エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

同僚の外国人にコードレビューをお願いするには……【連載:コピペで使えるIT英語tips】

公開

 

ソフトウエアの開発工程中に紛れ込んだバグを洗い出すために行われる「コードレビュー」。

自分自身でコードレビューツールやプラグインなどを使って自己完結しているエンジニアも多いだろうが、やはり上司や同僚にレビューしてもらった方が、実装技術の向上や他人のコードを読むことでスキルアップにつながるなど利点も多い。

最近では、開発体制の国際化に伴い、外国人にコードレビューをお願いする機会が増えているエンジニアもいるはずだ。

そこで今回は、シンガポールで働く日本人エンジニアのDさんに、同僚の外国人にコードレビューを依頼するときの表現について紹介していただいた。

依頼する内容は日本語と同様、項目・終了希望日など

【冒頭】

Hi, ◎◎◎
(訳)◎◎◎様

冒頭の書き方については「海外企業に、メールで製品の問い合わせをするには【連載:コピペで使えるIT英語tips】」を参照しよう。

【本文】

Now that the source code has been completed, I would like you to review my code along the following point of view.

-Is the code easy to read?
-Isn’t there a simple mistake such as a mistake in grammar?
-Is it built to the specifications?
-Is the description appropriate for things like error handling?
-Is the name of the function and variable suitable?

(訳)
ソースコードがそろったので、下記の観点に沿ってコードレビューをお願いしたいと思います。

・コードは読み易いですか?
・文法ミスなどの単純ミスはありませんか?
・仕様通りに作り込まれていますか?
・エラー処理などの記述は適切ですか?
・関数や変数の名前は適切ですか?

コードレビューをお願いする際には、どういう観点でコードレビューをしてほしいかを伝えておくとベター。上記のような箇条書きで示すと伝わりやすい。

【結び】

I would appreciate it if you finish the code review by (日付).
Please let me know if you have advice or questions.

Best regards,
◎◎◎

(訳)(日付)までにコードレビューを終了してもらえるとうれしいです。アドバイスや疑問点があったら教えてください。
ご返信お待ちしております。◎◎◎より

納品やローンチのスケジュールから逆算して「いつまでにコードレビューを終えてほしい」と伝えておこう。

コードは「世界共通言語」

できれば、上記の文面に加え、自分のコードを自分の言葉で説明できればよりよいが、英語が苦手な人にとっては敷居が高いと感じるはずだ。

しかし、たとえ英語が不得手であっても、コードは「世界共通言語」。その共通言語の使い手同士なのだから、ちょっとした勇気さえあれば、自ずとコミュニケーションは取れるはず」とDさんは言う。

「コードを見ればその人の特徴やクセだけでなく性格も分かる」というエンジニアは少なくない。たとえ相手が外国人であっても、それはおそらく変わらないはずだ。

コードレビューを通して、バグの洗い出しとスキルアップに加え、プログラマー同士の相互理解が深められるなら、まさに一石二鳥。特に初めて一緒にプロジェクトを手掛ける外国人とは、できるだけ早い段階で、互いにコードレビューを行ってみることをお勧めしたい。

取材・文/大井 あゆみ(『シンガポール経済新聞』運営Diversolutions.Ptd.Ltd代表取締役)
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo