エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

Google、Microsoft、Facebookはなぜ今モバイルアプリをリリースしたのか etc.【連載:シリコンバレーの気になる話題まとめ】

公開

 
シリコンバレーの気になる話題まとめ [2014年11/2-11/8]
btrax CEO, Brandon Hill

btrax CEO
Brandon K. Hill

サンフランシスコと東京を拠点とするグローバルクリエイティブエージェンシーbtraxのCEO。アメリカと日本を含む200社以上のクライアントに対して、ブランディング、グローバル展開コンサルティング、UXデザインサービスを提供。自社メディアFreshtraxFashionsnap.comIn the Looopにもデザイン、テクノロジー、海外トレンドに関するコンテンツを提供中。サンフランシスコ在住

Google、Microsoft、Facebookが突然新規モバイルアプリをリリースした理由

元記事:Inbox, Paper, And Sway: Why Tech Giants Are Suddenly Reinventing Their Core Apps

先日Googleが発表した次世代メールアプリのInbox。その前にはFacebook社がPaperをリリースしている。また、10月1日にはMicrosoftがプレゼンテーションアプリであるSwayをリリースした。IT業界をけん引するこの3社が全て2014年に新規アプリをリリースしたのは、決して偶然ではないようだ。今までは、PCとモバイルの両方で利用できるソフトウエアとアプリ、もしくはスマホアプリはPC向けサービスのモバイルバージョンといった位置付けであったのが、今年に入り上記3社がまさにモバイルファーストのコンセプトを採用し、スマホ専用アプリをリリースしたのである。

資金難に苦しむF1チームが業界初のクラウドファンディング実施

元記事:A Broke F1 Team Is Using Crowdfunding to Keep Racing

IT業界やハードウエアスタートアップでは一般的になりつつあるクラウドファンディング。会社運営に必要な資金をユーザーから直接調達するこの仕組みだが、なんと最近、F1チームが利用を開始した。ファンからの資金調達を進めているのは、日本人ドライバー、小林可夢偉が所属するケータハム。シーズン後半になり、資金ショートに苦しむ同チームはスポンサーではなく、ファンからのクラウドファンディングを通しての資金調達を進めている。出資をしたファンには車体の各種パーツが届けられる。

失敗しないコワーキングスペース選び10のポイント

元記事:10 Questions To Ask Before Choosing A Coworking Space

現在サンフランシスコ市内には複数のコワーキングスペースが存在している。日本から来た人たちにも利用されることのあるスタートアップ向け共同ワークスペースであるが、どの物件を選ぶか、迷いがち。そんな場合は、以下の10個のポイントを確認するといい。【1】契約の前に訪問可能か、【2】現在の入居社は誰か、【3】お試し期間はあるか、【4】ネットワーキングの機会があるか、【5】オフィススペース以外の特典はあるか、【6】営業時間帯、【7】オフィスまでの通勤時間、【8】契約期間、【9】必要なスペースは確保できそうか、【10】設備・インフラの状況。

1985年から2000年に掛けてのスティーブ・ジョブズ秘蔵写真

元記事:Never-Before-Seen Photos Of Steve Jobs From 1985-2000

没後、早3年が経過するスティーブ・ジョブズであるが、この度彼がApple社を追放され、NeXT社の立ち上げを行った1985年から、Apple復帰後の2000年までの15年の間に撮られた写真が、アメリカのフォトジャーナリストによってリリースされた。『Fearless Genius』と呼ばれるフォトブックに掲載されている写真の一部をTechCrunchが紹介している。

マテリアルデザインを採用したアンドロイドアプリ10選

元記事:10 sweet apps already spruced up for Android’s Material Design

Google I/Oカンファレンスにて発表された、Android向けUIデザインテーマであるマテリアルデザイン。Googleからリリースされるアプリだけではなく、すでに複数のスタートアップが自社Androidアプリへの採用を開始。『WAVE Calendar』、『Battery Widget Reborn』、『Pushbullet』など、10個のアプリを例に、これからのAndroidアプリUIの進むべき姿を紹介している。

>>Brandon K. Hill氏の全記事はこちら