、お酒の飲み過ぎ・油のとり過ぎが原因です。普段の食生活を見直しましょう。

問題は、GOT。こちらが基準値を超えている場合は危険です。なぜなら、肝機能障害は一度発生すると元には戻らず、その後肝硬変などの重い病気に進行していく可能性が高く、放っておくと肝臓がんになる恐れがあるため。LDHが高い方も、がんのサインかもしれないので、改めて検査をすることをオススメします。

■改善方法■
こちらも、食生活を見直すことで改善の余地は大いにあります。低脂肪、高タンパク(豆腐、納豆など)のものを積極的に摂取しましょう。食物繊維はコレステロールを吸着して排せつしてくれるため、野菜類もなるべく摂取するようにしてみてください。

【腎臓編】
腎臓機能で見ておくべきは、BUN、クレアチニン。これらの成分が基準値を超えてしまっている場合は、腎機能が低下している恐れがあります。腎機能が落ちていくと最終的に透析をしなければならなくなるので、手遅れになる前に早めに改善策を採りましょう。

■改善方法■
クレアチニンを下げるには、腎機能に負担をかけさせないことが大切です。そのため、[肥満に気をつける・塩分を取り過ぎない・血圧に気をつける・体を冷やさない]などを心掛けてください。

SW181.JPG

プロジェクトが終わりメンバーで乾杯!日ごろの疲れから解放されても、お酒を飲む量は節度を保って下さいね

【脂質編】
わたしが今まで診断したエンジニアの方に多く見られたのが、脂質の高さです。徹夜・残業の多い職業柄、不規則な生活になってしまい食も偏りがち。そんな生活サイクルが災いしているのでしょう。

中性脂肪は直前の食事に影響されるため、「前日に飲み過ぎた」という状況であれば、測り直してみると異常がない、なんてことも(もちろん、基準値をはるかに超えている方は気をつける必要があります)。

LDLコレステロールが高い方は、早々に生活改善を。「父親も高かったから」なんて甘く見ている方もいらっしゃるようですが、LDLコレステロールが体に及ぼす影響は、家族的に脂質が高い方でも同じです。逆に家族性の方は生活改善でもなかなか下がらないので薬の治療が必要になってくることも多いのです。

■改善方法■
30代・40代になると血管の伸縮性が失われていくため、脂質が高い方はさらに動脈硬化が進行して、血管性の病気、心筋梗塞や脳血管障害などに陥りやすい傾向があります。重症になる前に、まずは普段の食生活の改善から始めてみましょう。

高血圧はかぼちゃ、低血圧はプルーンがおススメ

【血圧編】
血圧に大きく影響を与えるストレス。仕事でストレスがたまり緊張感が高くなると血圧が上がり、それが慢性的に続くと本当の高血圧症になってしまいます。

SW142.JPG

野菜や果物は、言うまでもなく体に必要な栄養素をたっぷり含んでいます。日ごろからバランスの良い食事を

■改善方法■
高血圧を正常化させてくれる食べ物としては、かぼちゃや梅など。かぼちゃは、中に含まれる良質な脂肪が血圧を正常にし、梅は体内機能をスムーズにし血圧を安定させる作用を持ちます。

また、低血圧の方はプルーンを食べる習慣をつけてみて下さい。新陳代謝を活発にし、血液の循環を良くしてくれるでしょう。

体調不良の根本にあるストレスを解消させることが先決

これまで、各検査項目の中で、注意すべきポイントにスポットを当ててご紹介してきました。多くは生活習慣を改善することで解消される部分です。しかし、仕事の関係上、なかなか生活習慣を見直せないという方もたくさんいらっしゃいます。

実は、そんなモヤモヤがストレスとなり、暴飲暴食や不規則な生活を続ける火種となっているのです。生活習慣を直す前に、まずは自分がどうすればストレスフリーになれるのかを考える必要があるかもしれませんね。

メンタルヘルスに関する悩みは人によってさまざまですが、普段の生活や仕事の悩みなどを相談することで、ある程度の傾向や対策が見えてきます。もし、「どうすればこの状況を打開できるのかが分からない」とお悩みの方は、ぜひ一度、身近な産業医に相談してみてはいかがでしょうか。

監修/内科・心療内科産業医 (精神療法オフィス勤務)