エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

置くだけ充電器『REST』は、なぜ国産杉で作られたのか? Bsize八木啓太氏が語るモノづくり哲学

公開

 

現代社会に生きる人たちが、夜、寝る前にやることは何か。

読書、ストレッチ、メールやチャットなど、“就寝の儀式”は人それぞれに違うだろう。だが、ほとんどの現代人が等しく行っていることが一つある。携帯電話の充電だ。

そのため、ベッドサイドや枕元に、充電用ケーブルが無造作に放置されているというケースは少なくない。インテリアとしては決して美しいものではなく、タブレットも含め複数の端末を使っている人は絡み合うケーブルを邪魔に感じることもあるだろう。

そんな不満を解消する製品が、ベンチャー企業Bsizeが10月24日から発送を開始した『REST』である。

これは、スマートフォンやタブレット端末を「置くだけで充電」してくれる、次世代型の充電器。ワイヤレス充電規格の「Qi(チー)」に対応している端末なら、どれでも上に乗せるだけで充電ができるようになっている。人気のiPhoneシリーズはQiに対応していないが、別売りのケースに入れれば、こちらも置くだけで充電可能だ。

iPhoneシリーズも、Qi対応ケース(写真の黒縁部分)を取り付けることで“置くだけ充電”が可能に

『REST』対応製品一覧

端末を置くと、『REST』の外周がふわりと光る。何も接続せずに充電が開始されていく様子は、見ていて未来を感じさせる。

また、『REST』の筐体は国産の杉間伐材で作られており、そのフォルムはまるで、洗練された家具のようだ。どんなインテリアにもなじみやすいデザインのため、充電器の存在は部屋に溶け込んで消えてしまう。

「例えばスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末は日々スマート化しているのに、充電だけは全然スマートじゃない。そんな充電をもっとスマートにするために、RESTを開発しました」

そう話すのは、Bsize代表で、デザインと開発も兼務する八木啓太氏。2011年に起業してから「1人家電メーカー」として注目され、同社初の製品であるLEDデスクライト『STROKE』は幅広い年齢層から高い支持を受けている(編集部注:現在は社員数3名に)。

八木氏はなぜ、2つ目に手掛ける自社製品として「置くだけ充電器」を選んだのか。その理由を聞くと、Bsizeのユニークなモノづくり哲学が垣間見えた。

「家電を作ることが、社会貢献にもつながる」という新しいモデル

Bsize代表の八木啓太氏

「RESTの原型は、ワイヤレス充電の国際規格Qiが生まれたころから考えていました。今後、ワイヤレス充電の対応機器が増えてくれば、スマホやタブレットだけでなく、モバイルバッテリーやデジカメなどさまざまな家電製品を『置くだけ』で充電できるようになります。RESTは、そんな近未来の生活インフラとなるような製品を作ろうというコンセプトで開発を進めてきました」

このように、開発に踏み切った一番のきっかけは「規格の統一」だったと話す八木氏。何でも充電できる充電器が1台あれば、製品ごと、機種ごとに付属するACアダプタや充電器はすべていらなくなる。ここに生じていた膨大な社会的ロスを排除できる未来に懸けたいと、開発に踏み切ったという。

Qiは国際統一規格であり、現在ではGoogleやサムスンも採用していることもあって、グローバルに事業を展開できるという目算もあった。

とはいえ、昨今は家電のみならずさまざまなプロダクトが、「機能価値」だけでは売れなくなっている。

技術的な多機能さ、高性能さだけを売りにした家電製品が飽きられている中、八木氏は、機能性の高い充電器をどう作るかではなく、充電を意識しない生活をどう創るかと考えた。

「そもそも必要なければ、充電なんてしたくないし、充電器なんてほしくない。だから、充電するための作業も、充電器本体も、なくしてしまいたいと考えました。それが、置くだけで充電でき、インテリアに溶け込んで消える充電器というRESTのコンセプトに収束しました」

筐体の素材を木材にした理由はこのインテリア面での配慮にあったが、幾多ある木材の中から杉を採用したのは、また別の狙いがあった。『REST』の開発・製造で、森林問題の解決にも貢献したいという思いがあったからだ。

「日本の森林には杉が過剰にあり余っていて、スギ花粉や森林の荒廃といった社会問題を引き起こしています。『じゃあ家具やほかの木工製品に使えばいいじゃないか?』となるわけですが、杉は木材として柔らか過ぎる。家具や家電づくりには適さないもの、というのがこれまでの常識だったのです」

左端の木材がプレーンな杉間伐材。それを独自技術で加工して硬度を上げ、写真右側のような素材にする

この課題を技術的に解消できれば、社会問題の解消にもつながる――。まさにこの発想が、八木氏の重視するモノづくり哲学だ。

その真意を、座右の銘である「真善美」という言葉を使って説明する。

「真は学問、善は道徳、美は芸術を意味します。この理想を現代のモノづくりに置き換えるなら、テクノロジー、社会貢献、デザインではないかと。Bsizeという屋号は、『美=Bi』、『真=si』、『善=ze』の頭文字を付けたのですが、これは技術やデザインを追求し、社会に貢献するモノづくりをしていくというわたしたちの意思表示なのです」

『REST』の販売価格は1万9900円~(税込み)。ユーザーが充電器に支払う額としては決して安いとはいえない。しかし、【最新技術+デザイン+社会貢献】によって提供される価値は、価格以上の価値だと確信しているという。

必要なブレークスルーは「専門外の世界」にある

『REST』の筐体は約2mm。薄さと硬度を両立させるため、手元にあるプロトタイプをいくつも作った

ちなみに、八木氏はどうすれば杉間伐材を「家電」として耐え得るモノにできるのか、以前から加工法を知っていたわけではない。

「頭の中にRESTの完成イメージが浮かんだ」(八木氏)のは、日々行っている情報収集がきっかけだったという。それは岐阜県にある家具メーカー・飛騨産業と岐阜大学が共同で研究していた、杉の硬度を高める技術の論文だった。

「内容は、水と熱と圧力だけで杉を圧縮し、硬度を何倍にもするというものでした。この技術をネットで見つけた後、すぐに岐阜大学にコンタクトを取り、RESTのコンセプトを説明した上で加熱圧縮技術で協力してほしいと持ちかけました」

この技術によって、杉間伐材の柔らかさという弱点に加え、反りや疎密ムラといった課題も解決され、「家電」として安定した品質で量産することが可能になった。

「わたしが家電開発という自分の専門分野だけを追求していたら、加熱圧縮技術との出会いは起こらなかったかもしれません」

専門を極めようとすると、往々にして視野が狭くなってしまう。しかし、八木氏は、経営者、エンジニア、デザイナー、そして生活者として、幅広い視点で情報を新しい側面からとらえ直す。

「その繰り返しによって、時として『あの問題とこの技術を組み合わせると、すべてが解決できそうだ!』というひらめきが生まれるんです」

八木氏の肌感覚では、そうやって「突然ひらめいた」製品アイデアのうち、真善美を満たし、社会でビジネスとして成立しそうなものは100個に1個あるかないかだという。

逆に言えば、100個以上のアイデアを生み出すに足るインプットがなければ、『REST』のように本当に「真善美」を具現化するプロダクトは開発できないということだろう。

今は3Dプリンタを使えばプロトタイプづくりも個人でできるし、耐久テストなどを行う専用装置も比較的安価で購入できる。モノづくりがより手の届きやすい世界になったことで、Bsizeのような小さなベンチャーでも、近い将来「社会インフラ」となり得るプロダクトを作り出せる。

そのチャンスを活かすには、モノづくりにかかわるエンジニアも、自身の専門だけでなく、さまざまな世界に目を向けた方がいい。『REST』の開発秘話には、そんな教訓が隠されていた。

取材・文/伊藤健吾(編集部) 撮影/竹井俊晴