エンジニアtype - エンジニアのシゴト人生を考えるWebマガジン

HTML・CSSを初めて学ぶ時に合わせて知っておきたい、特殊記号の読み方集【連載:コピペで使えるIT英語tips】

公開

 

ネットサービスやアプリの普及に伴って、Web制作のスキルを身に付けようとしている人が増えている。そういう人が、参考書やネットのノウハウ記事を見始めて最初に面食らうのは、特殊記号や略語の数々だろう。

略語に関して言えば、筆者は「href」をずっと「ハーフ」と読んでいて、間違いに気付いた時に恥ずかしい思いをした経験がある。読者の中にも、同じような経験を持つ人がいるのではないだろうか。

そこで今回は、これからプログラミングやHTML、CSSを勉強しようとしている人向けに、よくプロパティで使われる主な特殊記号や略語の読み方について紹介する。一部には例文も付与しているのでぜひ参考にしてほしい。

プログラミングでよく使う主な特殊記号

<>
less than sign(左側)、greater than sign(右側)、もしくはleft/right angle bracket(s)

(例)
You can’t use the less than or greater than signs in your text because the browser will confuse them with tags.
(訳)
ブラウザがタグと混同してしまうので、<>の記号はテキスト内で使えません。

[ ]
(left/right)bracket(s)もしくは(left/right)square bracket(s)

(例)
What dothese square brackets in this CSS classes mean?
(訳)
このCSSのクラス内の[ ]はどういう意味ですか?

ほかの括弧は、下記のように読みます。

{ }
(left/right)brace(s)もしくは(left/right)curly bracket(s)

( )
(left/right)parenthesis(複数形はparentheses)(口語ではparenと言います)

その他の記号

:
colon

;
semicolon

#
hash, pound, number sign


single quote


double quote

~
tilde

^
caret, circumflex, hat

_
underscore
※日本では「アンダーバー」と呼ばれるが、これは和製英語なので注意しよう。


minus, hyphen
※dashということもあるが、厳密には異なる。

HTMLタグ・CSSプロパティ編

<a href>
かなりよく使う割には読み方が分からないという人が多いというのがコレ。aは「anchor」、hrefは「hyper reference」と読みます。hrefは「エイチレフ」と読むこともあります。

(例)
Please replacethe string value of [url=http://www.aaa.aa]aaa[/url] with <a href=” http://www.aaa.aa” >aaa</a>.
(訳)
[url=http://www.aaa.aa]aaa[/url]のString値を<a href=” http://www.aaa.aa” >aaa</a>に置き換えてください。

<div>
「分割」「区別」という意味の単語「division」の略。

(例)
I forgot to insert </div> tag in this line.
(訳)
この行に</div>タグを入れ忘れた。

<br>
「break」の略。段落分けに使う<p>は「paragraph」の略。

<h1><h2>…
「エイチワン」「エイチツー」でも通じるが、hは「heading」の略ということを覚えておこう。

下記からは読み方が分からないという人が多い主なタグ・プロパティを紹介します。

alt
「代役」という意味を持つ単語「alternate」の略。たまに「アルト」「アラート」と読む人もいるが、読み方は「オルト」が正解。

imgsrc
「image source」の略。読み方も「イメージ・ソース」と読むのが正解。

align
「アライン」と読む。「整列する」「一直線にする」という意味の単語。

width
「ウィズ」と読む。「with」と発音を区別するために「ワイズ」と読むこともある。

今回紹介したものはごく一部だが、これを機にぜひ正しい読み方を覚えておこう。

また、タグや略語の読み方そのものを覚えるだけでなく、実際にそれを英語で使える実践力を養うためには、やはりタグや略語が英語で使われている文章を読むことをおすすめしたい。

例えば、HTMLやCSSを開発した「W3C」公式サイトや、海外のHTML、CSSなどに関するFAQサイトなどを見ると、実際にタグや略語が英語でどう表現されているのかが使われているのかを知ることができる。

こういったサイトを活用して、基礎を学びながら英語の勉強も進めてみては?

取材・文/大井 あゆみ(『シンガポール経済新聞』運営Diversolutions.Ptd.Ltd代表取締役)
編集協力/岡 徳之(Noriyuki Oka Tokyo